477件中 81 - 90件表示
  • 登石雋一

    登石雋一から見た高倉健高倉健

    『恋と太陽とギャング』 : 企画斉藤安代・吉田達・片桐譲、監督石井輝男、主演高倉健、製作東映東京撮影所、配給東映、1962年3月21日公開 - 進行主任、87分の上映用プリントをNFCが所蔵・2012年東映ビデオがDVD発売登石雋一 フレッシュアイペディアより)

  • B面映画

    B面映画から見た高倉健高倉健

    低予算であり、興行成績に対する責任が少ないため、観客動員実績の少ない俳優を主演にしたり、若手監督・スタッフの育成等、実験的な試みをすることができた。若い頃の高倉健や勝新太郎もなかなか人気が出なかったが、所属会社の幹部に将来性を見込まれて長くB面映画の主演俳優を務めた。B面映画 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川女系図

    徳川女系図から見た高倉健高倉健

    企画は"東映ポルノ"の仕掛け人・岡田茂プロデューサー(のち、東映社長)。岩崎栄の原作は題名だけがよいという理由で拝借しただけである。1968年当時、"任侠映画"に続く鉱脈を探していた岡田が独立プロ製作による低予算エロ映画(ピンク映画)の費用対効果の高さに目をつけ、懐刀の天尾完次プロデューサーに製作を指示、自身は石井輝男に監督要請を行った。石井は当時『網走番外地』という高倉健主演の超人気シリーズを手掛けていたが、もう飽き飽きしていて「何か別の事をやりたい」と岡田からの要請に応えた。徳川女系図 フレッシュアイペディアより)

  • こんな男でよかったら

    こんな男でよかったらから見た高倉健高倉健

    理髪店経営。高倉健に憧れている。こんな男でよかったら フレッシュアイペディアより)

  • 1・2のアッホ!!

    1・2のアッホ!!から見た高倉健高倉健

    君よ憤怒の河を渉れ(佐藤純彌監督・高倉健主演)1・2のアッホ!! フレッシュアイペディアより)

  • ふんどし刑事ケンちゃんとチャコちゃん

    ふんどし刑事ケンちゃんとチャコちゃんから見た高倉健高倉健

    鼻曲署の敏腕警部で、人間味に溢れ一見するとアダルトな渋い男だが、実はゲイ。某任侠映画の俳優と玄界灘を六尺越中褌を締めて一緒に泳げたら死んでもいいと思っている。ふんどし刑事ケンちゃんとチャコちゃん フレッシュアイペディアより)

  • テンパリスト☆ベイビーズ

    テンパリスト☆ベイビーズから見た高倉健高倉健

    角刈りで寡黙、渋い雰囲気を醸し出している。モデルは高倉健。ごっちゃんより2ヵ月年上。テンパリスト☆ベイビーズ フレッシュアイペディアより)

  • 嶋崎信房

    嶋崎信房から見た高倉健高倉健

    『小説高倉健孤高の生涯 上 (任侠編)』音羽出版 2015嶋崎信房 フレッシュアイペディアより)

  • これから 海辺の旅人たち

    これから 海辺の旅人たちから見た高倉健高倉健

    『これから ?海辺の旅人たち?』(これから うみべのたびびとたち)は、フジテレビ系の金曜エンタテイメントで、1993年5月21日に放送された高倉健主演のテレビドラマ。これから 海辺の旅人たち フレッシュアイペディアより)

  • 昭和残侠伝 血染めの唐獅子

    昭和残侠伝 血染めの唐獅子から見た高倉健高倉健

    『昭和残侠伝 血染めの唐獅子』(しょうわざんきょうでん ちぞめのからじし)は、1967年7月8日に公開された日本の任侠映画。監督はマキノ雅弘、主演は高倉健、製作は東映である。昭和残侠伝シリーズの第4作。昭和残侠伝 血染めの唐獅子 フレッシュアイペディアより)

477件中 81 - 90件表示

「高倉健」のニューストピックワード