470件中 51 - 60件表示
  • 高倉健

    高倉健から見たロバート・デ・ニーロ

    フランシス・フォード・コッポラ『ゴッドファーザー PART II』やマイケル・チミノ『ディア・ハンター』マーティン・スコセッシ『レイジング・ブル』等の名作で知られるアメリカ映画を代表する名優ロバート・デ・ニーロについて、特に『レイジング・ブル』を「あんな芝居はもう二度とできない」と語っていた事も含め「非常に大きな衝撃を受けた」と語っている。デニーロ以外のアメリカの俳優ではヘンリー・フォンダやマーロン・ブランド、クリント・イーストウッドに、フランスの名優・スターではジャン・ギャバン等を好きな俳優に挙げている。フォンダは特にジョン・フォード監督作品が好きで、ブランドはエリア・カザン監督『波止場』が好き、イーストウッドとは会ったことがあり会話もしている。食事の芝居は、食事の芝居が絶品と言われているギャバンの名作映画を見て勉強したと語っている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た石原慎太郎

    スポーツ界からは親交のあった長嶋茂雄が「彼から教わったことは多かった」と追悼の辞を発表。政界では石原慎太郎が「最後のビッグスターだった。名声が長くもった希有な人だった」と悼む。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た鈴木敏夫

    スタジオジブリの鈴木敏夫は幼少のころから映画ファンであり、父と母の影響もあり邦画から洋画まで何でも見ていて、著書で高倉健も好きな俳優にあげている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た仰木彬

    村田兆治の引退試合中継を見て感銘を受け、それまで面識も無かった村田の住所を関係者に一通り尋ねて調べ、さらに留守中だった村田の自宅前に、花束を置いて帰ったという話がある。仰木彬は高校の後輩。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たマイケル・ダグラス

    『ブラック・レイン』で共演したマイケル・ダグラスは大阪京橋の野外シーンロケで、日本人のファンが高倉に憧れて接する姿を目撃。その様子をダグラスは「アメリカではブルース・スプリングスティーンの時だけだよ。あんなに尊敬される姿を見られるのは!」と驚いていた。『君よ憤怒の河を渉れ』が中華人民共和国に輸入され、中国人の半分が観たともいわれており、宣伝のために田中邦衛と訪中した時、宿泊先のホテルには高倉を一目見たいというファンが大勢詰め掛けた。高倉のファンである映画監督・張芸謀は『単騎、千里を走る。』の撮影の際、高倉が休憩の時に椅子に一切座らず、他のスタッフに遠慮して立ち続けていたことや、現地採用の中国人エキストラ俳優にまで丁寧に挨拶していたのを見て「こんな素晴らしい俳優は中国にはいない」と発言している。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たフランシス・フォード・コッポラ

    フランシス・フォード・コッポラ『ゴッドファーザー PART II』やマイケル・チミノ『ディア・ハンター』マーティン・スコセッシ『レイジング・ブル』等の名作で知られるアメリカ映画を代表する名優ロバート・デ・ニーロについて、特に『レイジング・ブル』を「あんな芝居はもう二度とできない」と語っていた事も含め「非常に大きな衝撃を受けた」と語っている。デニーロ以外のアメリカの俳優ではヘンリー・フォンダやマーロン・ブランド、クリント・イーストウッドに、フランスの名優・スターではジャン・ギャバン等を好きな俳優に挙げている。フォンダは特にジョン・フォード監督作品が好きで、ブランドはエリア・カザン監督『波止場』が好き、イーストウッドとは会ったことがあり会話もしている。食事の芝居は、食事の芝居が絶品と言われているギャバンの名作映画を見て勉強したと語っている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た相田みつを

    常に感性に磨きをかけ、「感じやすい心」を保っておくために、読書や刀剣・美術品鑑賞、映画、音楽など、常に気に入ったものに触れる機会を作り、海外旅行へも出かけていく。撮影に際して、台本のカバーや裏表紙には有名、無名に関係なく、気に入った「心を震わせる」フレーズや詩歌などを貼りつけたり、忍ばせて持ち歩いている。『あなたへ』の撮影では、相田みつをの詩や会津八一の短歌などと一緒に、雑誌に掲載されていたという東日本大震災の被災地での1コマを撮影した写真も一緒に貼りつけて持ち歩いていた。山本周五郎の著作のフレーズや、主人公の生き方について書かれた木村久邇典の『男としての人生 - 山本周五郎のヒーローたち』もお気に入りの1冊として持ち歩いている。長期間の撮影の中では、ベテランの高倉でも感情のコントロールが出来ない時があり、そうしたときは持っているこうした物にすがっているという。また台本だけでなく、自宅の洗面所などにもこうしたものが貼られており、気持ちを盛り上げている。この事について「俳優ってそれほど頼りないものなんですよ」と語っている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たシルヴェスター・スタローン

    高平哲郎インタビューで『ワイルドバンチ』や『ゲッタウェイ』で知られるサム・ペキンパー作品のファンであり、子供のころから映画が好きで特に洋画を見ていた、高校時代に見たジョン・ウェイン映画の思い出に、シルヴェスター・スタローンの『ロッキー』は3回見た、ポール・ニューマンの『スラップ・ショット』が面白い、ポール・ニューマンやスティーブ・マックイーン、ヘンリー・フォンダは好きな役者と発言。ペキンパーでいえば監督作品『キラー・エリート』への出演オファーがあったという。マーロン・ブランド主演ベルナルド・ベルトルッチ監督によるイタリア映画の問題作『ラストタンゴ・イン・パリ』のような作品にでてもいいと発言。映画評論家・翻訳家の山田宏一の高倉追悼記事によれば、高倉はフランス映画の巨匠ルネ・クレマン監督がフランス・アメリカ合作で監督したフィルムノワールの名作『狼は天使の匂い』が大好きであり、特に同作でアメリカ映画の名優ロバート・ライアンが演じた老ギャングのような役を演じてみたいと語っていた。高倉が主演した冬の華には高倉が好きなアラン・ドロン主演のフランスの犯罪映画の名作サムライの影響があるという。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たさいとう・たかを

    70年安保をめぐる混乱という当時の社会情勢を背景に、「鍛えられた体の背筋をピンと伸ばし、寡黙であり、不条理な仕打ちに耐え、言い訳をせずに筋を通し、ついには復讐を果たす」という高倉演じる主人公は、サラリーマンや学生運動に身を投じる学生を含め、当時の男性に熱狂的な支持を集め、オールナイト興行にまでファンが溢れ、立ち見が出たほどであった。他のスターとは一線を画した印象を示したことが、大ヒットシリーズ連発の一因であったが、本人は年間10本以上にも及ぶ当時のハードな制作スケジュール、毎回繰り返される同じようなストーリー展開、という中で心身ともに疲弊し、気持ちが入らず不本意な芝居も多かったという。そうした中で、何度か自ら映画館に足を運んだ際、通路まで満員になった観客がスクリーンに向かって喝采し、映画が終わると主人公に自分を投影させて、人が変わったように出ていくさまを目の当たりにし、強い衝撃を受けたという。これについて「これ、何なのかな……と思ったことあるよ。わかりません、僕には。なんでこんなに熱狂するのかな、というのは。だからとっても(映画というのは)怖いメディアだよね。明らかに観終わった後は、人が違ってるもんね。」と、当時の様子を客観視し語っている。当時の風貌は、劇画『ゴルゴ13』の主人公・デューク東郷のモデルにもなり、同作の実写映画版への出演は、原作者のさいとう・たかをたっての要望であったという。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た岡村隆史

    第23回日本アカデミー賞に出席した岡村隆史は、高倉に長年のファンであることを伝えた。この時、主演作『無問題』で話題賞を受賞し、「将来は高倉健さんのような俳優になりたい」との受賞スピーチで会場から笑いが巻き起こる中、高倉は独りにこやかに立ち上がって拍手を送った。2010年、岡村が病気で半年にわたり療養した際にも電話や手紙で激励しており、岡村は高倉の遺作となった『あなたへ』で共演を果たしている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

470件中 51 - 60件表示

「高倉健」のニューストピックワード