83件中 31 - 40件表示
  • 道上洋三

    道上洋三から見た高原直泰高原直泰

    サッカー日本代表の高原直泰がエコノミー症候群になった際に、「そのまま死ねば話題になったのに」と発言。後に番組内で謝罪した。道上洋三 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た高原直泰高原直泰

    7月に帰国。徐々にキレと感覚を取り戻すとレギュラーを獲得。2ndステージからの復帰で、12試合出場で3得点。トルシエ率いるU-20日本代表のFWの主軸として、ナイジェリアで開催されたワールドユースに2大会連続で出場。高原直泰と2トップを組み、準決勝・ウルグアイ戦で決勝点を決めるなど、チームの準優勝に貢献した。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大迫勇也

    大迫勇也から見た高原直泰高原直泰

    理想のサッカー選手はティエリ・アンリと高原直泰である。大迫勇也 フレッシュアイペディアより)

  • U-20サッカー日本代表

    U-20サッカー日本代表から見た高原直泰高原直泰

    1999年ナイジェリア大会では、前年のフランスW杯にも出場した小野伸二を中心に、のちにA代表に名を連ねる本山雅志、高原直泰、小笠原満男、遠藤保仁、中田浩二、稲本潤一、加地亮、酒井友之、播戸竜二、2大会連続出場の永井雄一郎・南雄太らを擁した、いわゆる「黄金世代」が、フィリップ・トルシエ監督の指揮の元に準優勝という日本サッカー史上に残る快挙を成し遂げた。大会の直前に主力であった金古聖司・市川大祐を負傷と疾病で欠き、また稲本も負傷の回復途上でコンディションが整わないなど不安視される要素も多かったが、その穴を感じさせぬ各選手の活躍と戦術の機能ぶりが目立った。精神面・戦術面双方の支柱であったキャプテン小野を警告累積による出場停止で欠いた決勝ではスペインに0-4で完敗したものの、小野・本山は大会ベストイレブンにも選出された。U-20サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 川口卓哉

    川口卓哉から見た高原直泰高原直泰

    高校時代は小野伸二、高原直泰、稲本潤一ら錚々たるメンバーが揃ったU-16日本代表の主将として1994年のAFC U-17選手権で優勝。翌1995年のFIFA U-17世界選手権にも出場した。川口卓哉 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎慎司

    岡崎慎司から見た高原直泰高原直泰

    同年2月17日、FIFAの裁定により、暫定登録という形で、UEFAヨーロッパリーグの出場が可能となりベンフィカ戦に左MFでフル出場デビュー。2月20日、ブンデスリーガ第23節バイエル・レバークーゼン戦で先発出場し、ブンデスリーガデビューを飾った。それ以降スタメンに定着するも、残留争いの渦中にあったチーム事情により、守備に奔走することが多かったため、中々ゴールを決められなかったが、豊富な運動量と献心的な守備を発揮することで、岡崎加入前まで降格圏をさまよっていたチームは調子を上げていき最終節を待たずに残留を決めた5月6日のハノーファー96戦では決勝点となるブンデスリーガ初ゴールを決めた。最終節のバイエルン・ミュンヘン戦でも得点を挙げチームの1部残留に貢献した(日本人がバイエルン戦で得点を挙げるのは高原直泰以来)。岡崎慎司 フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見た高原直泰高原直泰

    ブンデスリーガ創立以来、一度も2部に降格した経験がない唯一のクラブである。2002年から2006年まで高原直泰が所属していた事で知られる。また、漫画『キャプテン翼』においては若林源三が所属するチームとして描かれており、日本での認知度も高い。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • 梅崎司

    梅崎司から見た高原直泰高原直泰

    2009年、前年まで背番号7を付け、不調に陥っていたFW高原直泰がなじみある背番号19への変更を希望したため、翌年からその背番号7をつけることになった。梅崎司 フレッシュアイペディアより)

  • ワルテル・ガイタン

    ワルテル・ガイタンから見た高原直泰高原直泰

    ロサリオ・セントラルでデビューし、1998年にスペインのビジャレアルCFに移籍する。2年間ビジャレアルでプレーした後、2001年にボカ・ジュニアーズに移籍した。ボカ在籍時には高原直泰とチームメイトだった。2001年にはリベルタドーレス杯を制した。インターコンチネンタルカップのために来日したが、怪我をしていたためにバイエルン・ミュンヘン戦には出場できなかった。2002年にメキシコのUANLティグレスに移籍すると、2003-04シーズンは18得点、2004-05シーズンは19得点を挙げ、2005前期リーグの得点王に輝く。2006後期リーグでは最優秀選手になった。クラブの象徴であるヘロニモ・バルバディーニョが引退してからは、彼の背番号である7番を受け継いだ。彼はCFモンテレーと争われるクラシコ・レヒオモンタノでのティグレスの最多得点者であり、リベルタドーレス杯におけるティグレスの最多得点者でもある。2007年途中から3ヶ月間、個人的理由によりティグレスの試合に欠場した。ワルテル・ガイタン フレッシュアイペディアより)

  • アイントラハト・フランクフルト

    アイントラハト・フランクフルトから見た高原直泰高原直泰

    2005-2006シーズンからブンデスリーガ1部に復帰している。2005-2006シーズンのドイツ・カップで準優勝し翌シーズンのUEFAカップの出場権を獲得した(優勝したバイエルン・ミュンヘンがUEFAチャンピオンズリーグの出場権をすでに獲得しているため)。2006-2007シーズンのブンデスリーガではシーズン序盤は無敗だったものの次第に残留争いをする展開となったが11得点をマークした高原直泰やアシスト王となったシュトライトの活躍もあり2シーズン続けての残留を達成した。UEFA杯では1回戦でブレンビーIFを下しグループリーグに進出したがパレルモ、ニューカッスル・ユナイテッドFC、フェネルバフチェ、セルタらが同居する死のグループに入れられ最下位に終わった。アイントラハト・フランクフルト フレッシュアイペディアより)

83件中 31 - 40件表示

「高原直泰」のニューストピックワード