477件中 51 - 60件表示
  • 演歌

    演歌から見た高倉健高倉健

    任侠物…北島三郎「兄弟仁義」、高倉健「唐獅子牡丹」など(股旅物に近いが、股旅物は軽快、任侠物は重厚な曲調が多い)。演歌 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の首領

    日本の首領から見た高倉健高倉健

    日下部は田岡一雄をモデルとする組長役を鶴田浩二で、地道行雄をモデルとする若頭役を高倉健で構想し俊藤に頭を下げて頼むと「まかせておけ」と応えてもらえたが、高倉の出演がなかなか正式に決まらず。何度も念押したが結局ダメになった。高倉は1976年に東映を退社し俊藤の手に負えなくなっており、ヤクザ映画を嫌がっていた。やむなく鶴田を若頭にして組長役は最初は三國連太郎の名前が挙がり、監督の中島貞夫が頼みに行ったがけんもほろろに断られた。すると佐分利信はどうかというアイデアを俊藤が出した。佐分利はヤクザ映画とは結びつかない大物俳優で「やらないんじゃないか」と予想されたが、日下部が直接佐分利と交渉し、佐分利はマネージャーも兼務していてギャラ300万円で承諾した。中島貞夫の著書やインタビューでは最終的に中島と佐分利が会って長く話し、佐分利が出演を承諾したと話している。佐分利の抜擢には俊藤が晩年までそれを自慢していたといわれる。鶴田は実録路線に批判的な意見を公言して、一切実録映画に出ていなかったが、1974年の『あゝ決戦航空隊』以来3年ぶりに映画出演した。中島と鶴田は1969年の『日本暗殺秘録』で天皇制の解釈を巡って揉め、以後10年の間撮影所で逢っても頭も下げない仲であったが俊藤の仲裁で仲直りした。完全にそれまでのわだかまりは解け、佐分利の扱いに苦しむ中島の擁護に回ってくれた。鶴田は敵の多い人物だったが、一度懐に飛び込むと非常に面倒見のいい人だったという。鶴田の命令通り動く非情冷酷な殺し屋に千葉真一。組織悪を知るインテリやくざに松方弘樹。鶴田の女房役には、佐分利の新興成金家庭と対比的な下世話な女房にするため市原悦子がキャスティングされた。麻薬に走り、色情に溺れてヤケになる佐分利の娘役にシンガーソングライターの絵夢が抜擢されている。日本の首領 フレッシュアイペディアより)

  • 人生劇場

    人生劇場から見た高倉健高倉健

    宮川健:高倉健(第1作)人生劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 江利チエミ

    江利チエミから見た高倉健高倉健

    1959年(昭和34年)、ゲスト出演した東映映画での共演が縁で高倉健と結婚、家庭に入るものの、1960年(昭和35年)に本格的に復帰。高倉と結婚した3年後の1962年、チエミは妊娠し子供を授かるが重度の妊娠高血圧症候群(この当時は「妊娠中毒症」と呼ばれていた)を発症し、中絶を余儀なくされ子宝には恵まれなかった。江利チエミ フレッシュアイペディアより)

  • 加藤登紀子

    加藤登紀子から見た高倉健高倉健

    1983年の映画『居酒屋兆治』で高倉健の妻役、1986年のテレビドラマ『深夜にようこそ』では千葉真一の妻役で共演した。加藤登紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 東映ニューフェイス

    東映ニューフェイスから見た高倉健高倉健

    『東映ニューフェイス』(とうえいニューフェイス)は、日本のオーディション。映画会社・東映が1950年代から1960年代にかけ、新たな俳優を発掘するために開催していた。海外でも認知されている高倉健・千葉真一をはじめ、芸能界で活躍する俳優を輩出してきた。東映ニューフェイス フレッシュアイペディアより)

  • 中井貴一

    中井貴一から見た高倉健高倉健

    小林桂樹、高倉健、菅原文太を尊敬している。中井貴一 フレッシュアイペディアより)

  • 美空ひばり

    美空ひばりから見た高倉健高倉健

    1958年4月1日、山口組三代目・田岡一雄が正式に神戸芸能社の看板を掲げた。同年4月、美空ひばりは神戸芸能社の専属となり、同年6月にはひばりプロダクションを設立して副社長に田岡一雄が就任した。同年7月、東映と映画出演の専属契約を結んだ。『ひばり捕物帳』シリーズや『べらんめえ芸者』シリーズ、『ひばりの佐渡情話』(1962年)など続々ヒット映画にも恵まれた。1960年から始まった『べらんめえ芸者』シリーズでは二作目以降、岡田茂に頼まれ、高倉健を相手役として迎えた。東映と専属契約を結んだ1958年から1963年の間、多くの時代劇、チャンバラ映画に主演し、東映時代劇の黄金期を支え、歌手であると同時に映画界の銀幕のスターとしての人気を得た。岡田茂は「美空ひばりは東映の女優の中で、会社にとって最も重要な役割を果たした」と述べている。今日、映画女優としての側面に必ずしも多くの光が当たっているとはいい難いが、生涯で150本を超える映画に出演し、そのほとんどが主演という、戦後を代表する映画女優であった。美空ひばり フレッシュアイペディアより)

  • 渡哲也

    渡哲也から見た高倉健高倉健

    1974年(昭和49年)、再び映画各社の間で激しい争奪戦が起こり、特に弟・恒彦をスカウトした岡田茂東映社長(当時)が「高倉健の次の東映の看板スターにしたい」と熱心に誘い、渡自身も「アクション映画をやりたい、自分のキャラクターを活かしてくれるのは東映を置いて他にない」と強く東映入りを希望したため1975年(昭和50年)に渡は東映入りの報道もされた。当時の東映は俊藤浩滋が高倉らを伴い独立しようとしたお家騒動があった。元々、1973年の『仁義なき戦い』で菅原文太をスターダムに押し上げた広能昌三役も最初にキャスティングされたのは渡であったが、この時期、渡は体調が優れず実現に至らなかった。1974年暮れ『脱獄広島殺人囚』、「新仁義なき戦いシリーズ」とも渡は出演要請を受けたが諸問題で断り1975年2月、東映実録ヤクザ路線の極北といわれる『仁義の墓場』でようやく東映初出演、初主演した。同作公開後、岡田社長は「今年はわが陣営に引き込んだ渡哲也君の"渡路線"を確立することだ」とぶち上げ、この年4月の『大脱獄』で高倉健と、5月の『県警対組織暴力』で菅原文太と競演させ、6月の『スーパー・アクション/強奪』(『資金源強奪』として映画化)と8月の『日本暴力列島・北九州電撃戦』(映画化されず)で主演させ、"東映スター渡"をイメージ付けようとしたが『仁義の墓場』撮影後、再び病に倒れ渡は結局東映と専属契約を結ばず。先の『大脱獄』は、最初は高倉健、渡哲也、五木ひろしの三大共演を予定していたが、五木がギャラ問題で降り、代わりに抜擢されたのが菅原文太で、高倉、渡、菅原という三大共演の可能性もあり、実際に三人の名前の書かれたポスターも製作された。渡が入院したため三大共演はおろか、渡と高倉、渡と菅原の共演も永遠に実現することはなかった。この1975年は、東宝系の芸苑社製作で今井正監督の水上勉原作『その橋まで』の映画化の主演も受けていたがこれも流れた。入院は延べ2年半に及んだ。病み上がりで撮影中に体調が急激に悪化した『仁義の墓場』は点滴を打ちながら演じる渡の負のエネルギーが、石川力夫の怨念が乗り移ったかのような迫力を持ち評価が高い。キネマ旬報「オールタイムベスト・ベスト100」日本映画編(1999年版)では、日本映画歴代38位に選出されている。1976年(昭和51年)『やくざの墓場 くちなしの花』の主演でブルーリボン賞主演男優賞を獲得。渡はこの後石原プロのテレビドラマに専念するため映画出演は一時的に撤退した。その後1996年、やはり岡田茂東映会長(当時)に促され『わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語』の宮沢賢治の父・政次郎役で20年ぶりに映画界に本格復帰した。本作でこの年の各映画賞助演男優賞を独占している。渡哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た高倉健高倉健

    2014年11月13日に定期健診で病院を訪れてそのまま入院、入院中に高倉健(2014年11月10日没)の死去を知り、『健さん、東映、映画のことは時間を置いて自分で(思いを)書きます』と関係者に伝えていたという。しかし11月28日午前3時、転移性肝がんによる肝不全により東京都内の病院で死去(永眠)した。満81歳没(享年82)。晩年は山梨県北杜市に住んでおり、11月30日に福岡県太宰府市の太宰府天満宮祖霊殿で家族葬を行った。12月1日、菅原文太の死去を発表するに際して妻が東映を通じてコメントを発表した。高倉と共に東映任侠映画の二巨頭として、ブームの立役者であった菅原も高倉の後を追うかのように鬼籍に入った。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

477件中 51 - 60件表示

「高倉健」のニューストピックワード