106件中 71 - 80件表示
  • びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫

    びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫から見た骨髄移植骨髄移植

    進行期であれば、R-CHOP療法を6コースまたは8コース行う。これもリツキシマブ併用療法の方が奏効率、無増悪生存率、総生存率いずれも優れていることが示されているが、国際予後指標の予後不良群においては再発が多いため、若年者においてはR-CHOP療法6コース後に自己末梢血幹細胞移植併用大量化学療法を行う事が検討される。びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 フレッシュアイペディアより)

  • 本田美奈子.

    本田美奈子.から見た骨髄移植骨髄移植

    その後、2度に渡る化学療法を受けるも、寛解(癌細胞が十分に減った状態)は得られなかった。急性骨髄性白血病の中でも極めてまれな予後不良の治療抵抗性の白血病であったという。治療として骨髄移植が考慮されたものの、骨髄バンクでドナーが見つかるまでの猶予すらない病状であったことから、同年5月、臍帯血移植を受けた。同7月末には一時退院したが病気の再発が認められ、同年9月8日に再入院し、輸入新薬による抗癌剤治療を受けた。翌月には再度一時退院、その間には白血病患者支援のためのNPO法人『Live for Life』が設立されたが、同月末には再入院となった。その後肺への合併症から容態が急変し、同年11月6日午前4時38分、家族らの見守るなか、死去した。。本田美奈子. フレッシュアイペディアより)

  • おふくろ先生の診療日記

    おふくろ先生の診療日記から見た骨髄移植骨髄移植

    芹沢雄策の娘。何回か倒れたことで、重度の再生不良性貧血が判明する。骨髄移植適合の血縁者検査にて比呂美のみが適合し、手術は成功する。おふくろ先生の診療日記 フレッシュアイペディアより)

  • 骨盤

    骨盤から見た骨髄移植骨髄移植

    腸骨・坐骨の骨髄は、頭蓋骨のそれとともに、成人においても造血を行う。骨髄移植の際はこれらの骨から骨髄液を採取する。骨盤 フレッシュアイペディアより)

  • 上野直人

    上野直人から見た骨髄移植骨髄移植

    上野 直人(うえの なおと、1964年3月29日 - )は、米国の腫瘍内科専門医、腫瘍分子細胞学者(M.D., Ph.D., F.A.C.P.)。テキサス大学MDアンダーソンがんセンター・乳腺腫瘍内科部門教授(Professor of Medicine)、一般社団法人オンコロジー教育推進プロジェクト常務理事。医師免許は、米国テキサス州と日本。1993年に米国一般内科専門医、1996年に腫瘍内科専門医の資格を取得。乳がん、骨髄移植、腫瘍分子細胞学、遺伝子治療を専門としている。本人自身もがん患者と公表している。上野直人 フレッシュアイペディアより)

  • 医学と医療の年表

    医学と医療の年表から見た骨髄移植骨髄移植

    分子標的治療薬イマチニブがアメリカ合衆国で承認される。それまでは抗がん剤で38%、インターフェロンで53%、骨髄移植で63%だった慢性骨髄性白血病の5年生存率がイマチニブにより93%にあがった。医学と医療の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 中島忠幸

    中島忠幸から見た骨髄移植骨髄移植

    2006年(平成18年)1月には臍帯血移植を受けて軽快傾向とも伝えられたが、ウイルス性肺炎の併発によって同年12月20日午前11時46分に逝去。。また、竹山によると、ドナーが見つかったがそのドナーが風邪を引いたため移植ができなくなり、その後中島も風邪を引き肺炎を併発して亡くなったとのことである。『エンタの神様』(日本テレビ)でカンニング竹山が突然かけた携帯電話での声のみの出演が、中島の最後のテレビ出演となった。中野区内で行われた葬儀・告別式では、竹山が弔辞を読み上げた。療養開始後には禁煙していた中島であったが、告別式の時には病に倒れるまで愛煙していたタバコが棺に入れられた。戒名は浄楽幸安信士(じょうらくこうあんしんじ)。中島忠幸 フレッシュアイペディアより)

  • 骨髄

    骨髄から見た骨髄移植骨髄移植

    骨髄は血液に富み、あらゆる血球系細胞(赤血球、白血球、リンパ球、血小板のもとになる巨核球など)に分化できる造血幹細胞が存在する。マウスにおいては一個の造血幹細胞を移植することによって、すべての造血系細胞を再構成させることができることが証明されており、ヒトにおいても骨髄移植は白血病など造血系の疾患の根治的治療として有効である場合がある。造血機能を営んでいる骨髄は赤色を呈するため赤色骨髄(あるいは赤色髄)、造血機能を失い脂肪化している骨髄は黄色を呈するために黄色骨髄(あるいは黄色髄)と呼ばれる。骨髄 フレッシュアイペディアより)

  • ラストホープ

    ラストホープから見た骨髄移植骨髄移植

    15歳時に骨髄異形成症候群を発症し、現在まで5年間、2週間に1回のサイクルで赤血球と血小板の輸血をしながら、骨髄移植をするためにHLA型が適合するドナーを待っていたが、結局該当するドナーが現れることがなく急性骨髄性白血病を併発してしまう。ラストホープ フレッシュアイペディアより)

  • 急性白血病

    急性白血病から見た骨髄移植骨髄移植

    治療方針はAPLかAPL以外のAMLかで大きく異なる。年齢50歳以下、パフォーマンスステータスが0?2、inv(16),t(8:21),t(15:17),de novo AMLは予後良好群であり、46XY,-Yは予後中間群、複合型染色体異常は予後不良群である。未治療急性白血病の第一選択は化学療法であるが予後不良群は化学療法での治癒は期待できず、造血幹細胞移植や骨髄移植が検討される。これらの治療は適応が狭く、一般には50歳以下でHLAの一致したドナーがいる場合に適応があると言われている。近年は分子標的薬、抗CD33抗体であるゲムツズマブなどを用いることもある。化学療法では寛解導入療法と寛解後療法に分かれる。寛解導入療法は完全寛解(CR)を導くための治療法である。完全寛解とは体内の白血病細胞が10の10乗個未満(発症時は12乗個以上ある)となることで骨髄、末梢血中の白血病細胞がほとんど消失し、正常の造血能が回復した状態のことをいう。白血病細胞が完全に消失したわけではないのでこのままでは再発が必発であるので、寛解後療法を行う。寛解後療法には寛解導入直後に行う地固め療法と間欠的に強力に行う維持療法がある。急性白血病 フレッシュアイペディアより)

106件中 71 - 80件表示

「骨髄移植」のニューストピックワード

  • 実録ドラマ 3つの取調室 〜埼玉愛犬家連続殺人事件〜

  • Launch Night In

  • Chromecast with GoogleTV