470件中 61 - 70件表示
  • 高倉健

    高倉健から見た沢木耕太郎

    世界で一番好きな場所はハワイ。このことについて沢木耕太郎に「ドスを片手に敵地に乗り込む高倉健とハワイの取り合わせは意外なようだが、それは何故か」と問われて、高倉は「人が温かい」ことと、東映時代に過酷なスケジュールをこなしている中で、たまの休みにハワイの海岸で寝て過ごす解放感がたまらなかった、と述懐している。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たブルース・スプリングスティーン

    『ブラック・レイン』で共演したマイケル・ダグラスは大阪京橋の野外シーンロケで、日本人のファンが高倉に憧れて接する姿を目撃。その様子をダグラスは「アメリカではブルース・スプリングスティーンの時だけだよ。あんなに尊敬される姿を見られるのは!」と驚いていた。『君よ憤怒の河を渉れ』が中華人民共和国に輸入され、中国人の半分が観たともいわれており、宣伝のために田中邦衛と訪中した時、宿泊先のホテルには高倉を一目見たいというファンが大勢詰め掛けた。高倉のファンである映画監督・張芸謀は『単騎、千里を走る。』の撮影の際、高倉が休憩の時に椅子に一切座らず、他のスタッフに遠慮して立ち続けていたことや、現地採用の中国人エキストラ俳優にまで丁寧に挨拶していたのを見て「こんな素晴らしい俳優は中国にはいない」と発言している。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たロバート・レッドフォード

    著書『旅の途中で』によれば前述のブランド作品ではコッポラの『ゴッドファーザー』も絶賛している。その他イラン映画の『運動靴と赤い金魚』と中国映画のチャン・イーモウ監督『初恋のきた道』にアメリカ映画『L.A.コンフィデンシャル』(特にヒロインのキム・ベイシンガーの目の芝居)ロバート・レッドフォード『モンタナの風に抱かれて』スティーブン・スピルバーグ『プライベート・ライアン』。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た横尾忠則

    高倉と親しかった横尾忠則によると、高倉は1970年(昭和45年)11月25日に起こった三島事件に触発され、三島由紀夫の映画を製作する予定だったという。具体的プランも煮詰まり、ロスアンゼルスへ何度も渡航していた高倉について横尾は、「次第に健さんのなかに三島さんが乗り移っていくかのようで、僕は三島さんの霊が高倉健さんに映画を作らせようとしているのだなと感じていました」と述懐している。ところが土壇場で未亡人(平岡瑤子)の了解が得られず映画製作を断念せざるを得なくなった。仕方なく高倉健は横尾に電話してきて、多磨霊園に一緒の墓参りに行きましょうと誘い、「カメラを持ってきて下さい。一緒に撮りましょう」と言ったという。また、三島は前述の通り高倉や鶴田の主演した仁侠映画のファンである。三島事件当日も、市ヶ谷駐屯地へ向かう車内では、他の「楯の会」メンバーと『唐獅子牡丹』を歌っている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たマーティン・スコセッシ

    フランシス・フォード・コッポラ『ゴッドファーザー PART II』やマイケル・チミノ『ディア・ハンター』マーティン・スコセッシ『レイジング・ブル』等の名作で知られるアメリカ映画を代表する名優ロバート・デ・ニーロについて、特に『レイジング・ブル』を「あんな芝居はもう二度とできない」と語っていた事も含め「非常に大きな衝撃を受けた」と語っている。デニーロ以外のアメリカの俳優ではヘンリー・フォンダやマーロン・ブランド、クリント・イーストウッドに、フランスの名優・スターではジャン・ギャバン等を好きな俳優に挙げている。フォンダは特にジョン・フォード監督作品が好きで、ブランドはエリア・カザン監督『波止場』が好き、イーストウッドとは会ったことがあり会話もしている。食事の芝居は、食事の芝居が絶品と言われているギャバンの名作映画を見て勉強したと語っている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たスティーブン・スピルバーグ

    著書『旅の途中で』によれば前述のブランド作品ではコッポラの『ゴッドファーザー』も絶賛している。その他イラン映画の『運動靴と赤い金魚』と中国映画のチャン・イーモウ監督『初恋のきた道』にアメリカ映画『L.A.コンフィデンシャル』(特にヒロインのキム・ベイシンガーの目の芝居)ロバート・レッドフォード『モンタナの風に抱かれて』スティーブン・スピルバーグ『プライベート・ライアン』。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た宇野薫

    キリン「生茶」のCMで共演した総合格闘家の宇野薫によると、高倉は格闘技にかなり詳しく「休憩中に健さんから『UFCの試合をよく観ていますよ。応援しています』と話しかけられ驚きました」と語っている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たポール・ニューマン

    高平哲郎インタビューで『ワイルドバンチ』や『ゲッタウェイ』で知られるサム・ペキンパー作品のファンであり、子供のころから映画が好きで特に洋画を見ていた、高校時代に見たジョン・ウェイン映画の思い出に、シルヴェスター・スタローンの『ロッキー』は3回見た、ポール・ニューマンの『スラップ・ショット』が面白い、ポール・ニューマンやスティーブ・マックイーン、ヘンリー・フォンダは好きな役者と発言。ペキンパーでいえば監督作品『キラー・エリート』への出演オファーがあったという。マーロン・ブランド主演ベルナルド・ベルトルッチ監督によるイタリア映画の問題作『ラストタンゴ・イン・パリ』のような作品にでてもいいと発言。映画評論家・翻訳家の山田宏一の高倉追悼記事によれば、高倉はフランス映画の巨匠ルネ・クレマン監督がフランス・アメリカ合作で監督したフィルムノワールの名作『狼は天使の匂い』が大好きであり、特に同作でアメリカ映画の名優ロバート・ライアンが演じた老ギャングのような役を演じてみたいと語っていた。高倉が主演した冬の華には高倉が好きなアラン・ドロン主演のフランスの犯罪映画の名作サムライの影響があるという。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た佐藤純彌

    芸能界では東映ニューフェイスの後輩で長年交遊し共演してきた千葉真一が「日本の映画界にとって、そしてわたくしにとって大変大事な方の訃報に今でも信じられない気持ちです。人生においても俳優としても唯一尊敬し続けた方でした」と話し絶句した。高倉が出演した『あゝ同期の桜』(1967年)でメガホンをとった映画監督の中島貞夫は「役作りに執念を持ち、役と一体になりきる人だった。存在をすべてかけて映画を撮っていた希有な俳優だった」と振り返り、『駅 STATION』の脚本を手がけた倉本聰は「あれだけ健康に留意していた健さんが私より先に亡くなるなんて。自分より年下でも、相手が板前さんでもタクシー運転手でも駅員さんでも、きちんと立ち止まって礼をする人だった」と沈痛な様子で語り惜しんだ。『南極物語』で共演した渡瀬恒彦は「東映に入社して45年、私にとってずっと『親方』の様な存在でした。突然のことで、只々言葉もありません」と偉大なる先輩の死を悼んだ。遺作となった『あなたへ』(2012年)で共演した浅野忠信はTwitterで「ご冥福をお祈りします。本当に悲しいです。ありがとうございました」、『あ・うん』(1989年)で共演以来、公私ともに付き合いがあった板東英二は「つい一週間前に健さんの事務所に直接お伺いし、お手紙を預けてきた所でした。いつもご丁寧な方がお返事が来ずに不思議だと思っていましたが、驚きで声も出ません」と突然の訃報を驚いた。高倉の新たなイメージを作った『新幹線大爆破』(1975年)をはじめ、複数の高倉主演映画の演出を担当した佐藤純彌は「時代を背負ったスターと共に仕事が出来たことは幸せでした。決して死なないような気がして訃報を聞いた時は、ひとつの時代が終わったことを実感しました」と希代のスターをしのんだ。『捨て身のならず者』など高倉の数々の出演作のメガホンを執り、遺作となった『あなたへ』を演出、幻となった次回作もタッグを組む予定だった降旗康男は「残念の一語に尽きる」とそのひと言に万感の思いを込めた。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たリチャード・ギア

    中村努の前述の冬の華にはデニーロの『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』の影響も見れるという。沢木の発言によれば高倉はジョン・フォードの『長い灰色の線』やリチャード・ギア主演の『愛と青春の旅立ち』も好きで、NHKのインタビュー番組によれば笠智衆を尊敬しており、リドリーの『グラディエーター』が好きだという。高倉健 フレッシュアイペディアより)

470件中 61 - 70件表示

「高倉健」のニューストピックワード