477件中 11 - 20件表示
  • 冬の華

    冬の華から見た高倉健高倉健

    『冬の華』(ふゆのはな)は、1978年(昭和53年)6月17日に公開された日本映画。製作は東映(京都撮影所)。監督は降旗康男。脚本は倉本聰。主演は高倉健冬の華 フレッシュアイペディアより)

  • 本渡第一映劇

    本渡第一映劇から見た高倉健高倉健

    2015年2月には小山薫堂が企画した短編映画『ふるさとで、ずっと。』の未完成版試写会が行われ、熊のくまモンや市民120人が来館して大入り満員となった。同年2月と4月には健さん追悼記念特集を行い、高倉健出演205作品の中からえりすぐりの10作品を上映した。本渡第一映劇 フレッシュアイペディアより)

  • 八甲田山 (映画)

    八甲田山 (映画)から見た高倉健高倉健

    1902年(明治35年)に青森の連隊が雪中行軍の演習中に遭難し、210名中199名が死亡した事件(八甲田雪中行軍遭難事件)を題材に、、極限状態での組織と人間のあり方を問いかけた作品である。配給収入は25億900万円で、1977年の日本映画第1位を記録した。高倉健、北大路欣也主演。北大路の台詞「天は我々を見放した」は当時の流行語になった。監督は森谷司郎、音楽は芥川也寸志で翌1978年3月の第1回日本アカデミー賞音楽賞を受賞している。八甲田山 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 大原麗子

    大原麗子から見た高倉健高倉健

    六本木野獣会に属し、大野伴睦の長男で東京放映の社長である大野直にスカウトされ、芸能界入り。中尾ミエ主演の東宝映画『夢で逢いましょ』(1962年)にも端役で出演していたが、1964年(昭和39年)、テレビドラマ『幸福試験』(NHK)の出演でデビューし、翌年、東映へ入社。佐久間良子主演の『孤独の賭け』で初めて本格的な映画に出演し、高倉健の『網走番外地』シリーズ、千葉真一主演作品での助演、梅宮辰夫の『夜の青春』シリーズをはじめ、数々の映画に出演したが、梅宮の主演映画では酒場のホステスやパンスケ役が多かった。1971年に東映との契約切れを機に渡辺プロダクションに移籍。以降テレビドラマを中心に一転して「しっとりとした日本的美人像」を演じ、映画『おはん』の魔性の女などさまざまな役を演じ分け、独特の存在感を発揮した。大原麗子 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉真一

    千葉真一から見た高倉健高倉健

    深作欣二の評価とは対照的に高倉健から「アクションスターにはアクションしかできないという評価もあるから、そのイメージを世間に持たれないほうがいい」と同年にアドバイスされ、ドンパチの活劇だけでなく青春ものをやりたいなとも思っていた。宣伝担当の福永邦昭は「体操で鍛え上げた肉体と抜群の運動神経で、新しいアクション俳優の誕生と騒がれたが、東映が彼を生かしきれなかった」と振り返っており、それでも東映は映画・テレビドラマとジャンルを問わず、アクションスターであることを千葉へ常に求めていくこととなる。3, 4年ほど悩んだ末、やる以上、誰にも負けない完全にアクションのできる役者に成ろうと決意した。(⇒ )千葉真一 フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム

    スター・システムから見た高倉健高倉健

    しかし、1960年代に入ってテレビが普及すると、映画でしか見られないスターが減っていった。1970年代に入ると経営難のため俳優を抱えて育成することは困難となり、東映以外の映画会社からはほぼ俳優の専属制はなくなっていった。1970年代に入ると大映は倒産し、日活はロマンポルノ路線への移行を余儀なくされ、スターシステムによるスター映画と言えるのは、渥美清の『男はつらいよ』シリーズや高倉健主演映画、菅原文太主演映画、『ゴジラ』シリーズくらいという状況になっていった。スター・システム フレッシュアイペディアより)

  • 上武佐駅

    上武佐駅から見た高倉健高倉健

    高倉健主演の映画「遙かなる山の呼び声」は、中標津町を舞台としており、当駅も映画に登場した。高倉が演ずる田島耕作が、函館に住む兄(鈴木瑞穂)と再会したのが上武佐駅であった。先に到着した兄は、駅前の家の前を箒ではいていた地元の人に「あのぅ。この駅前に食事が出来るところがありませんか」と尋ねるが、店舗などはなく、駅舎内で会話することとなる。当時の駅や駅前の状況などを映画によって確認することができる。上武佐駅 フレッシュアイペディアより)

  • 大和久守正

    大和久守正から見た高倉健高倉健

    大和久 守正(おおわく もりまさ、1929年2月25日 - )は、日本の脚本家である。1962年(昭和37年) - 1968年(昭和43年)の時期に連続テレビ映画『特別機動捜査隊』の各話を数多く執筆し、劇場用映画においては、高倉健が主演した『昭和残侠伝 死んで貰います』(1970年)あるいは『新網走番外地 吹雪の大脱走』(1971年)の脚本家として知られる。大和久守正 フレッシュアイペディアより)

  • 暗黒街最後の日

    暗黒街最後の日から見た高倉健高倉健

    真木鉄雄、朴(二役):高倉健暗黒街最後の日 フレッシュアイペディアより)

  • 飛鳥高

    飛鳥高から見た高倉健高倉健

    1959年 『疑惑の夜』が、東映により監督:小林恒夫、主演:高倉健で映画化される(映画のタイトルは『疑惑の夜』)。飛鳥高 フレッシュアイペディアより)

477件中 11 - 20件表示

「高倉健」のニューストピックワード