298件中 41 - 50件表示
  • 高倉健

    高倉健から見た明治大学

    英語は小倉の米軍司令官の息子と友達になり、週末に遊びに行くなかで覚え、高校時代にはESS部を創設して英語力に磨きをかけた。福岡県立東筑高等学校全日制課程商業科を経て、貿易商を目指して明治大学商学部商学科へ進学。在学中は相撲部のマネージャーを1年間務めていた。明治大学卒業後、思ったような就職先がなく一旦帰郷した。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た勝新太郎

    ビートたけしとは1985年の『夜叉』で共演以来親交があり、互いに大ファンである。2012年9月8日放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀 高倉健スペシャル」の中でも、撮影の合間、高倉がたけしに「えぇ、たけちゃん、えぇ、勝新太郎です。会いたいよー」と冗談まじりに声色を変えて、携帯電話から留守電にメッセージを入れている様子が放送されている。また志村けんと岡村隆史もお気に入りのコメディアンであり、志村には、自ら電話を入れ『鉄道員(ぽっぽや)』の出演を要請。「お笑い一本」との姿勢を一貫していた志村を口説き落とした。『鉄道員』公開後、志村の番組のトークコーナーに小林稔侍が出演した際にはVTR出演し、志村の演技を絶賛する一方、東映時代から懇意にしてきた後輩で、現在も弟同然の付き合いである小林に対しては「セリフを覚えて来ない、気持ちを引き締めてほしい」などと、真顔で苦言を呈しながらもユーモラスに茶化し、小林を赤面させている。岡村とは第23回日本アカデミー賞で同席、岡村は高倉に長年のファンであることを伝えた。この時、主演作『無問題』で話題賞を受賞し、「将来は高倉健さんのような俳優になりたい」との受賞スピーチで会場から笑いが巻き起こる中、高倉はにこやかに立ち上がって拍手を送った。2010年、岡村が病気で半年にわたり療養した際にも電話や手紙でメッセージを送り、激励している。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た江利チエミ

    1959年に江利チエミと結婚したが、1971年に離婚。その後は独身を通している。江利の命日である2月13日には、毎年早朝に一人でひっそりと墓参し、花を手向けている。離婚の原因も不仲によるものではなく、芸能人である江利を妬み、家政婦として小田家に入り込んだ江利の異父姉によるふたりへの誹謗中傷と夫婦の財産横領が原因とされており、「これ以上迷惑をかけられない」と江利側から申し出たものである。この異父姉はその後、江利自身によって刑事告訴され、実刑判決を受けている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た片岡千恵蔵

    演技経験も皆無で、親族に有名人や映画関係者がいるわけでもない無名の新人だったが、翌1956年の映画『電光空手打ち』で主役デビュー。元々俳優を目指していた訳ではないことから、初めて顔にドーランを塗り、化粧をした自分を鏡で見た時、情けなくて涙が止まらなかったという。その後、アクション・喜劇・刑事・ギャング・青春・戦争・文学・ミステリなど、幅広く現代劇映画に出演し、この頃から主演スターの一人として活躍していたが、まともな演技のトレーニングも受けたこともないまま、数多くの作品に出演し続けることがコンプレックスになっていた。1960年代前半まで時代劇映画をメインにしていた東映では、片岡千恵蔵・中村錦之助・美空ひばりの映画などにも助演していた。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た関西テレビ放送

    バラエティ番組やトーク番組への出演は『スター千一夜』『ズバリ!当てましょう』(フジテレビ)、『土曜大好き!830』(関西テレビ)、『徹子の部屋』(テレビ朝日)や、親交のある田中邦衛・北大路欣也と3人で出演した1980年の『すばらしき仲間』(中部日本放送)程度であったが、平成になってからは、『SMAP×SMAP』(関西テレビ・フジテレビ)(1997年9月15日放送分)や、NHKで放送された国谷裕子キャスターとの対談(2001年5月17日放送)に出演している。『SMAP×SMAP』(BISTRO SMAP)にゲスト出演したこの回は、2005年12月26日に放送された同番組の特番『SMAP×SMAP 歴史的瞬間全部見せます!! 史上最強の4時間半SP!!』で視聴者から寄せられた『BISTRO SMAP名場面リクエスト』第1位に輝いている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たユニバーサル映画

    ミスター・ベースボール (1993年、ユニバーサル映画) - 内山監督高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たネスレ日本

    ネスレ日本(O.A.当時はネッスル日本) 「ネスカフェ・ゴールドブレンド」 (1986年)高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た日本テレビ放送網

    四十七人の刺客 (1994年、東宝 / 日本テレビ放送網 / サントリー) - 主演・大石内蔵助 ※日本アカデミー賞 優秀主演男優賞受賞高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た中部日本放送

    バラエティ番組やトーク番組への出演は『スター千一夜』『ズバリ!当てましょう』(フジテレビ)、『土曜大好き!830』(関西テレビ)、『徹子の部屋』(テレビ朝日)や、親交のある田中邦衛・北大路欣也と3人で出演した1980年の『すばらしき仲間』(中部日本放送)程度であったが、平成になってからは、『SMAP×SMAP』(関西テレビ・フジテレビ)(1997年9月15日放送分)や、NHKで放送された国谷裕子キャスターとの対談(2001年5月17日放送)に出演している。『SMAP×SMAP』(BISTRO SMAP)にゲスト出演したこの回は、2005年12月26日に放送された同番組の特番『SMAP×SMAP 歴史的瞬間全部見せます!! 史上最強の4時間半SP!!』で視聴者から寄せられた『BISTRO SMAP名場面リクエスト』第1位に輝いている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た新潮社

    「旅の途中で」 新潮社、ISBN 4-08-901151-5高倉健 フレッシュアイペディアより)

298件中 41 - 50件表示

「高倉健」のニューストピックワード