470件中 91 - 100件表示
  • 高倉健

    高倉健から見たジョン・フォード

    フランシス・フォード・コッポラ『ゴッドファーザー PART II』やマイケル・チミノ『ディア・ハンター』マーティン・スコセッシ『レイジング・ブル』等の名作で知られるアメリカ映画を代表する名優ロバート・デ・ニーロについて、特に『レイジング・ブル』を「あんな芝居はもう二度とできない」と語っていた事も含め「非常に大きな衝撃を受けた」と語っている。デニーロ以外のアメリカの俳優ではヘンリー・フォンダやマーロン・ブランド、クリント・イーストウッドに、フランスの名優・スターではジャン・ギャバン等を好きな俳優に挙げている。フォンダは特にジョン・フォード監督作品が好きで、ブランドはエリア・カザン監督『波止場』が好き、イーストウッドとは会ったことがあり会話もしている。食事の芝居は、食事の芝居が絶品と言われているギャバンの名作映画を見て勉強したと語っている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た俊藤浩滋

    60年代半ばの任侠映画ワンパターン量産体勢は高倉を疲弊させ、結果的に気持ちが入らない不本意な演技が見られるようになった。高倉の後ろ盾だった岡田茂、俊藤浩滋、マキノ雅弘の3人が揃って「マンネリを怖れるな」の考え方で作品作りに取り組み、『昭和残侠伝シリーズ』のプロデューサー・吉田達は岡田から「批評家連中は同じパターンが3本続けばあくびをする。けど観客の顔を見てみろ。まだまだワクワクドキドキしてる。(興行的に)コケたらやめればいい。コケるまでは続けろってことだ」と繰り返し「マンネリ上等」の話を聞かされた。高倉がそれでも「定番」を演じ続けたのは、劇場で目の当たりにした観客の反応があったからである。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た石井輝男

    映画『網走番外地』ではヒロインもラブロマンスも無く、刑務所や脱獄が主題の映画となって売り上げが見込めないと予算をカットされた。添え物映画でモノクロ作品にすると社長の大川博に言われ、意見すると「嫌なら主演を梅宮辰夫に変える」とまで言われてしまう。仕方なくロケ地の北海道で撮影に入ったが、監督の石井輝男がなかなかやって来ない。スタッフと様子を見に旅館へ行くと、石井が窓の隙間から雪が入り込んだ粗末な部屋で丸くなって寝ていた。高倉は「この映画をヒットさせるためなら…。監督を笑顔にするためなら、俺はどんなことでもするぞ」とスタッフに漏らし、『網走番外地』シリーズは計18作の大ヒットシリーズとなった。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たジャン・ギャバン

    フランシス・フォード・コッポラ『ゴッドファーザー PART II』やマイケル・チミノ『ディア・ハンター』マーティン・スコセッシ『レイジング・ブル』等の名作で知られるアメリカ映画を代表する名優ロバート・デ・ニーロについて、特に『レイジング・ブル』を「あんな芝居はもう二度とできない」と語っていた事も含め「非常に大きな衝撃を受けた」と語っている。デニーロ以外のアメリカの俳優ではヘンリー・フォンダやマーロン・ブランド、クリント・イーストウッドに、フランスの名優・スターではジャン・ギャバン等を好きな俳優に挙げている。フォンダは特にジョン・フォード監督作品が好きで、ブランドはエリア・カザン監督『波止場』が好き、イーストウッドとは会ったことがあり会話もしている。食事の芝居は、食事の芝居が絶品と言われているギャバンの名作映画を見て勉強したと語っている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た徹子の部屋

    バラエティ番組やトーク番組への出演は『スター千一夜』『ズバリ!当てましょう』(フジテレビ)、『土曜大好き!830』(関西テレビ)、『徹子の部屋』(テレビ朝日)や、親交のある田中邦衛・北大路欣也と3人で出演した1980年の『すばらしき仲間』(中部日本放送)程度であったが、平成になってからは、新作映画のプロモーションを兼ねて『SMAP×SMAP』(1997年9月15日、関西テレビ・フジテレビ)や、2001年5月17日には『クローズアップ現代』「第1424回 高倉健 素顔のメッセージ」(NHK) で国谷裕子からのインタビューを受けている。ちなみに『SMAP×SMAP』(BISTRO SMAP) にゲスト出演したこの回は、2005年12月26日に放送された同番組の特番『SMAP×SMAP 歴史的瞬間全部見せます!! 史上最強の4時間半SP!!』で視聴者から寄せられた『BISTRO SMAP名場面リクエスト』第1位に輝いている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た報知映画賞

    2012年8月、前作『単騎、千里を走る。』から6年ぶり、205本目の主演作品となる映画『あなたへ』で銀幕復帰。11月27日、本作により「第37回報知映画賞」主演男優賞を受賞した。高倉の同映画賞での受賞は1977年に『八甲田山』、『幸福の黄色いハンカチ』で主演男優賞を受賞して以来、35年ぶりである。本作では12月6日に発表された「第25回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」でも主演男優賞を受賞。作品は石原裕次郎賞を受賞した。2013年1月22日に発表された日本アカデミー賞優秀主演男優賞にも選出されたが、「若い人に譲りたい」との理由で、これは辞退している。受賞辞退は2002年の『ホタル』以来2度目となる。10月10日には「五十有余年におよぶ活躍と、孤高の精神を貫き、独自の境地を示す映画俳優としての存在感」により、第60回 菊池寛賞に選出された。授賞式は欠席し、代理人を通じて「思いがけない受賞で驚いています。非常に光栄です。ありがとうございます」とのコメントを寄せた。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た明治大学

    1931年に福岡県中間市の裕福な一家に生まれる。父は旧海軍の軍人で、炭鉱夫の取りまとめ役などをしていた。母は教員だった。幼少期の高倉は、肺を病み、虚弱だった。終戦を迎えた中学生の時、アメリカ文化に触れ、中でもボクシングと英語に興味を持った。学校に掛け合ってボクシング部を作り、夢中になって打ち込み、戦績は6勝1敗だった。英語は小倉の米軍司令官の息子と友達になり、週末に遊びに行く中で覚え、高校時代にはESS部を創設して英語力に磨きをかけた。旧制東筑中学、福岡県立東筑高等学校全日制課程商業科を経て、貿易商を目指して明治大学商学部商学科へ進学。在学中は相撲部のマネージャーを1年間務めていた。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たモントリオール世界映画祭

    2016年、高倉の記録映画『健さん』が第40回モントリオール世界映画祭 ワールドドキュメンタリー部門 最優秀作品賞を受賞。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たエランドール賞

    第1回エランドール賞1956年度・新人賞高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た紫綬褒章

    高倉 健(たかくら けん、1931年(昭和6年)2月16日 - 2014年(平成26年)11月10日)は、日本の俳優・歌手。愛称、健さん。福岡県中間市出身、身長180cm、体重71kg、血液型はB型。高倉プロモーション所属。1998年に紫綬褒章、2006年に文化功労者、2013年には文化勲章を受章した。高倉健 フレッシュアイペディアより)

470件中 91 - 100件表示

「高倉健」のニューストピックワード