477件中 31 - 40件表示
  • ヤクザ映画

    ヤクザ映画から見た高倉健高倉健

    「やくざ映画」という呼称が一般化したのは、その東映の岡田茂(のち同社社長)が1963年に鶴田浩二主演でプロデュースした『人生劇場 飛車角』を大ヒットさせてからである。翌1964年には初の本格的ヤクザ映画『博徒』(鶴田主演)も生まれ、同時期から高倉健主演『日本侠客伝』も大ヒットし、これらをシリーズ化、不振の時代劇から方針転換してヤクザ映画を量産し始めた。その数が急増するにつれて、東映自ら一連の企画を「やくざ路線」と呼称しはじめた。この「やくざ路線」的な企画が他社にも波及しはじめたとき、ジャーナリズムがそれらを一括して「やくざ映画」と呼びはじめたのである。明治から昭和初期までの時代の侠客を主人公として映画が作られたことはそれまでにもないではないが、それがかくも大量に作られはじめたのは日本映画史上、はじめてのことであった。「やくざ映画」という呼称は、最初は戦前派侠客の映画を指していた。しかし一度この名称が成立すると、それはやくざ者を主人公とするあらゆる映画への適用範囲を広げ、以前は「股旅映画」と呼ばれていた類の時代劇から、戦後を背景としたギャング映画や不良少年映画までも「やくざ映画」と呼ばれるようになったのが1970年頃の状況だった。今日東映を中心とした1960年代の「やくざ映画」は「任侠映画」と呼ばれることが多いが「任侠映画」という呼称は1970年前後の文献に見られる。東映は1960年代半ばから京都撮影所のリストラを進め、従来型の時代劇はテレビ用に制作、映画館用には本格ヤクザ映画を作り、観客動員No.1に返り咲き、興行的にも成功した。ヤクザ映画 フレッシュアイペディアより)

  • 青春の門

    青春の門から見た高倉健高倉健

    東宝版の自立編公開から2年経った1979年10月になって、東宝の前二作に不満を持つ五木寛之が、東宝で製作されなかった第3部「放浪篇」を東映での製作を希望し、五木と岡田茂東映社長とで話し合いが持たれ、シリーズものでは異例の他社移行が決まった。岡田は「五木氏は『青春の門』はライフワークだといっており、映画化にも強い関心を寄せている。今回東映での製作希望があったのでウチでやることになった。前二作に負けない魅力あるスタッフ、キャストで質的にもすぐれた娯楽作品を作りたい。主人公の信介、織江役を東宝作品とは違う若手スターの起用を考えている。脚本には笠原和夫を予定。1981年の正月公開を予定している」などと話した。このとき五木の希望通り、第3部「放浪篇」を製作すれば良かったのだが、東映は改めて第1部から第3部までを一本にまとめて製作することで両者が了解点に達した。前作からまだ数年しか経っておらずリメイクには早過ぎ、これがまたも第3部は作られないという運命を辿る。高岩淡企画製作部長は「『人生劇場』だって何本も作られているし、全く新しい東映調の『青春の門』を作り上げる。元々、五木さんは高倉健と藤純子をイメージして小説を書かれたそうだし、そうした意味からも東映で製作されてしかるべきものなのだ。もちろん二人には出演依頼をするつもりでいる」と話した。青春の門 フレッシュアイペディアより)

  • ゴルゴ13 (1973年の映画)

    ゴルゴ13 (1973年の映画)から見た高倉健高倉健

    『ゴルゴ13』は、1973年の日本・イラン合作映画。主演は高倉健。製作は東映とSOCIÉTÉ ANONYME CINÉMATOGRAPHIQUE IRAN。ゴルゴ13 (1973年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • エランドール賞

    エランドール賞から見た高倉健高倉健

    新人賞 - 池内淳子、石原裕次郎、川口浩、草薙幸二郎、白川由美、杉田弘子、高倉健エランドール賞 フレッシュアイペディアより)

  • あゝ決戦航空隊

    あゝ決戦航空隊から見た高倉健高倉健

    当時の映画会社には困った時の特攻隊という風潮があり、特攻隊の話は、戦後の"忠臣蔵現代劇版"とも言え、オールスターで役者が揃い、悲壮美もあってお客に受ける、「実録シリーズ」真最中の東映では必然的に挙がってきた企画であった。また東映の幹部・岡田茂社長や俊藤浩滋、高岩淡らは戦争映画が好きで、東映は古くからコンスタントに戦争映画を作ってきた。脚本の笠原和夫は「仁義なき戦い」シリーズ執筆前の1972年に「海軍特別攻撃隊」という本作と同じ題材の特攻隊映画を書いていて、小沢茂弘を監督に高倉健主演で製作を予定していたが、高倉が鶴田浩二との共演を渋り企画が流れた。1974年になってスタッフのクレジットに名前のない当時の東映京都撮影所長・高岩淡が、草柳大蔵原作『特攻の思想』を渡邊達人に渡し、渡邊が笠原にこれを原作として脚本を書いてくれないかと頼んだ。笠原は当時『実録共産党』(→映画化されず)を書いていて、一人だと難しいと野上龍雄に助っ人を頼み、本作の脚本を引き受けた。ただ野上は戦争関連はあまり詳しくないので大半は笠原が書いた。笠原脚本は『特攻の思想』で描かれた大西瀧治郎像を踏襲している。本作は笠原が手掛けた最初の戦争映画脚本である。東宝も1972年の『海軍特別年少兵』で一旦休止した「東宝8.15シリーズ」を1974年に復活させる動きがあり、『坂の上の雲』と共に候補に挙がっていたのが『海軍機動部隊』と仮タイトルが付けられた本作と同様、大西瀧治郎を主人公とする企画で、こちらは大西が海軍機動部隊を創設し、真珠湾攻撃に成果を収めるまでを描き、特撮にウェイトを置く内容とされたがは製作されなかった。あゝ決戦航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 猪本健太郎

    猪本健太郎から見た高倉健高倉健

    高倉健のファンで、ソフトバンク時代の登場曲には、高倉の歌唱による「唐獅子牡丹」や「男なら」を用いていた。ロッテへの入団後は、「(試合で打席へ登場するたびに上記の曲のような)演歌を流していたら(同球団の本拠地がある)関東の人が違和感を持つかも知れない」という理由で、登場曲を湘南乃風の「BIG UP」に変更した。猪本健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 翔んだカップル

    翔んだカップルから見た高倉健高倉健

    薬師丸が帰ると残った相米監督と伊地智の二人は山葉圭役に薬師丸をキャスティングすることで意見が一致した。当初、薬師丸は出演を固辞していたが、高倉健からのアドバイスもあり、最終的には出演を了承した。角川書店原作の角川映画で初主演すると思われていた薬師丸が、キティ・フィルムで初主演することになった。翔んだカップル フレッシュアイペディアより)

  • 博奕打ち 総長賭博

    博奕打ち 総長賭博から見た高倉健高倉健

    沢島忠監督『人生劇場 飛車角』(1963年)に始まる東映ヤクザ映画は、以後5年の内に東映のドル箱路線となり多くの作品が矢継ぎ早に量産された。鶴田浩二主演『明治侠客伝 三代目襲名』、高倉健主演『日本侠客伝』シリーズ、北島三郎主演『兄弟仁義』シリーズなどの傑作を放ち、沢島、小沢茂弘、マキノ雅弘、加藤泰、山下耕作ら名監督も辣腕を振るっていた。そんな中で1967年、鶴田を東映に招いたプロデューサー俊藤浩滋の発案により『博奕打ち』シリーズがスタートする。これは鶴田を博奕打ちに据えた連作で、各作品の内容には連続性がないものではあるが、その4作目として制作されたのがこの『博奕打ち 総長賭博』である。博奕打ち 総長賭博 フレッシュアイペディアより)

  • カミカゼ野郎 真昼の決斗

    カミカゼ野郎 真昼の決斗から見た高倉健高倉健

    太平洋戦争中に隠匿された200億円のダイヤモンドをめぐり様々な人物が入り乱れ、日本と中華民国(台湾)の両国にまたがる争奪戦に巻き込まれた青年パイロットが、正体不明の敵と追いつ追われつ、時に窮地に追い込まれながら、謎を解明する冒険活劇。主人公のパイロット・御手洗(みたらい)健に千葉真一が扮し、敵への跳び蹴り・カーチェイス・崖を天然のマットにして前転・モーターボートでの逃走・後述のケガしたアクション・離陸しようとする軽飛行機の翼に飛びつくなど陸海空を暴れまわるが、これらのスタントを吹き替え無しでスピーディにこなし、追走劇であることから軽快な走りも披露している。深作欣二は御手洗健を1961年の映画『風来坊探偵シリーズ』と『ファンキーハットの快男児シリーズ』の主人公を足して2で割ったような、明朗闊達・身体強健・行動力はあるもののコミカルなキャラクターにし、ユーモアあふれる主人公にした。サングラスを掛けた複数の男たちによる謎が謎を呼び、二転三転していく展開から結末にどんでん返しのあるストーリーは、アクション・サスペンス・冒険・ミステリがふんだんに盛り込まれ、1968年から始まるテレビドラマ『キイハンター』の原点とも言える内容に仕上げられている。主な脇役としてヒロインには台湾の女優・白蘭が御手洗健と共に事件を追う美人記者・香蘭を演じ、健と関わる謎の男・黒木史男に高倉健を配している。千葉真一が主演で高倉が助演という初めての映画であり、千葉・高倉・深作は東映所属でいながら、別会社の映画製作に参加した稀有な作品でもある。特に当時の深作は創りたい映画を東映になかなか認めてもらえず、本作は東映に籍を置きながら別会社で監督をする先駆けの作品となった。カミカゼ野郎 真昼の決斗 フレッシュアイペディアより)

  • 網走番外地

    網走番外地から見た高倉健高倉健

    『網走番外地』(あばしりばんがいち)は、伊藤一の小説。作者が網走刑務所で服役した経験をもとにして書かれ、1956年に出版された。1959年には日活で映画化され、1965年からは東映で高倉健主演による映画シリーズ化がなされ、18作が制作された。網走番外地 フレッシュアイペディアより)

477件中 31 - 40件表示

「高倉健」のニューストピックワード