93件中 31 - 40件表示
  • レギオナルリーガ (ドイツサッカー)

    レギオナルリーガ (ドイツサッカー)から見た高原直泰高原直泰

    3. リーガ昇格を目指すクラブのほか、ブンデスリーガに在籍するクラブが、下部組織をアマチュアとして参加させることもある。日本人選手としては、ハンブルガーSVに在籍する高原直泰が、ハンブルガーSV・アマチュアの試合に出場し、2ゴールを挙げたことがある。レギオナルリーガ (ドイツサッカー) フレッシュアイペディアより)

  • 加藤友介

    加藤友介から見た高原直泰高原直泰

    同年8月5日の2007-08シーズン開幕戦アルセナルFC戦で後半32分から途中出場。ボカ・ジュニアーズに在籍していた高原直泰以来となるアルゼンチン1部リーグでプレー経験のある日本人選手となった。2008-09シーズンはプリメーラC(3部リーグ)のデフェンソーレス・ベルグラーノにレンタル移籍していたが、給料未払いなどの問題があって退団し、2009年11月に日本に帰国した。加藤友介 フレッシュアイペディアより)

  • エジミウソン・ドス・サントス・シルバ

    エジミウソン・ドス・サントス・シルバから見た高原直泰高原直泰

    2008年に浦和レッドダイヤモンズに完全移籍。加入当初は、チームへの適応に時間を要したことから、サポーターからブーイングや応援ボイコットを受けた時期もあったが、高原直泰らとのポジション争いを制し、コンスタントに得点を重ねチームの得点源として活躍した。また、前線での積極的なチェイシングにより守備面でも大きく貢献。2009年6月13日、ナビスコカップ第7節、対大宮戦で日本での通算100得点を達成。J1において新記録となる6シーズン連続10得点以上も達成した。2010年もエースストライカーとして君臨。J1通算200試合出場の節目の試合でもあった8月21日の対湘南ベルマーレ戦で2得点を挙げ、史上最年少でのJ1通算100得点を達成、初の20代で達成した選手となった。また自身が持つJ1連続10得点以上の記録を7シーズンに更新、チームの調子が上がらない中でもリーグ3位となる16得点を記録、自身初のリーグ戦全試合出場を果たした。エジミウソン・ドス・サントス・シルバ フレッシュアイペディアより)

  • 清水範久

    清水範久から見た高原直泰高原直泰

    2001年に磐田へ復帰し、FW高原直泰のボカ・ジュニアーズ移籍後は中山雅史と2トップを組んだ。同年オフに横浜F・マリノスのオファーを受けて移籍、以後横浜FMで攻撃の活性化に寄与するプレーを続けた。清水範久 フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・クロート

    トーマス・クロートから見た高原直泰高原直泰

    主にドイツ国内選手や欧州選手に関わるが、2003年の高原直泰のハンブルガーSVへの移籍を始めとして、日本人選手のドイツへの移籍のほとんどに関わっている。日本との最初の接点はピエール・リトバルスキーをジェフ市原(当時)に移籍させたことが切っ掛け。トーマス・クロート フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のJ3リーグ

    2014年のJ3リーグから見た高原直泰高原直泰

    発足初年度のJ3リーグで、戦前の予想では前年のJFLで優勝しながらJ2ライセンス申請を見送ったために昇格を逃した長野を筆頭に、早くからJ2参入を目指して活動していた金沢、リーグ開幕直後に元日本代表FW高原直泰の獲得に成功した相模原、さらにはJ2経験のある町田・鳥取などが優勝争いの軸となると目されていた。2014年のJ3リーグ フレッシュアイペディアより)

  • クルト・ヤーラ

    クルト・ヤーラから見た高原直泰高原直泰

    FCチロル・インスブルックのオーストリア・ブンデスリーガ3連覇の土台を作り、後にレッドブル・ザルツブルクの初代監督に就任したことで歴史に名を残している。また、日本ではハンブルガーSV監督時代に高原直泰を獲得した指導者として知られている。クルト・ヤーラ フレッシュアイペディアより)

  • 常盤聡

    常盤聡から見た高原直泰高原直泰

    2013年、三浦が新たに東京ヴェルディの監督に就任すると、三浦サッカーの欠かせないピースとして同クラブへ移籍。同年は主に高原直泰と2トップでコンビを組んだ。2014年は攻撃の中心となりチーム最多の得点を記録。シーズン終了後、契約満了により退団。常盤聡 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本光夫 (経営者)

    橋本光夫 (経営者)から見た高原直泰高原直泰

    2010年、浦和OBの柱谷幸一をゼネラルマネージャー (GM) に迎え、前年度まで信藤が務めていたTD職を廃止。柱谷GMを本部長とする強化本部を設置することで柱谷の権限を強め、前年度にTDと同格の立場だった監督職を強化本部の傘下に置く組織改革を行った。2010年度には田中マルクス闘莉王や高原直泰ら主力選手を放出するなど人件費を削減する一方で、AFCチャンピオンズリーグ出場権を確保する 目標を掲げるも1シーズン制になった2005年以降では最低の成績となる10位でシーズンを終えると、チーム再建のために招聘したフィンケ監督との契約を更新せず、2011年度より浦和OBのゼリコ・ペトロビッチを監督として迎えることを発表した。この人事について橋本は「強く魅力のあるサッカーを目指す中、強さの部分が課題だった」とフィンケ退任とペトロビッチ招聘の理由を説明。ペトロビッチ監督には1年目から結果を求め、自らも進退を賭ける覚悟であると主張した。橋本光夫 (経営者) フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ファン・デル・ファールト

    ラファエル・ファン・デル・ファールトから見た高原直泰高原直泰

    2005年6月29日、ドイツのハンブルガーSVに移籍。移籍金は推定550万ユーロ(約7億4300万円)で、5年契約を結んだ。当時のチームメートには元日本代表FW高原直泰が同僚であった。ラファエル・ファン・デル・ファールト フレッシュアイペディアより)

93件中 31 - 40件表示

「高原直泰」のニューストピックワード