83件中 21 - 30件表示
  • 加藤友介

    加藤友介から見た高原直泰高原直泰

    同年8月5日の2007-08シーズン開幕戦アルセナルFC戦で後半32分から途中出場。ボカ・ジュニアーズに在籍していた高原直泰以来となるアルゼンチン1部リーグでプレー経験のある日本人選手となった。2008-09シーズンはプリメーラC(3部リーグ)のデフェンソーレス・ベルグラーノにレンタル移籍していたが、給料未払いなどの問題があって退団し、2009年11月に日本に帰国した。加藤友介 フレッシュアイペディアより)

  • 奥大介

    奥大介から見た高原直泰高原直泰

    磐田時代の同僚である福西崇史と仲がよく、2人とも磐田から移籍した後の2007年6月にも週刊サッカーマガジン誌上で一緒にインタビュー取材を受け、さまざまなエピソードを語った。磐田時代の同僚では高原直泰とも仲が良い。奥大介 フレッシュアイペディアより)

  • 名波浩

    名波浩から見た高原直泰高原直泰

    1.大神友明、2.鈴木秀人、3.大岩剛、4.河村崇大、5.田中誠、6.服部年宏、7.名波浩、8.成岡翔、9.中山雅史、10.藤田俊哉、11.松原良香、12.山本浩正、13.川口信男、14.山西尊裕、15.森下仁志、16.脇田寧人、17.桜井和寿、18.清水範久、19.三浦文丈、20.大井健太郎、23.福西崇史、29.奥大介、32.高原直泰名波浩 フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアノ・タデュー・アランダ

    ジュリアノ・タデュー・アランダから見た高原直泰高原直泰

    その後、ブラジル、スペインのチームを転々とした後、2002年にサンカエターノからガンバ大阪に完全移籍。当時はJリーグに少なかった192cmの長身を生かしたヘディング、ポストプレーは相手選手から恐れられ、この年リーグ戦で22ゴールと抜群の得点力を発揮した(得点王は26ゴールの高原直泰)。ジュリアノ・タデュー・アランダ フレッシュアイペディアより)

  • 崔龍洙

    崔龍洙から見た高原直泰高原直泰

    崔は日本サッカーに関して「Jリーグは前線よりも中盤に重点を置いているため、よいFWが育ちにくい環境にある。鈴木(隆行)も玉田も柳沢も自分から点を取るタイプではないだろう。本物のストライカーと呼べるのは高原とゴン中山さんくらいだろう」「特にゴン中山さんのあのプロ魂には感服する、だから40を過ぎてもまだサッカーを続けていられるんだ。若いカレンや前田はゴン中山さんを見習えばもっと成長する」とコメントしている。崔龍洙 フレッシュアイペディアより)

  • ドミトリー・ラドチェンコ

    ドミトリー・ラドチェンコから見た高原直泰高原直泰

    地元クラブやスパルタク・モスクワを経て、キャリアの多くをスペインで過ごす。1999年9月、29歳となりベテランの域に達したラドチェンコは日本のジュビロ磐田に移籍をした。しかし中山雅史、高原直泰らFWの層が厚くレギュラー奪取とはならなかった。磐田退団後は浪人期間を経て2001-2002シーズンにクロアチアのハイデュク・スプリトに加入。その後、スペインの下位リーグクラブを経て、2005年に引退した。ドミトリー・ラドチェンコ フレッシュアイペディアより)

  • 久保竜彦

    久保竜彦から見た高原直泰高原直泰

    2002年、2002 FIFAワールドカップを控え日本代表に呼ばれ続けるも、限られた出場機会でのアピールに結果が伴わずW杯メンバーの当落線上にいた。同年5月の高原直泰と西澤明訓の離脱に伴いメンバー入りの可能性もあったが、最終的にはW杯出場はかなわなかった。同年末、広島はJリーグ ディビジョン2に降格し、移籍を決意する。この際横浜FM・FC東京・東京V・大分・磐田・名古屋が獲得に乗り出すも、完全移籍前提での話となったことから横浜FMと磐田に絞られた。久保竜彦 フレッシュアイペディアより)

  • 亘崇詞

    亘崇詞から見た高原直泰高原直泰

    2001年、高原直泰がボカ・ジュニアーズ入りした際には通訳を務める。また、ボカがトヨタカップ(2000年、2001年、2003年)やFIFAクラブワールドカップ(2007年)などで来日した際にはチームの通訳として同行している。元ボカの選手であったこともあり、通訳として帯同しているにもかかわらず選手と一緒に練習に参加することもあった。亘崇詞 フレッシュアイペディアより)

  • 呉章銀

    呉章銀から見た高原直泰高原直泰

    2007年は、FA権取得者の中で最大の目玉選手と目され、済州などが獲得を目指していたが、中盤での豊富な運動量を評価していた蔚山現代FCへ移籍。同年7月に行われたAFCアジアカップに於いても韓国代表に選ばれ、日本代表との対戦となった3位決定戦で守備的ミッドフィールダーとして先発出場、日本のFW陣(主に高原直泰・山岸智のマークについた)を封じ韓国の3位獲得に貢献した。2008年北京オリンピックを目指す韓国オリンピック代表チームの中核として常時招集され、本大会にも出場した。2010年には東アジアサッカー選手権2010決勝大会に廉基勳の負傷を受けて追加招集され全3試合に出場した。呉章銀 フレッシュアイペディアより)

  • U-17サッカー日本代表

    U-17サッカー日本代表から見た高原直泰高原直泰

    松田保監督の下、小野伸二・稲本潤一・高原直泰ら後の「ゴールデン・エイジ」が出場。グループリーグで勝ち点4を上げるも、開催国エクアドルに得失点差で1及ばず決勝トーナメント進出を逃す。U-17サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

83件中 21 - 30件表示

「高原直泰」のニューストピックワード