93件中 21 - 30件表示
  • 1999 FIFAワールドユース選手権

    1999 FIFAワールドユース選手権から見た高原直泰高原直泰

    日本は小野伸二、本山雅志、高原直泰、稲本潤一、遠藤保仁、小笠原満男、酒井友之、中田浩二らを擁して勝ち進み、アジア勢としては1981年大会のカタール以来となる決勝進出を成し遂げた。この日本の決勝進出はFIFA主催の世界大会としては男子及び女子、そして全ての年代の日本代表を通じて初の快挙だった(ちなみに、日本A代表(年齢制限なしのその国最強の代表)では、2001年日韓コンフェデ杯がFIFA主催の世界大会初決勝)。また大会ベストイレブンには小野伸二、本山雅志の2名が選出された。1999 FIFAワールドユース選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ヤセル・アル・カフタニ

    ヤセル・アル・カフタニから見た高原直泰高原直泰

    2007年のアジアカップ2007では4ゴールを挙げ、高原直泰、ユニス・マフムードと共に得点王に輝いた。同年、アジア年間最優秀選手賞を受賞した。ヤセル・アル・カフタニ フレッシュアイペディアより)

  • ヴラド・ムンテアヌ

    ヴラド・ムンテアヌから見た高原直泰高原直泰

    FCMバカウの下部組織で育ち、1998年に同チームからプロデビューした。2000年、リーガ1の強豪であるFCディナモ・ブカレストに移籍した。2006年に移籍したエネルギー・コットブス所属時の2006?07シーズンには、当時アイントラハト・フランクフルト所属の高原直泰と並び得点ランキング13位タイの11得点を挙げた。2007年の夏に同郷のとともにVfLヴォルフスブルクへ移籍した。数回にわたる期限付き移籍を経て2011年にはFCディナモ・ブカレストに復帰した。ヴラド・ムンテアヌ フレッシュアイペディアより)

  • 山本浩正

    山本浩正から見た高原直泰高原直泰

    清水東高等学校時代には高原直泰と同期だった。1998年にジュビロ磐田に加入。当初は大神友明とアルノ・ヴァン・ズワムの後塵を拝していたが、大神が退団した2002年は一時ヴァンズワムからレギュラーを奪い、磐田完全優勝時は正GKとして試合に出場していたが、2003年はヴァンズワムにポジションを奪回された。ヴァンズワムが退団した2004年は前年から加入した佐藤洋平に正GKを奪われてしまい、岩丸史也と入れ替わる形でヴィッセル神戸へレンタル移籍するが出場機会に恵まれずに復帰。さらに膝などの度重なる怪我に苦しんだ。山本浩正 フレッシュアイペディアより)

  • メガロマン

    メガロマンから見た高原直泰高原直泰

    2006年6月16日付のイタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』の「W杯の変な髪形特集」にて、アルゼンチンDF・フアン・パブロ・ソリン、クロアチアFW・ダド・プルショ、トーゴFW・エマニュエル・アデバヨール、韓国MF・李天秀らと並んで、ソフトモヒカンヘアーの日本FW・高原直泰の写真が掲載された。オーストラリア戦での高原のプレーについても触れられており、「意味不明なドリブル、プレー。そして髪形は異彩を放つ」と酷評。「日本の“メガロマン”のようだ」と例えられた。メガロマン フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ファジーノ

    チャールズ・ファジーノから見た高原直泰高原直泰

    ポップアート作品のコレクターには、クリントン元大統領夫妻、マイケル・ジョーダン、ポール・マッカートニー、ジュリア・ロバーツ、とんねるず石橋貴明、Jリーガー高原直泰などの著名人をはじめ、ユニセフ、国際赤十字など数々の有名団体、企業などがあげられる。チャールズ・ファジーノ フレッシュアイペディアより)

  • 松本圭介 (サッカー選手)

    松本圭介 (サッカー選手)から見た高原直泰高原直泰

    関西学院大学を卒業後、2013年グルージャ盛岡入団。2016年から、元日本代表FW高原直泰が率いる沖縄県3部リーグに属する沖縄SVに移籍。松本圭介 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 崔龍洙

    崔龍洙から見た高原直泰高原直泰

    崔は日本サッカーに関して「Jリーグは前線よりも中盤に重点を置いているため、よいFWが育ちにくい環境にある。鈴木(隆行)も玉田(圭司)も柳沢(敦)も自分から点を取るタイプではないだろう。本物のストライカーと呼べるのは高原(直泰)とゴン中山さんくらいだろう」「特にゴン中山さんのあのプロ魂には感服する、だから40を過ぎてもまだサッカーを続けていられるんだ。若いカレンや前田(遼一)はゴン中山さんを見習えばもっと成長する」とコメントしている。崔龍洙 フレッシュアイペディアより)

  • 平瀬智行

    平瀬智行から見た高原直泰高原直泰

    しかしシドニーオリンピック本大会では、メンバー入りしたものの高原直泰、柳沢に次ぐ3番手の扱いとなり、チーム戦術も試合後半にFWを減らし1トップにシフトする戦術を取ったため出番は限られ、見せ場を作ることは出来なかった。一方、鹿島ではJリーグ初の三冠(J1、ナビスコ杯、天皇杯)制覇を経験し、フル代表にも選出された。2002年7月に横浜F・マリノスへ半年間レンタル移籍。翌年に鹿島へ復帰を果たすが、2004年8月に今度はヴィッセル神戸へ完全移籍。神戸では、サポーターから「平瀬様」「14番様」などと神様的存在で慕われていたものの、股関節の怪我に悩まされ、2007年シーズン終了を以て戦力外となり退団。平瀬智行 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のサッカー

    2007年のサッカーから見た高原直泰高原直泰

    3月24日 - サッカー日本代表の今年最初の試合、キリンチャレンジカップ(対ペルー戦)が横浜国際総合競技場で開催され、オシム体制になって初めて中村俊輔、高原直泰の「海外組」を招集。試合は2-0で日本が勝利。2007年のサッカー フレッシュアイペディアより)

93件中 21 - 30件表示

「高原直泰」のニューストピックワード