306件中 31 - 40件表示
  • 南極物語

    南極物語から見た高倉健高倉健

    潮田暁(高倉健):第1次・第3次越冬隊員。有能な地質学者。犬係を務める。南極滞在時にボツンヌーテンへの旅に出るが、その復路に犬や越智らとともに遭難しそうになる。犬たちを非常に大切に思っており、犬が置き去りにされそうになったときは必死に阻止しようとした。帰国後、世間の非難とバッシングに晒されるが、一切弁明せずに耐える。北海道大学講師の職を辞し、樺太犬の提供者への謝罪の旅に出る。南極物語 フレッシュアイペディアより)

  • ゴルゴ13

    ゴルゴ13から見た高倉健高倉健

    作者のさいとう・たかをによれば、連載当初のゴルゴ13の容姿のモデルは映画版にも主演した高倉健とされている。連載開始当初はゴルゴ自身の台詞を多く記載していたが、さいとう曰く「主人公があれこれ喋ると面白みに欠けるように感じてきた。しかし、ストーリーにまつわる説明の台詞を欠かすわけにはいかないので、いろいろと考えた結果、依頼人などゴルゴ以外の登場人物に喋らせればいいと思いついた」(NHK-BS「マンガノゲンバ」出演時のインタビューより要約)というアイデアにより、ゴルゴの台詞は減っていき、現在のような寡黙なキャラクターになった。ゴルゴ13 フレッシュアイペディアより)

  • 石倉三郎

    石倉三郎から見た高倉健高倉健

    石倉 三郎(いしくら さぶろう、1946年12月16日 - )は、日本の俳優・コメディアン・タレント。本名は石原 三郎(いしはら さぶろう)。高倉健から倉の一字をもらって芸名とした。石倉三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 田中邦衛

    田中邦衛から見た高倉健高倉健

    1965年(昭和40年)に出演したフジテレビのドラマ『若者たち』は映画化もされ、第22回の毎日映画コンクール男優主演賞を受賞した。ヤクザ映画では同年からスタートした『網走番外地』シリーズで高倉健演じる主人公を慕う舎弟をコミカルに演じ、1973年(昭和48年)から始まった『仁義なき戦い』シリーズでは、それまでのイメージを一新する姑息で狡賢いヤクザ・槙原政吉を演じた。シリーズ全5部に同役で出演し続けたのは、菅原文太、金子信雄と田中だけである。田中邦衛 フレッシュアイペディアより)

  • 江利チエミ

    江利チエミから見た高倉健高倉健

    1959年(昭和34年)、ゲスト出演した東映映画での共演が縁で高倉健と結婚、家庭に入るものの、1960年(昭和35年)に本格的に復帰。高倉とは義姉(異父姉)による横領事件(後述)などがあって1971年(昭和46年)にチエミ側から離婚を申し入れることに。チエミは数年かけて数億に及んだ借財と抵当にとられた実家などを取り戻す。江利チエミ フレッシュアイペディアより)

  • 単騎、千里を走る。

    単騎、千里を走る。から見た高倉健高倉健

    監督は中国編を張芸謀(チャン・イーモウ)、日本編を降旗康男が務める。主演は高倉健単騎、千里を走る。 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市

    北九州市から見た高倉健高倉健

    網走番外地 悪への挑戦 - 1967年 (出演:高倉健、嵐寛寿郎、真理明美 他)北九州市 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た高倉健高倉健

    角川映画『野性の証明』のヒロイン「長井頼子」役オーディションに合格、高倉健と共演。TVCMなどで流された「お父さん怖いよ」のセリフが話題になる。以後、『翔んだカップル(キティ・フィルム)』『ねらわれた学園』『セーラー服と機関銃』『探偵物語』などに出演。『セーラー服と機関銃』の中で機関銃を乱射するシーンで有名な「カ・イ・カ・ン」のセリフは薬師丸のアドリブである。ちなみにこのシーンで割れた瓶の破片が薬師丸の頬(目のすぐ下)に当たり少し出血してしまうハプニングが起きるが、気丈にも演技を続けそのまま映画の本編で使われている。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴田浩二

    鶴田浩二から見た高倉健高倉健

    1963年、『人生劇場 飛車角』に主演し大ヒットさせる。ここから世に言う任侠映画ブームが始まる。時代劇の東映といわれた同社だが時代劇では客が入らなくなっており、多くの俳優、監督、スタッフを解雇せねばならぬほど社は傾いていた。この大ヒットを機にヤクザ映画会社に変貌を遂げ、成功。鶴田も任侠路線のトップスターとして高倉健とともに多くのやくざ映画に出演。本職も唸らすその男の情念は熱狂的な支持を得た。テレビの普及で他社の映画館に閑古鳥が鳴く中、多くの観衆を集め続けた。「人生劇場シリーズ」、「博徒シリーズ」、『明治侠客伝 三代目襲名』、「関東シリーズ」、「博奕打ちシリーズ」、『人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊』、オールスターの「列伝シリーズ」の主演は特に有名。鶴田浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 木立じゅん

    木立じゅんから見た高倉健高倉健

    1968年(昭和43年)、22歳になる年に『484のブルース』でテイチクレコードからレコードデビューした。同シングルがヒットしたため、同年はシングルが連発され、いずれも「任侠もの」であった。『484のブルース』は、札幌刑務所を歌った楽曲で、高倉健の『網走番外地』(1965年)同様、「放送禁止歌」とされた。『484のブルース』は、やがて木立のライフワークとなる。木立じゅん フレッシュアイペディアより)

306件中 31 - 40件表示