477件中 71 - 80件表示
  • 梶野悳三

    梶野悳三から見た高倉健高倉健

    新潟県生まれ。本名・正義。別名義に梶野千万騎。1946年「鰊漁場」(『大衆文芸』1947年6月号)で大衆雑誌懇話会賞を受賞。1950年「金剛童子」で直木賞候補、1952年「防波堤」で同候補。「鰊漁場」は「ジャコ万と鉄」として1949年谷口千吉監督、三船敏郎、月形龍之介主演、1964年にも深作欣二監督、高倉健、丹波哲郎主演で再映画化され、小説も改題された。北海道を舞台に鰊漁に賭ける漁師、柔道など荒くれ男たちを描いた。梶野悳三 フレッシュアイペディアより)

  • 福島通人

    福島通人から見た高倉健高倉健

    1947年に横浜国際劇場がオープンすると、その支配人となり美空ひばりと出会う。1949年のひばり出演映画『のど自慢狂時代』、『踊る龍宮城』および主題歌の『河童ブギウギ』、『悲しき口笛』のプロデュースにかかわる。1950年には妻の母校・精華学園に美空ひばりを入学させ、1951年には新芸術プロダクションを設立して社長になり、1952年には歌舞伎座では女性初となるリサイタルを企画。さらに『テネシーワルツ』でデビューした江利チエミ、雪村いづみと美空ひばりを加え三人娘を結成し、ジャンケン娘として売り出した。歌舞伎座から中村錦之助、大川橋蔵を引き抜き、東映で活躍した。また、新芸プロに入社面接に来た高倉健を東映俳優にしている。その後はクラウンレコードの設立に携わった。福島通人 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和任侠伝

    昭和任侠伝から見た高倉健高倉健

    桂音也が1970年代初めに創作した新作落語。当時人気のあった、高倉健、鶴田浩二、藤純子(現:富司純子)らが主演した東映任侠映画のパロディが散りばめられた噺。昭和任侠伝 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池徹

    菊池徹から見た高倉健高倉健

    1981年に、映画『南極物語』の実現に、映画会社の消極的態度にも関わらず、最重要登場人物のモデルでもある菊池徹は、20億円ほどの資金調達で、カナダのドッグフード社『ピューリナ』と交渉したり、また撮影場所を危険な南極からカナダ領北極に移すなどのアドバイスを行う。後に、フジテレビなどの企業が協力し、『南極物語』製作実現の後、1983年7月、全国でロードショーが実現となる。なお、菊池徹の役を、人名を変えて、高倉健が演じることとなる。菊池徹は、肖像権の問題で登場人物の名前が変えられていることに対し、苦情を呈している。菊池徹 フレッシュアイペディアより)

  • 近内仁子

    近内仁子から見た高倉健高倉健

    富士通 「FMV」(1994年) 高倉健と共演近内仁子 フレッシュアイペディアより)

  • 484のブルース

    484のブルースから見た高倉健高倉健

    タイトルの「484」とは、札幌刑務所の所在地「苗穂町484番地」(現札幌市東区東苗穂2-1-5)の番地を指す数字であり、歌詞内容は、札幌の伝説の無頼・「雁来のバラ」こと荏原哲夫(1924年 - 1956年)を歌ったものであった。同曲はヒットを収めたが、高倉健の楽曲『網走番外地』(1965年)同様、民放連から「放送禁止歌」としての扱いを受けた。また、木立版シングルレコードのカップリング曲『無情の薔薇』も、テイチクで石原裕次郎の楽曲を多く手がけた作詞家の猪又良と作曲家の上原賢六の楽曲であったが、同作も、荏原の生涯をテーマにした楽曲であった。484のブルース フレッシュアイペディアより)

  • 小田剛一

    小田剛一から見た高倉健高倉健

    小田剛一 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤安代

    斉藤安代から見た高倉健高倉健

    『獣の通る道』 : 監督関川秀雄、主演高倉健、製作東映東京撮影所、配給東映、1959年2月24日公開斉藤安代 フレッシュアイペディアより)

  • ジム・イシダ

    ジム・イシダから見た高倉健高倉健

    また1989年の『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』では、未来のマクフライを罵倒する“イトー・フジツー”を演じた。それからも高倉健ら主演の『ブラック・レイン』や『プレデター2』などへの話題作へ出演して日系人俳優としての地位を確立した。スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演の『ターミナル』では、劇中に登場する吉野家のマネージャーを演じた。ジム・イシダ名義とジェームズ・イシダ名義の両方で出演しているため、作品によってはどちらかの名前でクレジットされている。ジム・イシダ フレッシュアイペディアより)

  • 前科ありの女たち

    前科ありの女たちから見た高倉健高倉健

    『前科ありの女たち』(まえありのおんなたち)は、2014年11月28日にフジテレビ系列「赤と黒のゲキジョー」で放送されたテレビドラマ。元々は、前週の11月21日に放送予定だったが、高倉健の死去に伴い『南極物語』が追悼番組として放送されたため、順延となった。前科ありの女たち フレッシュアイペディアより)

477件中 71 - 80件表示

「高倉健」のニューストピックワード