306件中 81 - 90件表示
  • 佐藤一夫 (国立市長)

    佐藤一夫 (国立市長)から見た高倉健高倉健

    山口瞳のエッセイ「男性自身」の中にたびたび登場する「市役所のガマさん」のモデルになっている。国立を舞台に撮影された山口瞳原作、高倉健主演の映画「居酒屋兆治」には、居酒屋のシーンにエキストラで出演した。佐藤一夫 (国立市長) フレッシュアイペディアより)

  • 福島通人

    福島通人から見た高倉健高倉健

    1947年に横浜国際劇場がオープンすると、その支配人となり美空ひばりと出会う。1949年のひばり出演映画『のど自慢狂時代』、『踊る龍宮城』および主題歌の『河童ブギウギ』、『悲しい口笛』のプロデュースにかかわる。1950年には妻の母校・精華学園に美空ひばりを入学させ、1951年には新芸術プロダクションを設立して社長になり、1952年には歌舞伎座では女性初となるリサイタルを企画。さらに『テネシーワルツ』でデビューした江利チエミ、雪村いづみと美空ひばりを加え三人娘を結成し、ジャンケン娘として売り出した。歌舞伎座から中村錦之助、大川橋蔵を引き抜き、東映で活躍した。また、新芸プロに入社面接に来た高倉健を東映俳優にしている。その後はクラウンレコードの設立に携わった。福島通人 フレッシュアイペディアより)

  • 北条時章

    北条時章から見た高倉健高倉健

    8代執権北条時宗の頃、文永9年(1272年)に弟・教時が謀反を起こし、時章のもとにも追討の兵が迫り、その兵によって殺害される(二月騒動)。享年58。その後、時章は無実であったことが判明し、時章を殺害した5人は斬首に処せられ、時章の子孫は幕府の要職に取り立てられている。また、子孫に俳優の高倉健がいる。北条時章 フレッシュアイペディアより)

  • おとぎばなし-Fairy Ring-

    おとぎばなし-Fairy Ring-から見た高倉健高倉健

    1994年に高倉健&裕木奈江に提供した楽曲のセルフカヴァー、詞・曲共にさだとの共作。このアルバムでは高倉(男性)のパートをさだが、裕木(女性)のパートを中島が歌いデュエットした形となっている。この曲は男の歌(さだ)・女の歌(中島)がそれぞれ同じコード進行の別メロディーで進行し、サビで一緒になるという複雑な構成になっている。これは、当初さだ・中島で作詞・作曲のどちらかをそれぞれ分担するというオファーになっていたものを、互いに才能を認め合っているさだが「せっかく中島みゆきとやるのだから」と中島に提案し、あえて複雑な構成にしたものである。また、この二人でのセルフ・カヴァーは中島の要請によるものである。なお、さだのアルバム『古くさい恋の唄ばかり』(1996年)には、さだが自分のパートのみをセルフ・カヴァーしたバージョンが存在する。おとぎばなし-Fairy Ring- フレッシュアイペディアより)

  • 第9回NHK紅白歌合戦

    第9回NHK紅白歌合戦から見た高倉健高倉健

    当時、江利チエミと婚約していた高倉健が紅組の応援ゲストでステージに登場し、「ぜひ、紅組に勝たしてやって下さい」とスピーチした。第9回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • ニュー商工

    ニュー商工から見た高倉健高倉健

    いっぽう、同地では、1950年(昭和25年)、長野商工会館と改称、東映の設立後に長野東映商工会館となる。舞台挨拶に高倉健が登壇したこともあったという。1957年(昭和32年)の時点では、長野市内の映画館は、長野活動館、演芸館、長野映劇、相生座、千石映画劇場(現在の長野千石劇場シアター1・2)、千石小劇場(現在の長野千石劇場シアター3)、中央映画劇場(のちの長野東宝中劇、2007年閉館)、長野東劇、吉田映画劇場、長野セントラル映劇、裾花映画劇場、七瀬映劇の12館が存在した。ニュー商工 フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST 藤圭子 ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌

    GOLDEN☆BEST 藤圭子 ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌から見た高倉健高倉健

    原曲: 高倉健ほか、「圭子の網走番外地」という詞が異なる楽曲もあるGOLDEN☆BEST 藤圭子 ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本麟一

    山本麟一から見た高倉健高倉健

    特に1960年代後半以降のヤクザ映画では悪役としての持ち味を発揮し、『日本侠客伝シリーズ』や『仁義なき戦い』シリーズにおける強面のヤクザ役などを演じた。大学の後輩である高倉健からの信頼も厚く、共演作品は数多い。『昭和残侠伝 死んで貰います』では、運命に転がされるヤクザの観音熊を演じた。山本麟一 フレッシュアイペディアより)

  • 福田和彦

    福田和彦から見た高倉健高倉健

    『男の詩・高倉健 映画作品集』芳賀書店 1970福田和彦 フレッシュアイペディアより)

  • あにき

    あにきから見た高倉健高倉健

    『あにき』は1977年10月7日から1977年12月30日まで金曜ドラマの枠で放送されたTBSの連続テレビドラマ。高倉健のドラマ初主演作品。あにき フレッシュアイペディアより)

306件中 81 - 90件表示

「高倉健」のニューストピックワード