477件中 111 - 120件表示
  • 丘さとみ

    丘さとみから見た高倉健高倉健

    1954年に尼崎市立尼崎高等学校を卒業後にRKOラヂオ映画社日本支社に就職。RKOラヂオ映画社日本支社関西支社で支社長の秘書として配属される。しかし、東映にスカウトされて、1955年に東映ニューフェイス第2期生として東映に入社して芸能界へ転身した。同期には高倉健・今井健二・五味龍太郎らがいる。芸名を丘 さとみにして同年の映画『御存知怪傑黒頭巾・新選組追撃』でデビュー。東映時代劇での貢献が大きく、「東映城のお姫さま」と呼ばれた(引退までの10年間で約150本もの映画に出演)。丘さとみ フレッシュアイペディアより)

  • オタクの用心棒

    オタクの用心棒から見た高倉健高倉健

    『幸福の黄色いハンカチ』のパロディでモデルは俳優の高倉健オタクの用心棒 フレッシュアイペディアより)

  • 函館東宝

    函館東宝から見た高倉健高倉健

    2001年12月、同館向かいに4スクリーンを有するシネマコンプレックス「函館シネマ大門」(現:シネマ太陽函館)がオープンし、競争が激化。その後も数々の邦画・洋画を上映してきたが、建物の老朽化も重なり2006年2月3日をもって閉館。最終興行として高倉健主演の『居酒屋兆治』と『海峡』が特別上映され、「大門座」時代から75年続いた歴史に幕を下ろした。函館東宝 フレッシュアイペディアより)

  • 日本映画テレビプロデューサー協会

    日本映画テレビプロデューサー協会から見た高倉健高倉健

    1956年(昭和31年)、現在のエランドール賞の前身「新人俳優顕彰」を開始した。初代顕彰者は高倉健、石原裕次郎、川口浩らであった。日本映画テレビプロデューサー協会 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤伝右衛門

    伊藤伝右衛門から見た高倉健高倉健

    高倉健…父の小田敏郎は伝右衛門が経営する中鶴・宝珠山炭坑の労務係として炭坑労働者を束ねる仕事をしていた。伊藤伝右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • ニュー商工

    ニュー商工から見た高倉健高倉健

    いっぽう、同地では、1950年(昭和25年)、長野商工会館と改称、東映の設立後に長野東映商工会館となる。舞台挨拶に高倉健が登壇したこともあったという。1957年(昭和32年)の時点では、長野市内の映画館は、長野活動館、演芸館、長野映劇、相生座、千石映画劇場(現在の長野千石劇場シアター1・2)、千石小劇場(現在の長野千石劇場シアター3)、中央映画劇場(のちの長野東宝中劇、2007年閉館)、長野東劇、吉田映画劇場、長野セントラル映劇、裾花映画劇場、七瀬映劇の12館が存在した。ニュー商工 フレッシュアイペディアより)

  • 同窓会 (トーク番組)

    同窓会 (トーク番組)から見た高倉健高倉健

    各回のゲスト出演者たちが再会してみたかった人物(恩義のある人物、かつての共演仲間、盟友など)を収録現場に招き、思い出話をする模様を放送していた番組である。場所と放送内容もゲストが決めることができ、萩本欽一がゲストの回では相方の坂上二郎を呼ぶも、2人は「面と向かって話すのも恥かしい」と舞台とセットを用意させ、即席でコント55号のコント数本を再現するなどした。スタッフの懸命な説得によって高倉健が出演した回もあり、当該回では高倉が「もし、また自分がヤクザ映画に出演するとしたら」などについて語った。同窓会 (トーク番組) フレッシュアイペディアより)

  • 網走番外地 吹雪の斗争

    網走番外地 吹雪の斗争から見た高倉健高倉健

    高倉健と菅原文太が初共演した作品である。網走番外地 吹雪の斗争 フレッシュアイペディアより)

  • しんせかい

    しんせかいから見た高倉健高倉健

    高倉健やブルース・リーに憧れる、役者志望の主人公スミトは、二年間自給自足的な生活をしながらシナリオ作法や演技を学ぶ演劇塾【谷】を主宰した脚本家【先生】がシナリオを書いたテレビドラマの主題歌を、道中のカーステレオで聴いても何の曲か思い出せないことを、乗り合わせた同期生たちに驚かれる。しんせかい フレッシュアイペディアより)

  • ならず者

    ならず者から見た高倉健高倉健

    ならず者 (1964年の映画) - 1964年の日本映画。石井輝男監督、高倉健主演。ならず者 フレッシュアイペディアより)

477件中 111 - 120件表示

「高倉健」のニューストピックワード