106件中 51 - 60件表示
  • レーダ=ヴィーデンブリュック

    レーダ=ヴィーデンブリュックから見た骨髄移植骨髄移植

    ラウフェン・ウント・グーテス・トゥーン e.V. - このクラブは毎年1回ドイツ骨髄提供者公益団体やビーレフェルト=ベーテル救急パトロールのためのチャリティーレースを開催している。レーダ=ヴィーデンブリュック フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の科学

    2012年の科学から見た骨髄移植骨髄移植

    10月20日 - エドワード・ドナル・トーマス、アメリカの内科医、骨髄移植の開発者、1990年ノーベル生理学・医学賞受賞者2012年の科学 フレッシュアイペディアより)

  • 絶体×絶命

    絶体×絶命から見た骨髄移植骨髄移植

    サンフランシスコ市警の刑事フランク・コナーには、白血病を患っている幼い息子マシューがいた。息子の病気を治療するには骨髄移植が不可欠なのだが、骨髄の適合者がなかなか見つからずに焦りだけが募っていた。だが、無断で入手したFBIの極秘資料の中に、ついに適合者を発見する。その男の名はピーター・マッケイブ。終身刑で投獄されている凶悪犯だった。フランクはマッケイブに接触し、息子のために骨髄を提供するよう説得するも、彼は真剣に取りあうことすらしなかった。しかし、突然彼がドナーになることを条件付きで了承する。そして移植手術のために病院へと移送されることになるのだが、実は彼の真の目的は脱獄することだった。絶体×絶命 フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンデル・マヨロフ

    アレクサンデル・マヨロフから見た骨髄移植骨髄移植

    2015-2016シーズン、6月にコーチでもある父がMDS(骨髄異形成症候群)であることが分かった。その後、病気は急性白血病へと移行した。マヨロフは骨髄移植のドナーを務めるために、自己採血を行った。2度目の自己採血を理由にロステレコム杯を欠場。造血幹細胞を採取する手術での痛みで、練習が積めないため、スウェーデン選手権も欠場を発表した。アレクサンデル・マヨロフ フレッシュアイペディアより)

  • 清水透 (歴史学者)

    清水透 (歴史学者)から見た骨髄移植骨髄移植

    1993年、当時大学生で21歳だった娘清水真帆の白血病発病を機に、骨髄バンク普及啓発のための大学・市民ネットワーク「Maho-NET21」を立ち上げ、2005年までその活動を続けた。真帆は日本骨髄バンクを通じた骨髄移植を受けることができたが、惜しくも再発により1995年2月に逝去。真帆の没後も清水は骨髄バンクのためのボランティアを続け、骨髄移植推進財団の普及広報委員長を勤めたこともある。1997年には骨髄バンク宣伝の四国一周自転車ラリー「ツール・ド・空海」に一選手として参加し、完走した。この経緯は秦野純一(三土修平のペンネーム)著『椿の咲く日まで - 骨髄バンクと土佐清水の仲間たち』(日本評論社、2002年)に紹介されている。清水透 (歴史学者) フレッシュアイペディアより)

  • ミューズ細胞

    ミューズ細胞から見た骨髄移植骨髄移植

    骨髄移植の0.03%、間葉系幹細胞移植の〜1%に含まれている。ミューズ細胞 フレッシュアイペディアより)

  • ゴーシェ病

    ゴーシェ病から見た骨髄移植骨髄移植

    患者の造血幹細胞をドナーの造血幹細胞に入れ替える骨髄移植を行い、酵素活性の異常をともなった血液細胞(特に白血球、マクロファージなど)を正常な血液細胞に置き換えることにより、グルコセレブロシド(糖脂質)の分解を可能にする治療法。治療効果は酵素補充療法を上回るが、白血病における骨髄移植同様、患者と白血球の型(HLA抗原)が一致するドナーを見つけるのが困難なこと、拒絶反応などの危険性も大きいことが難点で、あまり行われていない。ゴーシェ病 フレッシュアイペディアより)

  • 火火

    火火から見た骨髄移植骨髄移植

    しかしその直後賢一が突然その場に倒れてしまい、病院で診察を受けると医師から慢性骨髄性白血病にかかっていることが清子に告げられる。清子は入院することになった賢一に病気を告知して骨髄移植のドナー(提供者)を探すことを決めるが、みどりに負担をかけられないと話し合いで関係にピリオドを打つ。清子は、親族や仕事の関係者に白血球の型(HLA)適合検査を受けてもらうよう頭を下げて周るが、適合者は見つからない。仲間の提案により、もっと多くの人に協力してもらうために“賢一を救う会”を立ち上げ、清子たちは駅前などで検査への協力を訴えかける。火火 フレッシュアイペディアより)

  • グッドライフ〜ありがとう、パパ。さよなら〜

    グッドライフ〜ありがとう、パパ。さよなら〜から見た骨髄移植骨髄移植

    羽雲のドナーが見つかったのと同じ時期に手術が不可能な末期のすい臓がんが発見され「余命半年」であることを宣告されるが、残された時間はすべて羽雲のために使うことを決断。羽雲の骨髄移植が無事成功し、退院してからしばらくの間は、羽雲と一緒に暮らしていたが、がんの転移により、羽雲の前で急逝する恐れが出てきたため、「仕事の都合」とウソをつき羽雲を華織に預け、入院した。グッドライフ〜ありがとう、パパ。さよなら〜 フレッシュアイペディアより)

  • 驚異の小宇宙 人体

    驚異の小宇宙 人体から見た骨髄移植骨髄移植

    免疫系を扱う。再生不良性貧血に侵された少女の骨髄移植を通して、体内に入り込んだ雑菌の排除や、拒絶反応など自他を区別するしくみを解説する。CGがふんだんに使用されている。驚異の小宇宙 人体 フレッシュアイペディアより)

106件中 51 - 60件表示

「骨髄移植」のニューストピックワード