306件中 71 - 80件表示
  • 1999年の映画

    1999年の映画から見た高倉健高倉健

    最優秀主演男優賞 - 高倉健(『鉄道員(ぽっぽや)』)1999年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • 花田春吉なんでもやります

    花田春吉なんでもやりますから見た高倉健高倉健

    32歳。食堂・お茶の間の2階で何でも屋・花田サービスを経営している。幼い頃に母親に家出され、炭鉱夫であった父親を亡くし、子供時代から散々な苦労を味わっている。無頼を気取っていた自分のせいで妻を亡くしたと責めており、息子の浩には負い目を感じている。純情な性格でしつけに厳しく、他人の子供のためにも努力を惜しまない。武田と同様に、高倉健のファンであり、居間には高倉のポスターが張られている。花田春吉なんでもやります フレッシュアイペディアより)

  • これから 海辺の旅人たち

    これから 海辺の旅人たちから見た高倉健高倉健

    『これから 海辺の旅人たち』(これから うみべのたびびとたち)は、フジテレビ系の金曜エンタテイメントで、1993年5月21日に放送された高倉健主演のテレビドラマ。これから 海辺の旅人たち フレッシュアイペディアより)

  • 国分健二

    国分健二から見た高倉健高倉健

    若倉健 高倉健のものまね主体。国分健二 フレッシュアイペディアより)

  • 生中継 ふるさと一番!

    生中継 ふるさと一番!から見た高倉健高倉健

    高倉健から倉の一字をもらった芸名であるため、時折挨拶の際に「高倉健です。」というお約束があった。生中継 ふるさと一番! フレッシュアイペディアより)

  • ひょうきんスター誕生

    ひょうきんスター誕生から見た高倉健高倉健

    藤本義一(松尾貴史)、高倉健(ビートたけし)、板東英二(太平シロー)、桂三枝(太平サブロー)、谷村新司(島崎俊郎)ひょうきんスター誕生 フレッシュアイペディアより)

  • コウタ

    コウタから見た高倉健高倉健

    ところが、コウタがこの映画化の話を船原に持ち込む前に、コウタのパートナーだったK.K.が大よそのプロットを米ユニバーサルのあるプロデューサーに書簡で送付していたことが数ヵ月後に判明。そのプロデューサーが問題の映画を取り仕切っていた。しかし船原やコウタのもとには何の断りもなかったのだった。ちなみに1992年に公開されたその問題の映画のタイトルは『ミスター・ベースボール』。主役の外国人選手はトム・セレックが演じた。高倉健200本目の映画作品だった。コウタ フレッシュアイペディアより)

  • 標津線

    標津線から見た高倉健高倉健

    主演の高倉健が演ずる田島耕作が殺害した罪で警察から逃れている(倍賞千恵子演じる風見家に酪農の作業員として居候している合間に)時に、田島の兄(鈴木瑞穂)に会う場面があるが、それが当時の上武佐駅である。先に到着した兄が駅前で、家の前を箒ではいていた地元の人に「あのぅ。この駅前に食事ができるところがありませんか」と尋ねるシーンがある(結局店は無く、駅舎内で弟と話をする)。標津線 フレッシュアイペディアより)

  • モンモンモン

    モンモンモンから見た高倉健高倉健

    モンモンの弟。3月3日生まれの4歳。よだれかけと帽子がトレードマーク。モンモンより2歳年下だが兄よりしっかりしている。物語当初は幼さゆえにすぐ泣いてしまうシーンも見られたがストーリーの進行と同時にその弱さも克服していく。長く兄と二人っきりで生きてきたため兄への信頼は強く同時に非常に兄想いでもある。最終回で死亡したモンモンに代わり、原崎山の四代目総長となる。みどりのマキバオーにも登場する。名前は高倉健の「健」と菅原文太の「太」からとったそうだが、漢字表記は「悶着」。ポチョムキン人形を大事にしている。チョコクリスピーが好物。モンモンモン フレッシュアイペディアより)

  • 水口晴幸

    水口晴幸から見た高倉健高倉健

    「新幹線大爆破」 クールス名義(高倉健主演1975年)水口晴幸 フレッシュアイペディアより)

306件中 71 - 80件表示