前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示
  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見た高原直泰高原直泰

    2012年11月25日、OBで前北九州監督の三浦泰年の監督就任が発表される。それに伴い、常盤聡、安田晃大、佐藤優也、金鐘必、関光博ら5選手が北九州からいずれも完全移籍、北九州に在籍した時に三浦監督の元でプレーした柏の福井諒司が完全移籍で復帰、北九州にレンタルしていたキローラン菜入、キローラン木鈴が復帰など北九州に在籍した選手を数多く獲得した。その他福岡から鈴木惇、清水から高原直泰が完全移籍、湘南から石神直哉が期限付きで加入した。さらに特別指定選手だった関西学院大学の井林章が加入した。一方、佐伯直哉、中谷勇介、木島良輔、吉弘充志、アレックス、秋葉勇志、新井章太、竹中公基との契約を更新せず、期限付き移籍だったジミー・フランサ、柴崎晃誠も所属元に復帰、磐田にレンタル移籍していた小林祐希がそのまま磐田に移籍、和田拓也が仙台、高橋祥平が大宮、梶川諒太が湘南、土屋征夫が甲府、深津康太、吉弘充志が町田へそれぞれ完全移籍した。また柴崎貴広が横浜FC、田中貴大と北九州に期限付き移籍していた高野光司が町田へいずれも期限付き移籍し、町田に期限付き移籍していた平本一樹は甲府へ期限付き移籍、富山に期限付き移籍中の舘野俊祐は移籍期間1年延長となったため、チームの陣容が大幅に入れ替わることとなった。東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎光太郎

    山崎光太郎から見た高原直泰高原直泰

    静岡県立清水東高等学校在学時の1994年にU-17日本代表の一員としてAFC U-17選手権優勝に貢献。一学年上とはいえ、当時はチームメートの小野伸二、高原直泰、稲本潤一以上の評価を得ていた。翌1995年にはU-17世界選手権にも出場している。清水東高校では一学年下の高原直泰とコンビを組んだ。山崎光太郎 フレッシュアイペディアより)

  • シュート!

    シュート!から見た高原直泰高原直泰

    『新たなる伝説』終盤にゲスト出演。小野伸二をモデルとした選手で、掛川と九里浜に興味を持ち高原とともに決勝戦のスタジアムを訪れた。前日には掛西中トリオを相手にミニゲームで勝利している。シュート! フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た高原直泰高原直泰

    長谷川健太の後任監督にはイラン代表監督(当時)のアフシン・ゴトビが就任。東京Vから高木俊幸、湘南から村松大輔、韓国Kリーグ水原から元日本代表高原直泰、ギリシャ・スーパーリーグイラクリスから元日本代表小林大悟、滝川第二高校から樋口寛規、AリーグシドニーFCからオーストラリア代表アレックス・ブロスケをそれぞれ完全移籍で獲得した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • U-20サッカー日本代表

    U-20サッカー日本代表から見た高原直泰高原直泰

    1979年と2001年大会を除いては全て1次リーグ通過を果たしており、中でも「黄金世代」と呼ばれた小野伸二・本山雅志・高原直泰らを擁して臨んだ1999年大会では、準優勝に輝いている。U-20サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄SV

    沖縄SVから見た高原直泰高原直泰

    SVはドイツ語でスポーツクラブを意味する「スポルトフェアイン」(Sport-Verein)の略であり、チーム略称は「OSV」。チーム代表者である高原直泰がかつて所属した「ハンブルガーSV(通称HSV)」が、チーム名の由来である。沖縄SV フレッシュアイペディアより)

  • サッカー日本代表

    サッカー日本代表から見た高原直泰高原直泰

    2大会ぶりに予選に参加し、アジア予選では1次予選で6戦全勝、最終予選で5勝1敗の成績で1位通過し、3大会連続の本大会出場を果たすとともに、時差の関係でワールドカップ地区予選突破第1号となった。前回大会で活躍した中田英寿や黄金世代の選手達が20代後半〜30代前半と円熟期を迎え、更に、前回大会には出場の叶わなかった中村俊輔や高原直泰が加わったチームは「史上最強」と謳われ、最終予選では視聴率が40%を超える試合が続出する等、日本サッカーファンの期待はかつて無い程大きく高まっていた。サッカーダイジェストによると、監督のジーコが守備の約束事を示さなかった事で、大会直前に選手間で話し合った所、プレスの掛け所を巡って意見が割れた事でチームワークに亀裂が入ったまま本大会に入ったとされる。初戦のオーストラリアには中村が代表の大会初得点で勢いに乗るも、後半長身選手を入れたオーストラリアに押し込まれチームはティム・ケーヒルに同点弾、逆転弾を浴び北朝鮮戦で劇的ゴールを挙げた大黒を投入するも前掛かりになった所を突かれ1-3と逆転負け。続くクロアチア戦は2試合連続酷暑の中後半6分に加地のオーバーラップから決定機を作ったが、押し込むだけのシュートを柳沢が外した事でPKを止めてピンチを防いだ川口を中心とした守備陣の頑張りを台無しにし引き分け。3戦目のブラジル戦は玉田のゴールで先制するもワールドカップの通算得点でゲルト・ミュラー越えのかかったロナウド(当時12ゴール)に2ゴールを奪われて1-4で敗れ、グループリーグ最下位で終えた。サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • スシ・ボンバー

    スシ・ボンバーから見た高原直泰高原直泰

    スシ・ボンバー フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム

    スター・システムから見た高原直泰高原直泰

    トルシエが就任する以前で言えばカズこと三浦知良が代表的な例である。サッカー人気の上昇と共に日本代表の絶対的なエースとして君臨し期待にこたえて活躍し続けた分、選手としての絶頂期を過ぎそれまでのようなパフォーマンスを出来なくなってきた1997年のW杯予選では、ここぞとばかりにマスコミはカズを叩いた。また、高原直泰が所属リーグであまり活躍できていなかったとき、それにもかかわらず、ジーコが高原を代表戦で使い続けた。代表戦でも結果が出せなかった高原に対してマスコミは目の色を変えて批判し始めた。これもスターシステムの弊害の一種である。スター・システム フレッシュアイペディアより)

  • 岡谷良

    岡谷良から見た高原直泰高原直泰

    2003年、アルゼンチン国内1部リーグ所属のとプロ選手契約を交わし、日本人としては、高原直泰以来2人目のアルゼンチン国内1部リーグプレーヤーとなった。2005年には同国2部リーグのにも在籍したが、トップ出場は果たせなかった。アルゼンチン、ウルグアイに約2年間滞在し、帰国。岡谷良 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示

「高原直泰」のニューストピックワード