298件中 71 - 80件表示
  • 高倉健

    高倉健から見た潮健児

    かつて東映内には千葉真一・梅宮辰夫・山本麟一・山城新伍など、高倉を慕う人達で集まって遊ぶ「野郎会」というものがあった。名の由来は「男(野郎)ばかり」なのと「何でもやろう」を語呂あわせにしたもので、何か月かごとに集まってその時の幹事が決めた遊びをしていた。高倉は酒を飲まないので野球をしたり、山城が幹事の時には遊郭に行って、お大尽遊びの真似事をしていた。明治大学の先輩で東映ニューフェイスでも1期上である山本も高倉と仲が良く、この集まりに参加していた。『網走番外地シリーズ』『昭和残侠伝シリーズ』で共演した潮健児は自伝『星を喰った男』の中で、「面倒見がよく、周囲に気を遣い、傍に誰か話し相手が居ないとしょげてしまう程の寂しがり屋」「大勢役者が揃って『何かやる』という時、その言いだしっぺは大抵、健さんだった」と回想している。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た井川比佐志井川 比佐志

    1983年、降旗康男監督作品『居酒屋兆治』の準備が進行していた頃、黒澤明監督作品『乱』に「鉄修理(くろがねしゅり)」役での出演を打診されている。「でも僕が『乱』に出ちゃうと、『居酒屋兆治』がいつ撮影できるかわからなくなる。僕がとても悪くて、計算高い奴になると追い込まれて、僕は黒沢さんのところへ謝りに行きました」と述懐している。黒澤は当初から高倉を想定してこの役を書いており、この時には自ら高倉宅へ足繁く4回通い、「困ったよ高倉君、僕の中で鉄(くろがね)の役がこんなに膨らんでいるんですよ。僕が降旗君のところへ謝りに行きます。」とまで申し出ているが、高倉は「いや、それをされたら降旗監督が困ると思いますから。二つを天秤にかけたら誰が考えたって、世界の黒澤作品を選ぶでしょうが、僕には出来ない。本当に申し訳ない」と謝罪、この話を断った。黒澤は高倉に対して「あなたは難しい」と告げたという。結局この役は井川比佐志が演じている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た五味龍太郎

    1955年に大学時代の知人のつてで、美空ひばりらが所属する新芸プロのマネージャーになるため、喫茶店で面接テストを受けた。その際、偶然その場にいた(当時の)東映東京撮影所長で、プロデューサーのマキノ光雄にスカウトされ、東映の第2期ニューフェイスとして入社。同期に今井健二・丘さとみ・岡田敏子・五味龍太郎らがいる。当時、ニューフェイスは映画デビューまでに俳優座演技研究所で6か月、さらに東映の撮影所で6か月の修行期間(エキストラ出演など)を経ることが決められていたが、異例とも言われた1ヶ月半での主役デビューが決定した。その際に、マキノの知人から「高倉健」と芸名ををつけられる。高倉本人は、デビュー作の主人公の役名「忍勇作」を希望していたが却下され、嫌々ながらの芸名デビューともなった。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た大映

    映画『カミカゼ野郎 真昼の決斗』 (1966年、にんじんプロダクション / 國光影業) を皮切りにハリウッド映画など、東映以外の作品にも出演していたが、1970年には高倉プロを設立。1976年に東映を退社し、フリーに転向した。同年の映画『君よ憤怒の河を渉れ』(永田プロ / 大映) にて、10年以上、出演し続けた仁侠映画のイメージから脱却。翌1977年には『八甲田山』、『幸福の黄色いハンカチ』の二作品に主演し、第1回日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞と、第20回ブルーリボン賞の主演男優賞のダブル受賞に輝いた。これ以後も数々の作品に出演し、合計4度の日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞、2度のブルーリボン賞の主演男優賞に輝いている。これと前後してアメリカ映画や中国映画などの海外作品にも出演しており、1998年には紫綬褒章を受賞した。一方でテレビドラマへの出演は1977年の初主演作『あにき』(TBS、脚本:倉本聰)をはじめ5作品である。その出演理由も「故郷にいる母親に、テレビで毎週自分の顔を見て安心して欲しいから」というものである。CMにも数多く出演しているが、富士通のパソコンFMVのCMでは『幸福の黄色いハンカチ』で夫婦を演じた倍賞千恵子と再び夫婦の設定で出演し、コミカルな演技を見せた。2006年4月2日の『世界遺産』(TBS)で初めてナレーションを務めた。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た文芸プロダクションにんじんくらぶ

    映画『カミカゼ野郎 真昼の決斗』 (1966年、にんじんプロダクション / 國光影業) を皮切りにハリウッド映画など、東映以外の作品にも出演していたが、1970年には高倉プロを設立。1976年に東映を退社し、フリーに転向した。同年の映画『君よ憤怒の河を渉れ』(永田プロ / 大映) にて、10年以上、出演し続けた仁侠映画のイメージから脱却。翌1977年には『八甲田山』、『幸福の黄色いハンカチ』の二作品に主演し、第1回日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞と、第20回ブルーリボン賞の主演男優賞のダブル受賞に輝いた。これ以後も数々の作品に出演し、合計4度の日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞、2度のブルーリボン賞の主演男優賞に輝いている。これと前後してアメリカ映画や中国映画などの海外作品にも出演しており、1998年には紫綬褒章を受賞した。一方でテレビドラマへの出演は1977年の初主演作『あにき』(TBS、脚本:倉本聰)をはじめ5作品である。その出演理由も「故郷にいる母親に、テレビで毎週自分の顔を見て安心して欲しいから」というものである。CMにも数多く出演しているが、富士通のパソコンFMVのCMでは『幸福の黄色いハンカチ』で夫婦を演じた倍賞千恵子と再び夫婦の設定で出演し、コミカルな演技を見せた。2006年4月2日の『世界遺産』(TBS)で初めてナレーションを務めた。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見たTBSテレビ

    映画『カミカゼ野郎 真昼の決斗』 (1966年、にんじんプロダクション / 國光影業) を皮切りにハリウッド映画など、東映以外の作品にも出演していたが、1970年には高倉プロを設立。1976年に東映を退社し、フリーに転向した。同年の映画『君よ憤怒の河を渉れ』(永田プロ / 大映) にて、10年以上、出演し続けた仁侠映画のイメージから脱却。翌1977年には『八甲田山』、『幸福の黄色いハンカチ』の二作品に主演し、第1回日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞と、第20回ブルーリボン賞の主演男優賞のダブル受賞に輝いた。これ以後も数々の作品に出演し、合計4度の日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞、2度のブルーリボン賞の主演男優賞に輝いている。これと前後してアメリカ映画や中国映画などの海外作品にも出演しており、1998年には紫綬褒章を受賞した。一方でテレビドラマへの出演は1977年の初主演作『あにき』(TBS、脚本:倉本聰)をはじめ5作品である。その出演理由も「故郷にいる母親に、テレビで毎週自分の顔を見て安心して欲しいから」というものである。CMにも数多く出演しているが、富士通のパソコンFMVのCMでは『幸福の黄色いハンカチ』で夫婦を演じた倍賞千恵子と再び夫婦の設定で出演し、コミカルな演技を見せた。2006年4月2日の『世界遺産』(TBS)で初めてナレーションを務めた。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た日本放送協会

    2012年8月18日、『SmaSTATION!!』(テレビ朝日)に出演。15年ぶりのテレビ番組へのゲスト出演で、人生初の生放送となった。9月8日、『プロフェッショナル 仕事の流儀 高倉健スペシャル』と、9月10日『プロフェッショナル 仕事の流儀 高倉健インタビュースペシャル』(NHK)では『あなたへ』の撮影現場への長期密着取材に応じ、俳優生活56年にして初めて自身のプライベートに関する事や本音、俳優としての信条などの一部を明らかにしている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た村田兆治

    長嶋茂雄と交友があり、長男・長嶋一茂が1999年12月3日に箱根神社で結婚式を挙げた時、高倉が出席したので、結婚式取材に駆けつけた取材陣が驚いた一幕があった。村田兆治の引退試合中継を見て感銘を受け、それまで面識も無かった村田の住所を関係者に一通り尋ねて調べ、さらに留守中だった村田の自宅前に、花束を置いて帰ったという話がある。仰木彬は高校の後輩。石原裕次郎とも親交があり、「健さん」「裕ちゃん」と呼び合う仲だった。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た会津八一

    常に感性に磨きをかけ、「感じやすい心」を保っておくために、読書や刀剣・美術品鑑賞、映画、音楽など、常に気に入ったものに触れる機会を作り、海外旅行へも出かけていく。撮影に際して、台本のカバーや裏表紙には有名、無名に関係なく、気に入った「心を震わせる」フレーズや詩歌などを貼りつけたり、忍ばせて持ち歩いている。『あなたへ』の撮影では、相田みつをの詩や会津八一の短歌などと一緒に、雑誌に掲載されていたという東日本大震災の被災地での1コマを撮影した写真も一緒に貼りつけて持ち歩いていた。山本周五郎の著作のフレーズや、主人公の生き方について書かれた木村久邇典の『男としての人生 - 山本周五郎のヒーローたち 』もお気に入りの1冊として持ち歩いている。長期間の撮影の中では、ベテランの高倉でも感情のコントロールが出来ない時があり、そうしたときは持っているこうした物にすがっているという。また台本だけでなく、自宅の洗面所などにもこうしたものが貼られており、気持ちを盛り上げている。この事について「俳優とはそれほど頼りないもの」と語っている。高倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉健

    高倉健から見た檀一雄

    むかし男ありけり (1984年、RKB毎日放送) - 檀一雄の足跡を高倉が案内する 本作は同年芸術祭 (文化庁) テレビドキュメンタリーの部 優秀賞受賞高倉健 フレッシュアイペディアより)

298件中 71 - 80件表示

「高倉健」のニューストピックワード