78件中 51 - 60件表示
  • 大豊泰昭

    大豊泰昭から見た骨髄移植骨髄移植

    2009年3月、急性骨髄性白血病を患い入院。闘病生活の末に同年8月に退院したものの、2010年3月に再発。実妹からの骨髄移植を受け、同年9月上旬に退院した。大豊泰昭 フレッシュアイペディアより)

  • デザイナーベビー

    デザイナーベビーから見た骨髄移植骨髄移植

    骨髄移植のために、白血病の子供と白血球の型が一致する受精卵を選択する目的で着床前診断がおこなわれているが、受精卵の遺伝子が操作されることはなく、デザイナーベビーと直接的な関係は無い。デザイナーベビー フレッシュアイペディアより)

  • カール・セーガン

    カール・セーガンから見た骨髄移植骨髄移植

    1994年暮れ、何週にも渡り夫の腕に残っていた青痣を訝った妻アニーが病院での診療を勧め、渋々ながら検査を受け、骨髄異形成症候群の診断結果が出た。フレッド・ハッチンソン・癌センターにて治療、移植検査で実妹のキャリーの骨髄が適合し、シアトルにて治療にあたる。回復後はニューヨークへと引っ越し、いくつかの研究、TVや映画の企画、自著の校正などをこなし日常生活に戻る。後、再検査にて病気が再発する兆候が見られ病床の人となり化学療法、X線治療と骨髄移植で治療を行うも病状が悪化。闘病中にはセント・ジョン大聖堂、ガンジス川の川辺にてヒンドゥー教徒が、北アメリカのイスラム指導者が回復祈願の祈りを願った。病人である当人は懐疑主義者で宗教にも輪廻転生にも懐疑的であったが、このような多くの善意ある振る舞いに勇気づけられたと感謝の言葉を贈っている。本人は死後の魂の存在には関心が薄く、家族と子供、地球と宇宙の関わり及び人類の営みと行く末に思いを馳せながら永眠。カール・セーガン フレッシュアイペディアより)

  • 恋愛中毒

    恋愛中毒から見た骨髄移植骨髄移植

    鈴木千花役を演じた吉井怜は、このドラマ終了から約5ヶ月後の2000年8月、急性骨髄性白血病に倒れる。母親からの骨髄移植を受け克服し、2002年に芸能界に復帰している。恋愛中毒 フレッシュアイペディアより)

  • インフォームド・コンセント

    インフォームド・コンセントから見た骨髄移植骨髄移植

    たとえば積極的な医療行為の説明にあたって、患者本人のQOLに対して医療上望ましくないケースや予後が不明である場合であっても、医療上の欠点を説明しない事や曖昧にする例がある。これには、医療者側としては患者に対する精神上の配慮、医療者責任回避や医学の推進意図、患者側としては治療に対する過度の期待が背景にある。癌の化学治療や手術、骨髄移植(造血幹細胞移植)などで発生しやすい。インフォームド・コンセント フレッシュアイペディアより)

  • キャメル (バンド)

    キャメル (バンド)から見た骨髄移植骨髄移植

    2007年後半に、アンドリュー・ラティマーは骨髄移植を受けた。キャメル (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • 本田美奈子.

    本田美奈子.から見た骨髄移植骨髄移植

    その後、2度に渡る化学療法を受けるも、寛解(癌細胞が十分に減った状態)は得られなかった。急性骨髄性白血病の中でも極めてまれな予後不良の治療抵抗性の白血病であったという。治療として骨髄移植が考慮されたものの、骨髄バンクでドナーが見つかるまでの猶予すらない病状であったことから、同年5月、臍帯血移植を受けた。同7月末には一時退院したが病気の再発が認められ、同年9月8日に再入院し、輸入新薬による抗癌剤治療を受けた。翌月には再度一時退院、その間には白血病患者支援のためのNPO法人 『Live for Life 』が設立されたが、同月末には再入院となった。その後肺への合併症から容態が急変し、同年11月6日午前4時38分、家族らの見守るなか、死去した。38歳没。本田美奈子. フレッシュアイペディアより)

  • 製薬

    製薬から見た骨髄移植骨髄移植

    結核や天然痘などの感染症、骨髄移植、臓器移植など製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄

    骨髄から見た骨髄移植骨髄移植

    骨髄は血液に富み、あらゆる血球系細胞(赤血球、白血球、リンパ球、血小板のもとになる巨核球など)に分化できる造血幹細胞が存在する。マウスにおいては一個の造血幹細胞を移植することによって、すべての造血系細胞を再構成させることができることが証明されており、ヒトにおいても骨髄移植は白血病など造血系の疾患の根治的治療として有効である場合がある。造血機能を営んでいる骨髄は赤色を呈するため赤色骨髄(あるいは赤色髄)、造血機能を失い脂肪化している骨髄は黄色を呈するために黄色骨髄(あるいは黄色髄)と呼ばれる。骨髄 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た骨髄移植骨髄移植

    東北大学医学部付属病院を受診したところ、「くすぶり型」ATLであると診断され、通院による経過観察を受けていたが、2009年5月には、病態が「急性期」に進行する。治療のため、自身の病気を公表、同年6月に東京大学医科学研究所に入院し、多剤併用の化学療法を受けた。通常の治療では治癒が望めなかったことから骨髄移植を受けることとなり、骨髄バンクを通してドナーを得た。同年10月、国立がんセンターに転院し、担当医・田野崎隆二のもと、「ミニ移植」と呼ばれる骨髄移植を受けた。体調が安定したため2010年2月3日に同院を退院、以後は自宅で療養する。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

78件中 51 - 60件表示

「骨髄移植」のニューストピックワード