83件中 11 - 20件表示
  • 田中洋明

    田中洋明から見た高原直泰高原直泰

    小野伸二、高原直泰、稲本潤一らとは同世代でユース代表ではエースストライカーとして活躍。高校2年の時にヴェルディ川崎に入団、その後ACミランの練習に参加する。しかし選手層の厚さから出番は無く、ユースの代表からも外れ、1999年に横浜FCに移籍。2000年からは在学していた国士舘大学のサッカー部に入部。2002年にはシンガポール・SリーグのホームユナイテッドFCに入団。その後、タイ、ニュージーランドでもプレーした。田中洋明 フレッシュアイペディアより)

  • SBSカップ 国際ユースサッカー

    SBSカップ 国際ユースサッカーから見た高原直泰高原直泰

    この大会では小野伸二、高原直泰、川口能活といった静岡県に縁のあるサッカー選手をはじめとした数多くの選手が出場し、世界への登竜門的な位置づけもある。また、ロナウジーニョやクライファートなどの若き日の世界的プレーヤーもこの大会多く参加している。この模様は静岡放送やGAORAにて全国に中継される。SBSカップ 国際ユースサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 山本浩正

    山本浩正から見た高原直泰高原直泰

    清水東高等学校時代には高原直泰と同期だった。1998年にジュビロ磐田に加入。当初は大神友明とアルノ・ヴァンズワムの後塵を拝していたが、大神が退団した2002年は一時ヴァンズワムからレギュラーを奪い、磐田完全優勝時は正GKとして試合に出場していたが、2003年はヴァンズワムにポジションを奪回された。ヴァンズワムが退団した2004年は前年から加入した佐藤洋平に正GKを奪われてしまい、岩丸史也と入れ替わる形でヴィッセル神戸へレンタル移籍するが出場機会に恵まれずに復帰。さらに膝などの度重なる怪我に苦しんだ。山本浩正 フレッシュアイペディアより)

  • オシムジャパン

    オシムジャパンから見た高原直泰高原直泰

    ベースは国内組、そこに能力が高い中村俊輔、高原直泰といった海外組を付加する形になった。2007年のペルー戦で中村俊輔、高原直泰が初招集され、その後、稲本潤一や中田浩二、松井大輔が招集された。オシムジャパン フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ブロスケ

    アレックス・ブロスケから見た高原直泰高原直泰

    アフシン・ゴトビ新監督のもと前年の清水と同じ4-1-2-3システムのインサイドハーフでポジションを獲得し、持ち味である2列目からの飛び出しから数多くのシュートチャンスを得ている。また高原直泰が不在のゲームでは3トップのセンターFWを務めることも多い。登録名は『アレックス』である。アレックス・ブロスケ フレッシュアイペディアより)

  • TAKA

    TAKAから見た高原直泰高原直泰

    静岡県三島市出身のサッカー選手・高原直泰の愛称。TAKA フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・クロート

    トーマス・クロートから見た高原直泰高原直泰

    主にドイツ国内選手や欧州選手に関わるが、2003年の高原直泰のハンブルガーSVへの移籍を始めとして、日本人選手のドイツへの移籍のほとんどに関わっている。トーマス・クロート フレッシュアイペディアより)

  • 1999 FIFAワールドユース選手権

    1999 FIFAワールドユース選手権から見た高原直泰高原直泰

    日本は小野伸二、本山雅志、高原直泰、稲本潤一、遠藤保仁、小笠原満男、酒井友之、中田浩二らを擁して勝ち進み、アジア勢としては1981年大会のカタール以来となる決勝進出を成し遂げた。この日本の決勝進出はFIFA主催の世界大会としては男子及び女子、そして全ての年代の日本代表を通じて初の快挙だった(ちなみに、日本A代表(年齢制限なしのその国最強の代表)では、2001年日韓コンフェデ杯がFIFA主催の世界大会初決勝)。また大会ベストイレブンには小野伸二、本山雅志の2名が選出された。1999 FIFAワールドユース選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2002 FIFAワールドカップ日本代表

    2002 FIFAワールドカップ日本代表から見た高原直泰高原直泰

    監督はフランス人のフィリップ・トルシエ。フランス大会直後の1998年9月に就任して以降、ユース代表・シドニーオリンピック代表監督を兼任し、若い世代の選手達の育成に尽力。ひいてはA代表メンバーの底上げを図った。本大会のメンバーは、シドニー世代で25歳の中田英寿・松田直樹・宮本恒靖らを中心に据え、22歳の小野伸二・稲本潤一ら「黄金世代」とも呼ばれる1979年度生まれが5人を占めており、若手が多く起用された。また、前回大会メンバーである中山雅史・秋田豊の両ベテランの選出と、国内で評判の高かったフリーキックの名手である中村俊輔が落選したことは大きな波紋を呼んだ。エースストライカーとして期待されていた高原直泰は、大会直前にエコノミークラス症候群(肺血栓塞栓症)を発症し出場を断念している。2002 FIFAワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 清水範久

    清水範久から見た高原直泰高原直泰

    2001年に磐田へ復帰し、FW高原直泰のボカ・ジュニアーズ移籍後は中山雅史と2トップを組んだ。同年オフに横浜F・マリノスのオファーを受けて移籍、以後横浜FMで攻撃の活性化に寄与するプレーを続けた。清水範久 フレッシュアイペディアより)

83件中 11 - 20件表示

「高原直泰」のニューストピックワード