477件中 101 - 110件表示
  • 沢村忠

    沢村忠から見た高倉健高倉健

    ごろつき (高倉健主演、東映)- 1968年(昭和43年)沢村忠 フレッシュアイペディアより)

  • 光岡早苗

    光岡早苗から見た高倉健高倉健

    『空中サーカス 嵐を呼ぶ猛獣』 : 監督小石栄一、主演高倉健、製作東映東京撮影所、配給東映、1958年8月12日公開(映倫番号 10748) - バアのマダム光岡早苗 フレッシュアイペディアより)

  • 中島保

    中島保から見た高倉健高倉健

    高倉健に憧れて俳優を目指し、素人出演番組などに出演しチャンスを窺う傍ら、サンミュージックプロダクションのオーディションを受けるが、オーディションを担当したサンミュージックプロダクションの相澤秀禎会長(肩書きは当時。2013年5月23日22時27分に膵臓癌のため入院先の東京都内の病院で死去)に「君はお笑いだよね」と諭され、2006年4月に松竹芸能タレントスクール東京校に入校。中島保 フレッシュアイペディアより)

  • 三幕構成

    三幕構成から見た高倉健高倉健

    他には、『ゴーン・ガール』('14) で、行方不明の妻が妊娠していたことが証言され、主人公が妻を殺害した疑惑が濃厚となるシーン、『ゼロ・グラビティ』('13) で、上官が自ら命綱を外して犠牲となり、主人公だけが残されるシーン、『英国王のスピーチ』('10) では、国王が急死したが兄が即位したため、これまでの吃音治療が無駄であったとジョージ6世が思うシーン、『ソーシャル・ネットワーク』('10) で、ショーン・パーカーと出会ったことで仲間に亀裂が走り始めるシーン、『アバター』('09) では、主人公が先住民ナヴィの娘ネイティリと結ばれる (が、その直後に人類の重機に襲われる) シーン、『第9地区』('09) で、エイリアン化の始まった主人公が組織から脱出し、追われる身となるシーン、『Shall we ダンス?』('96) では、主人公がダンス・コンクールへの出場を決意し、厳しいトレーニングの始まるシーン、『幸福の黄色いハンカチ』('77) で、 一緒に旅をしている勇作 (高倉健) が出所したばかりの殺人犯であることが判明するシーンなどが、ミッドポイントにあたる。三幕構成 フレッシュアイペディアより)

  • 現代やくざ 与太者仁義

    現代やくざ 与太者仁義から見た高倉健高倉健

    脚本:棚田吾郎 / 監督:マキノ雅弘 / 主演:高倉健現代やくざ 与太者仁義 フレッシュアイペディアより)

  • おばさん弁護士 町田珠子

    おばさん弁護士 町田珠子から見た高倉健高倉健

    『おばさん弁護士 町田珠子』は、2015年1月30日にフジテレビ系列「赤と黒のゲキジョー」で放送されたテレビドラマ。当初2014年11月28日に放送予定だったが、高倉健の死去に伴い11月21日に『南極物語』が追悼番組として放送され、元々11月21日に放送予定だった『前科ありの女たち』が11月28日に順延となったことでしばらく放送日時が未定だった。おばさん弁護士 町田珠子 フレッシュアイペディアより)

  • ステージガン

    ステージガンから見た高倉健高倉健

    プロップガンとは、映画の撮影や演劇などで、俳優が銃撃戦を演じるとき、リアルな発射炎や動作機構を必要とされる際に使用されたり、演出上その銃を構えた近景撮影などで、銃を構えた俳優とのコラボレーションでの格好良さを必要とする際にリアルな外観を必要とする時に使用される物である。主に日本ではモデルガンやエアーソフトガンのような外観的に本物と見まごうばかりの日本製遊戯銃特有の性質を利用して、それらを撮影用に銃刀法の許す範囲で発火機能などを撮影用に改造されたものを使用する場合が多い。最近では更に発火演出を効果的に見せるために、CGなどを合成する場合もある。日本映画創世期には警察官立会いのもと実銃が貸し出され空砲作動で撮影したり所持許可を持った出演俳優の個人所有銃器が撮影に使用されていた事もあった。高倉健主演の『駅 STATION』では数々の実銃が画面に登場し迫力を出す事に成功している。ステージガン フレッシュアイペディアより)

  • 藤本勲

    藤本勲から見た高倉健高倉健

    1968年、東映映画「ごろつき」に出演。キックボクシングのスパーリングで主演の高倉健をノックアウトするチャンピオンの役であった。他に東洋ミドル級チャンプの沢村忠、東洋ライト級チャンプの西川純、全日本ヘビー級1位の斉藤天心が出演していた。藤本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 仲根正広

    仲根正広から見た高倉健高倉健

    引退後は名古屋市郊外で焼肉レストラン「牛若亭」を経営する傍ら、宅配ピザ経営にも力を入れる。飲食業と並行してラジオ大阪「近鉄バファローズナイター」とNHK衛星放送「メジャーリーグ中継」の解説者も務め、1992年には高倉健主演の映画「ミスター・ベースボール」に出演。日本プロ野球のみならず、大リーグなども熱心に研究・解説するなど評論の実力を認められつつあった矢先の1995年8月15日、肺癌(手術後の咳払いの際、傷口から大量出血があった)のため40歳で没した。仲根正広 フレッシュアイペディアより)

  • 羽賀準一

    羽賀準一から見た高倉健高倉健

    時代劇の俳優が羽賀の指導を受けにくることもあった。俳優の高倉健は映画『宮本武蔵』で佐々木小次郎を演じる際、羽賀から殺陣を学んだ。羽賀の弟の羽賀忠利(剣道・居合道範士八段)は当時を述懐し、「みな兄貴から『切る』という技術を学びたくて教えを乞いに来ていたんです。(中略)俳優が殺陣の勉強をするために剣道家に教えを乞いにくるなどということは今はまずないでしょう。剣道が完全に『切る』ことから離れてしまっている。せめて居合がその方向に進めばいいが、居合も格好ばかりで、実際に切ってみようという人があまりにも少ない」と述べている。羽賀準一 フレッシュアイペディアより)

477件中 101 - 110件表示

「高倉健」のニューストピックワード