477件中 21 - 30件表示
  • 三人娘 (1955-)

    三人娘 (1955-)から見た高倉健高倉健

    配偶者: なし(1959年に高倉健(俳優)と結婚、1971年離婚)三人娘 (1955-) フレッシュアイペディアより)

  • 人生劇場 飛車角

    人生劇場 飛車角から見た高倉健高倉健

    本作は時代劇が撮れる監督を使わないと無理だと、岡田は沢島忠監督を京撮から呼び寄せた。飛車角に鶴田浩二、吉良常に月形龍之介、飛車角の情婦おとよに佐久間良子、おとよを知ったために死地に赴く男、宮川に高倉健。これらの配役は岡田の強い意向によるもの。片岡千恵蔵を軸にした従来の東映的キャスティングを捨てたところが岡田の新しい発想だった。沢島は時代劇映画、特にひばり映画の巨匠として名を馳せており、自身もまた低迷期を迎えていた。主演の鶴田浩二も岡田と俊藤浩滋の招聘により東映に移籍してからは、かつてのような大ヒットに恵まれず、やはり低迷していた。一方、相方の佐久間良子も東映看板女優としての美貌を誇りながら、清純派から演技派への脱皮を果たせずに思い悩んでいた。人生劇場 飛車角 フレッシュアイペディアより)

  • 博徒シリーズ

    博徒シリーズから見た高倉健高倉健

    『人生劇場 飛車角』シリーズで人気を得た鶴田浩二が、本シリーズで任侠スターのイメージを確立した。また任侠映画で一時代を築いた岡田茂と俊藤浩滋プロデューサーが天下無敵のコンビ(俊藤曰く)を組んだ最初の作品が本シリーズである。前年の『人生劇場 飛車角』シリーズとこの「博徒シリーズ」とほぼ同時期に平行して製作された高倉健主演の「日本侠客伝シリーズ」と共に東映のやくざ映画任侠路線を決定付けた。小沢茂弘監督による初期の典型的な任侠スタイル、深作欣二、佐藤純彌監督による後期のドライな現代任侠スタイルに二つに大別される。博徒シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • チロルの挽歌

    チロルの挽歌から見た高倉健高倉健

    『チロルの挽歌』(チロルのばんか)は、NHK総合テレビで1992年4月11日・18日に放送された山田太一脚本 / 高倉健・大原麗子ダブル主演のドラマ。第29回ギャラクシー賞奨励賞、前編は第32回日本テレビ技術賞(録音)を受賞するなど高く評価された。チロルの挽歌 フレッシュアイペディアより)

  • 健康家族 (通信販売)

    健康家族 (通信販売)から見た高倉健高倉健

    高倉健出演の農場CMで話題になる。仙寿の水NEOのインフォマーシャル、「♪うがい、手洗い、にんにく卵黄」や黒酢ちゃん・にんにくくんバージョンのCMも知られている。健康家族 (通信販売) フレッシュアイペディアより)

  • 松尾泰伸

    松尾泰伸から見た高倉健高倉健

    '06 高倉健主演・チャン・イーモウ監督 「単騎・千里を走る」プロモーション映像作品『心の旅』(東宝DVD)松尾泰伸 フレッシュアイペディアより)

  • ギャングキング

    ギャングキングから見た高倉健高倉健

    バラ学工業科の1年生(11巻より2年生)。名前の元ネタは高倉健と菅原文太。ギャングキング フレッシュアイペディアより)

  • 単騎、千里を走る。

    単騎、千里を走る。から見た高倉健高倉健

    監督は中国編を張芸謀(チャン・イーモウ)、日本編は降旗康男が務めた。主演は高倉健単騎、千里を走る。 フレッシュアイペディアより)

  • 網走番外地 北海篇

    網走番外地 北海篇から見た高倉健高倉健

    『網走番外地 北海篇』(あばしりばんがいち ほっかいへん)は、1965年の日本映画。主演:高倉健、監督:石井輝男、製作:東映。1965年度の配給収入第2位。網走番外地 北海篇 フレッシュアイペディアより)

  • 在日認定

    在日認定から見た高倉健高倉健

    在日韓国人経済学者の朴一は、「『えっ、高倉健が在日?』あの人は日本人の代名詞みたいな人ですよね。高倉健と聞いたら日本人というイメージがあるんですが、もし高倉健が在日朝鮮人だとしたら、おそらくHタイプでしょう。私は本当かどうか知りませんよ。そういう噂はどこからとなく流れてきますよね。私も昔、大学へ入ったとき、『アラン・ドロンは在日朝鮮人よ』と先輩から聞きましたが。そういうのって好きですから、どこまでホンマかウソかわからないですが、そこら辺はあまり突っ込まないようにしましょう」と発言している。(高倉の出自については高倉健を参照のこと)在日認定 フレッシュアイペディアより)

477件中 21 - 30件表示

「高倉健」のニューストピックワード