前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
306件中 1 - 10件表示
  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た高倉健高倉健

    ギャングシリーズを開拓したものの、「そもそも日本にギャングなどいない」と、東映を『時代劇』路線から俊藤浩滋と組んで『人生劇場 飛車角』を初めとする任侠映画路線に転換させる。日活、大映、東宝など他社も追随した。他社はテレビに食われて生き詰まってしまったが、“任侠路線”だけは、テレビに食われることもなく、当たりに当たった。土曜深夜のオールナイト興行には観客が押し寄せ、任侠映画は70年安保に向けて学生運動の盛り上がりとともに、高度経済成長・管理社会に疎外感を抱く学生やサラリーマンを中心に熱狂的ブームを起こした。東宝、松竹は戦前から不動産を持っていたので、生きのびることが出来たが、戦後派で不動産もない東映が勢いを増したのは岡田の切り替え戦略によるもの。『任侠映画』と後に手掛ける『実録ヤクザ映画』抜きに1960年代から1970年代の日本映画は語れない。岡田の仕掛けた“任侠路線”〜“実録路線”は、その後『日本の首領』や、『鬼龍院花子の生涯』などの「女性文芸路線」、『極道の妻たち』シリーズに、先の“現代アクション”“ハードアクション路線”は、『キイハンター』『Gメン'75』や、『ビー・バップ・ハイスクール』や『極道渡世の素敵な面々』などの“ネオやくざ路線”に引き継がれ、後にVシネマという新ジャンルを切り開いていった。岡田は企画、製作のみに手腕を発揮したのではなく、その過程に於いて、宣伝面を考慮した側面においても抜群の力量を発揮した。特に1960年代、1970年代の『人生劇場 飛車角』『緋牡丹博徒』『大奥物語』など、任侠映画、エログロ映画のタイトルの大半は岡田が考えたものである。『大奥物語』の○の中に秘を書くマークは、今は一般的に使われるが、これも岡田が考えたものでこの快挙は当時のジャーナリズムを刺激して「物語」という活字が新聞や週刊誌によく使われた。「今ではどこの企業でも部外秘の書類にというハンコを押しているのだから、著作料をもらいたいぐらい」と話している。禁断の園には誰でも興味が沸くだろう、と考えたのが製作の切っ掛けだが山田五十鈴、佐久間良子、藤純子らスター女優を起用して大当たりした。『大奥物語』はブームを呼び、その後の大奥物は、この作品の衣装や小道具がモデルになりエッセンスは受け継がれ現在もテレビドラマ等に繋がる。1964年の『二匹の牝犬』では文学座の小川眞由美と六本木で遊んでいた緑魔子を組ませた。同年中島貞夫に命じて撮らせた『くの一忍法』は、山田風太郎原作の『くノ一忍法帖』最初の映像化。東宝から引き抜いて以来パッとしなかった鶴田浩二を『人生劇場 飛車角』で、燻っていた高倉健を『日本侠客伝』『網走番外地』で、若山富三郎を『極道』シリーズで、そして『不良番長』シリーズで梅宮辰夫を売り出す。筋金入りの清純派、佐久間良子の裸のシーンを売り物に田坂具隆監督で『五番町夕霧楼』を大ヒットさせた。本作は京の廓の内情を初めて公にした作品として話題を呼んだ。内田吐夢監督に撮らせた『飢餓海峡』(1965年)も岡田の企画。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • M65 (フィールドジャケット)

    M65 (フィールドジャケット)から見た高倉健高倉健

    近年では軍用のみならず、カジュアルファッションのアウターとしても一般化しており、日本では俳優の高倉健やタレントの所ジョージ、浜田雅功などが愛用していることが知られている。M65 (フィールドジャケット) フレッシュアイペディアより)

  • 網走番外地 (東映)

    網走番外地 (東映)から見た高倉健高倉健

    『網走番外地』 (あばしりばんがいち)は1965年4月18日、東映の製作・配給により劇場公開されたヤクザ映画。主演高倉健。監督石井輝男。東映。公開時の併映は鶴田浩二主演の 『関東流れ者』。シネマスコープ。モノクロ92分。網走番外地 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • 東映

    東映から見た高倉健高倉健

    一方、東映現代劇は1950年代半ばから1960年代前半にかけ波島進、江原真二郎、中原ひとみ、高倉健、佐久間良子、水木襄、梅宮辰夫、千葉真一、三田佳子ら主演スターを輩出。1957年(昭和32年)には東京・大泉撮影所の隣に動画専用スタジオを建設し、前年に日動映画を合併して設立した東映動画(現・東映アニメーション)を移転させた。1958年(昭和33年)には競合会社よりもいち早くテレビ映画の製作に着手。同年に大泉に東映テレビ・プロダクションとその撮影所を設ける。観客動員No.1となった東映は1960年(昭和35年)に第二東映を設立し、制作本数を倍増して日本映画界の売上50%のシェアを目指した。同年に第二東映が新東宝を吸収合併し、時代劇を新東宝が現代劇を第二東映が制作する新会社の新東映の設立が仮調印直前まで進むも頓挫。翌1961年に第二東映はニュー東映と改称するが、うまくいかずに2年で解散した。東映 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉真一

    千葉真一から見た高倉健高倉健

    1962年は映画『事件記者シリーズ』の第1作『恐怖の魔女』に主演したほか、尊敬する高倉健の主演映画、青春・恋愛映画『恋愛学校 ラブ・スクール』、ギャング映画『恋と太陽とギャング』、青春・戦争映画『南太平洋波高し』などに助演した。1963年には映画『八州遊侠伝 男の盃』で時代劇に初出演し、 『事件記者シリーズ』の第2作『殺人鬼の誘惑』と映画『柔道一代』に主演したほか、『男一匹生きるなら』をリリースし、歌手デビューした。しかしシリーズ化された主演映画『柔道一代 講道館の鬼』 (1964年) の乱闘シーンで、肩を骨折する重傷を負ってしまう。千葉真一 フレッシュアイペディアより)

  • 大原麗子

    大原麗子から見た高倉健高倉健

    実家は老舗の和菓子屋であった。1964年(昭和39年)、テレビドラマ『幸福試験』(NHK)への出演でデビューし、翌年、東映に入社した。佐久間良子主演の『孤独の賭け』で初めて本格的な映画に出演し、高倉健の『網走番外地』シリーズ、千葉真一主演作品での助演、梅宮辰夫の『夜の青春』シリーズをはじめ、数々の映画に出演した。映画『男はつらいよ』シリーズでは、マドンナ役を2度務めた。さらに、多くのテレビドラマにも主演し高い好感度を得た。大原麗子 フレッシュアイペディアより)

  • 明治大学

    明治大学から見た高倉健高倉健

    『ミスター・ベースボール』(1992 ハリウッド映画) 高倉健(OB)が野球部OB星野仙一をモデルにした中日ドラゴンズ監督役明治大学 フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム

    スター・システムから見た高倉健高倉健

    しかし、1960年代に入ってテレビが普及すると、映画でしか見られないスターが減っていった。1970年代に入ると経営難のため俳優を抱えて育成することは困難となり、東映以外の映画会社からはほぼ俳優の専属制はなくなっていった。1970年代に入ると大映は倒産し、日活はロマンポルノ路線への移行を余儀なくされ、スターシステムによるスター映画と言えるのは、渥美清の『男はつらいよ』シリーズや高倉健主演映画、菅原文太主演映画、『ゴジラ』シリーズくらいという状況になっていった。スター・システム フレッシュアイペディアより)

  • 電光空手打ち

    電光空手打ちから見た高倉健高倉健

    電光空手打ち(でんこうからてうち)は、1956年(昭和31年)1月29日に公開された日本の映画。俳優高倉健の映画初出演作品。製作は、東映(東京撮影所)。電光空手打ち フレッシュアイペディアより)

  • 上武佐駅

    上武佐駅から見た高倉健高倉健

    高倉健主演の映画「遙かなる山の呼び声」は、中標津町を舞台としており、当駅も映画に登場した。高倉が演ずる田島耕作が、函館に住む兄(鈴木瑞穂)と再会したのが上武佐駅であった。先に到着した兄は、駅前の家の前を箒ではいていた地元の人に「あのぅ。この駅前に食事が出来るところがありませんか」と尋ねるが、店舗などはなく、駅舎内で会話することとなる。当時の駅や駅前の状況などを映画によって確認することができる。上武佐駅 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
306件中 1 - 10件表示

「高倉健」のニューストピックワード