306件中 21 - 30件表示
  • 駅 STATION

    駅 STATIONから見た高倉健高倉健

    『駅 STATION』(えき ステーション)は、1981年に製作された高倉健主演の映画である。駅 STATION フレッシュアイペディアより)

  • 藤本賞

    藤本賞から見た高倉健高倉健

    藤本賞・特別賞:高倉健「ホタル」製作貢献藤本賞 フレッシュアイペディアより)

  • THE世界遺産

    THE世界遺産から見た高倉健高倉健

    スペシャル:高倉健(2006年4月分)※この回は2008年5月10日にTBSチャンネルで「高倉健特集」として4回分まとめて再放送。オープニングの本編始めの「Sony presents」の表示やエンディングコールでの「SONY This Program is brought to you by sony Family」もそのまま放送される。THE世界遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 張芸謀

    張芸謀から見た高倉健高倉健

    2002年、第13回福岡アジア文化賞大賞を受賞。2006年には高倉健主演の日中合作映画『単騎、千里を走る。』を監督している。2008年、北京オリンピック開会式・閉会式、北京パラリンピック開会式の演出を務めた。張芸謀 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーリボン賞 (映画)

    ブルーリボン賞 (映画)から見た高倉健高倉健

    主演男優賞 高倉健『八甲田山』、『幸福の黄色いハンカチ』ブルーリボン賞 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 日本映画

    日本映画から見た高倉健高倉健

    新作2本立ての量産体制を強行するために子供向けの連続活劇形式の短編を長編に併映する。中村錦之助、東千代之助出演の『新諸国物語 笛吹童子』シリーズ(1954年・三部作)、中村錦之助、東千代之助出演の『新諸国物語 紅孔雀』(1954年・五部作)が子供達に圧倒的に受ける。また、市川右太衛門、片岡千恵蔵、月形龍之介、大友柳太朗出演の、大人向け時代劇も活性化。中村錦之助、大川橋蔵主演作とともに、東映は時代劇王国としての地位を築く。一方、東映現代劇からは1950年代半ばから1960年代前半にかけ江原真二郎、中原ひとみ、高倉健、佐久間良子、梅宮辰夫、三田佳子、千葉真一、大原麗子らがデビュー。今井正監督『米』『純愛物語』(1957年)などの現代劇の秀作、ヒット作も残した。また1958年10月、日本初の長編カラーアニメ映画『白蛇伝』(宮崎駿がアニメ界に入るきっかけの一つとなった作品と言われる)を公開するなど、日本アニメ映画の中興の祖としての役割、東映シネマスコープの導入で日本映画のワイド時代を招聘した役割なども特筆的である。日本映画 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和残侠伝 (1965年の映画)

    昭和残侠伝 (1965年の映画)から見た高倉健高倉健

    『昭和残侠伝』(しょうわざんきょうでん)は、1965年10月1日に公開された日本の任侠映画。監督は佐伯清、主演は高倉健、製作は東映。本作は高倉健の代表作として人気を得た昭和残侠伝シリーズの第1作である。本シリーズでの主人公の名は花田秀次郎として有名だが、本作では寺島清次となっている。なおのちに多くの映画を高倉健と共にする監督の降旗康男がこの作品で助監督をつとめている。昭和残侠伝 (1965年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 冬の華

    冬の華から見た高倉健高倉健

    『冬の華』(ふゆのはな)は、1978年(昭和53年)6月17日に公開された日本の映画。製作は東映(京都撮影所)。監督は降旗康男。脚本は倉本聰。主演は高倉健冬の華 フレッシュアイペディアより)

  • 北条氏

    北条氏から見た高倉健高倉健

    また賤ヶ岳の七本槍の平野長泰も時行の末裔を名乗り、その子孫は交代寄合をへて明治時代に男爵に任じられた。支流の名越氏からは俳優の高倉健が出ている。北条氏 フレッシュアイペディアより)

  • 演歌

    演歌から見た高倉健高倉健

    任侠物…北島三郎「兄弟仁義」、高倉健「唐獅子牡丹」など(股旅物に近いが、股旅物は軽快、任侠物は重厚な曲調が多い)。演歌 フレッシュアイペディアより)

306件中 21 - 30件表示

「高倉健」のニューストピックワード