298件中 61 - 70件表示
  • 高倉健

    高倉健から見た東宝

    八甲田山 (1977年、橋本プロ / 東宝 / シナノ企画) - 主演・ 徳島大尉 (第1大隊第2中隊長)※ブルーリボン賞 主演男優賞受賞高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た永谷園

    永谷園 「お茶づけ海苔」「ひたむきに歩く」篇 (2012年 - ) ※「お茶漬け海苔」発売60周年を記念した企業広告CM高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た石井輝男

    2005年8月12日、『網走番外地』シリーズの石井輝男監督が死去。石井の遺志により、網走市内の潮見墓園に墓碑が建立され、2006年8月5日、納骨の儀が執り行われた。“安らかに 石井輝男”と記されたこの墓碑の碑文は、高倉によってしたためられたものである。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たあなたへ

    2012年8月、前作『単騎、千里を走る。』から6年ぶり、205本目の主演作品となる映画『あなたへ』で銀幕復帰。11月27日、本作により「第37回報知映画賞」主演男優賞を受賞する。高倉の同映画賞での受賞は1977年に『八甲田山』、『幸せの黄色いハンカチ』で主演男優賞を受賞して以来、実に35年ぶりである。また、同じく本作では12月6日に発表された「第25回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」においても主演男優賞を受賞。作品も石原裕次郎賞を受賞した。尚、2013年1月22日に発表された日本アカデミー賞優秀主演男優賞にも選出されたが、「若い人に譲りたい」との理由で、これは辞退している。受賞辞退は2002年の『ホタル』以来2度目となる。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た東日本大震災

    常に感性に磨きをかけ、「感じやすい心」を保っておくために、読書や刀剣・美術品鑑賞、映画、音楽など、常に気に入ったものに触れる機会を作り、海外旅行へも出かけていく。撮影に際して、台本のカバーや裏表紙には有名、無名に関係なく、気に入った「心を震わせる」フレーズや詩歌などを貼りつけたり、忍ばせて持ち歩いている。『あなたへ』の撮影では、相田みつをの詩や会津八一の短歌などと一緒に、雑誌に掲載されていたという東日本大震災の被災地での1コマを撮影した写真も一緒に貼りつけて持ち歩いていた。山本周五郎の著作のフレーズや、主人公の生き方について書かれた木村久邇典の『男としての人生 - 山本周五郎のヒーローたち 』もお気に入りの1冊として持ち歩いている。長期間の撮影の中では、ベテランの高倉でも感情のコントロールが出来ない時があり、そうしたときは持っているこうした物にすがっているという。また台本だけでなく、自宅の洗面所などにもこうしたものが貼られており、気持ちを盛り上げている。この事について「俳優とはそれほど頼りないもの」と語っている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た山本麟一

    かつて東映内には千葉真一・梅宮辰夫・山本麟一・山城新伍など、高倉を慕う人達で集まって遊ぶ「野郎会」というものがあった。名の由来は「男(野郎)ばかり」なのと「何でもやろう」を語呂あわせにしたもので、何か月かごとに集まってその時の幹事が決めた遊びをしていた。高倉は酒を飲まないので野球をしたり、山城が幹事の時には遊郭に行って、お大尽遊びの真似事をしていた。明治大学の先輩で東映ニューフェイスでも1期上である山本も高倉と仲が良く、この集まりに参加していた。『網走番外地シリーズ』『昭和残侠伝シリーズ』で共演した潮健児は自伝『星を喰った男』の中で、「面倒見がよく、周囲に気を遣い、傍に誰か話し相手が居ないとしょげてしまう程の寂しがり屋」「大勢役者が揃って『何かやる』という時、その言いだしっぺは大抵、健さんだった」と回想している。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たマキノ光雄

    1955年に大学時代の知人のつてで、美空ひばりらが所属する新芸プロのマネージャーになるため、喫茶店で面接テストを受けた。その際、偶然その場にいた(当時の)東映東京撮影所長で、プロデューサーのマキノ光雄にスカウトされ、東映の第2期ニューフェイスとして入社。同期に今井健二・丘さとみ・岡田敏子・五味龍太郎らがいる。当時、ニューフェイスは映画デビューまでに俳優座演技研究所で6か月、さらに東映の撮影所で6か月の修行期間(エキストラ出演など)を経ることが決められていたが、異例とも言われた1ヶ月半での主役デビューが決定した。その際に、マキノの知人から「高倉健」と芸名ををつけられる。高倉本人は、デビュー作の主人公の役名「忍勇作」を希望していたが却下され、嫌々ながらの芸名デビューともなった。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た石倉三郎

    他にも役者として人間として尊敬している人物は多く、『幸福の黄色いハンカチ』で共演した武田鉄矢は、現場で高倉を発見すると100メートルほど離れた所からでも「健さーん!」と叫びながら手を振り、全力疾走で走ってきたという。石倉三郎、小林稔侍、板東英二らからもこよなく慕われており、石倉は芸名に「倉」の字をもらい、小林も息子の名前に「健」を付けている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た今井健二

    1955年に大学時代の知人のつてで、美空ひばりらが所属する新芸プロのマネージャーになるため、喫茶店で面接テストを受けた。その際、偶然その場にいた(当時の)東映東京撮影所長で、プロデューサーのマキノ光雄にスカウトされ、東映の第2期ニューフェイスとして入社。同期に今井健二・丘さとみ・岡田敏子・五味龍太郎らがいる。当時、ニューフェイスは映画デビューまでに俳優座演技研究所で6か月、さらに東映の撮影所で6か月の修行期間(エキストラ出演など)を経ることが決められていたが、異例とも言われた1ヶ月半での主役デビューが決定した。その際に、マキノの知人から「高倉健」と芸名ををつけられる。高倉本人は、デビュー作の主人公の役名「忍勇作」を希望していたが却下され、嫌々ながらの芸名デビューともなった。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た笠置シヅ子

    ぼんぼん頑張る (1956年4月4日 - 7月4日、KRテレビ) ※笠置シズ子主演高倉健 フレッシュアイペディアより)

298件中 61 - 70件表示

「高倉健」のニューストピックワード