477件中 91 - 100件表示
  • 流星空手打ち

    流星空手打ちから見た高倉健高倉健

    『流星空手打ち』(りゅうせいからてうち)は、1956年(昭和31年)1月29日に公開された日本の映画。製作は東映。主演は高倉健。「電光空手打ち」の続編。流星空手打ち フレッシュアイペディアより)

  • フィルム・ノワール

    フィルム・ノワールから見た高倉健高倉健

    監督:石井輝男、主演:高倉健 仕事で訪れた香港で謀略にはめられた殺し屋の攻防を描く。フィルム・ノワール フレッシュアイペディアより)

  • 永井隆雄 (コンサルタント)

    永井隆雄 (コンサルタント)から見た高倉健高倉健

    父、芳夫は、若い頃、アルベール・カミュに似た美男、老いてからは高倉健風の雰囲気だった。大正14年12月23日(間もなく、昭和元年)生まれ、昭和20年で二十歳、三島由紀夫と同級生になる。兵士検査で甲種合格(三島は乙種不合格)、各種武道に通じ、特殊部隊級の体力、戦闘力を備えていた。軍事訓練では抜群の腕前を見せ、素手で瞬時に相手を殺す特殊部隊の訓練を受けていた。しかし、職工として腕を磨いていたので、戦地には赴くことはなく、名古屋の大隈鉄工で零戦(大日本帝国零式戦闘機、世界で最も高性能で、トラブルが少ないとされ、海軍の切り札でもあった)製作に従事、胴体の鋼板や細部の金属加工の仕上げを行なっていた。永井隆雄 (コンサルタント) フレッシュアイペディアより)

  • 山田栄一

    山田栄一から見た高倉健高倉健

    『網走番外地』(昭和40年3月)[タカオ・カンベ作詞、歌:高倉健山田栄一 フレッシュアイペディアより)

  • プログラムピクチャー

    プログラムピクチャーから見た高倉健高倉健

    日本映画を長く牽引したのは、嵐寛寿郎「鞍馬天狗」、市川右太衛門「旗本退屈男」、片岡千恵蔵「いれずみ判官」、長谷川一夫「銭形平次 捕物控」、小林旭「渡り鳥」、高倉健「網走番外地」、藤純子「緋牡丹博徒」のように大ヒットでなくても確実に収益が期待できる人気スターのシリーズ物であって、その収益で他の野心作や大作を製作していたことである。プログラムピクチャー フレッシュアイペディアより)

  • 八甲田山死の彷徨

    八甲田山死の彷徨から見た高倉健高倉健

    1977年(昭和52年)、『八甲田山』のタイトルで映画化された(高倉健、三國連太郎、北大路欣也主演)。八甲田山死の彷徨 フレッシュアイペディアより)

  • 刑事 (2000年のテレビドラマ)

    刑事 (2000年のテレビドラマ)から見た高倉健高倉健

    高倉健が主演したテレビドラマ『刑事 蛇に横切られる』のリメイク版として2014年3月26日にテレビ東京で放送された同字タイトル『刑事』とは無関係であるが、主人公のベテラン刑事がトラウマを抱えているなど、幾つか共通点もある。刑事 (2000年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ひょうきんスター誕生

    ひょうきんスター誕生から見た高倉健高倉健

    藤本義一(松尾貴史)、高倉健(ビートたけし)、板東英二(太平シロー)、桂三枝(太平サブロー)、谷村新司(島崎俊郎)ひょうきんスター誕生 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本幹也

    宮本幹也から見た高倉健高倉健

    著書が、高倉健主演の映画「大学の石松シリーズ」(1956年-1957年、全4作)の原作となった。宮本幹也 フレッシュアイペディアより)

  • 蒋ウェン

    蒋ウェンから見た高倉健高倉健

    映画を志し、25歳の時北京電影学院修士課程に入学。在学中は、多数のアンダーグランド映画に出演した。2005年「単騎、千里を走る。」(チャン・イーモウ監督/2005年)の中国全土での公開オーディションで、2万人の応募者を勝ち抜き、ヒロイン役を射止める。第4代チャン・イーモウガールとして脚光を浴びる。この映画で高倉健と共演。彼の素晴らしい演技を目の当たりにし、自分自身の未熟さに気付く。高倉健からは、撮影の合間などに「演技は心から」と指導を受けるとともに、「あなたはきっといい女優になりますよ」と励ましの言葉をもらう。このことで、プロの女優として日本で研鑽を積む決意をする。蒋ウェン フレッシュアイペディアより)

477件中 91 - 100件表示

「高倉健」のニューストピックワード