93件中 11 - 20件表示
  • 2009年のJリーグ ディビジョン1

    2009年のJリーグ ディビジョン1から見た高原直泰高原直泰

    日本人選手が得点王を獲得するのは、2002年の高原直泰以来7年ぶり。2009年のJリーグ ディビジョン1 フレッシュアイペディアより)

  • スシボンバー

    スシボンバーから見た高原直泰高原直泰

    スシボンバー フレッシュアイペディアより)

  • ドミトリー・ラドチェンコ

    ドミトリー・ラドチェンコから見た高原直泰高原直泰

    地元クラブやスパルタク・モスクワを経て、キャリアの多くをスペインで過ごす。1999年9月、29歳となりベテランの域に達したラドチェンコは日本のジュビロ磐田に移籍をした。しかし中山雅史、高原直泰らFWの層が厚くレギュラー奪取とはならなかった。磐田退団後は浪人期間を経て2001-2002シーズンにクロアチアのハイデュク・スプリトに加入。その後、スペインの下位リーグクラブを経て、2008年に引退した。ドミトリー・ラドチェンコ フレッシュアイペディアより)

  • 田中洋明

    田中洋明から見た高原直泰高原直泰

    小野伸二、高原直泰、稲本潤一らとは同世代でユース代表ではエースストライカーとして活躍。高校2年の時にヴェルディ川崎に入団、その後ACミランの練習に参加する。しかし選手層の厚さから出番は無く、ユースの代表からも外れ、1999年に横浜FCに期限付き移籍。田中洋明 フレッシュアイペディアより)

  • 川口卓哉

    川口卓哉から見た高原直泰高原直泰

    高校時代は小野伸二、高原直泰、稲本潤一ら錚々たるメンバーが揃ったU-16日本代表の主将として1994年のAFC U-17選手権で優勝。翌1995年のFIFA U-17世界選手権にも出場した。川口卓哉 フレッシュアイペディアより)

  • インスブルック

    インスブルックから見た高原直泰高原直泰

    クルト・ヤーラ - サッカー選手、主にオーストリア・ブンデスリーガ・FCヴァッカー・インスブルックやリーガ・エスパニョーラ・バレンシアCFでプレー。ハンブルガーSV監督時代にはJリーグ・ジュビロ磐田から高原直泰を獲得している。インスブルック フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ブロスケ

    アレックス・ブロスケから見た高原直泰高原直泰

    アフシン・ゴトビ新監督のもと前年の清水と同じ4-1-2-3システムのインサイドハーフでポジションを獲得し、持ち味である2列目からの飛び出しから数多くのシュートチャンスを得ている。また高原直泰が不在のゲームでは3トップのセンターFWを務めることも多い。登録名は『アレックス』である。アレックス・ブロスケ フレッシュアイペディアより)

  • いのちの響

    いのちの響から見た高原直泰高原直泰

    高原直泰 ハンブルガーSVいのちの響 フレッシュアイペディアより)

  • 呉章銀

    呉章銀から見た高原直泰高原直泰

    2007年は、FA権取得者の中で最大の目玉選手と目され、済州などが獲得を目指していたが、中盤での豊富な運動量を評価していた蔚山現代FCへ移籍。同年7月に行われたAFCアジアカップに於いても韓国代表に選ばれ、日本代表との対戦となった3位決定戦で守備的MFとして先発出場、日本の攻撃陣(主に高原直泰・山岸智のマークについた)を封じ韓国の3位入賞に貢献した。2008年北京オリンピックを目指す韓国オリンピック代表チームの中核として常時招集され、本大会にも出場した。2010年には東アジア選手権決勝大会に廉基勳の負傷を受けて追加招集され全3試合に出場した。呉章銀 フレッシュアイペディアより)

  • 車ドゥリ

    車ドゥリから見た高原直泰高原直泰

    フランクフルト時代、自軍のチャンスを潰すことから“チャンスキラー”と呼ばれており、入れ替わるように加入した高原直泰も結果を出すまで“第2のチャンスキラー”という懐疑的な目で見られていた。車ドゥリ フレッシュアイペディアより)

93件中 11 - 20件表示

「高原直泰」のニューストピックワード