83件中 61 - 70件表示
  • 夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル

    夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャルから見た高原直泰高原直泰

    ドイツに乗り込み、木梨JAPAN(木梨・松井大輔・エムボマ)が当時フランクフルトに所属していた高原直泰・稲本潤一とサッカーボウリングで対戦。最初の対決で111-109と僅差で高原・稲本チームが勝利し、サドンデスでは普通のボウリングで3フレーム限定の対決を行ない、こちらも24-14で高原・稲本チームが勝利。夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た高原直泰高原直泰

    2000年は6月6日に行われたハッサン2世国王杯のジャマイカ戦でA代表初ゴールを挙げた。レバノンで開催されたアジアカップサウジアラビア戦では高原直泰との交代で途中出場したものの、絶好の決定機にシュートしないなど、消極的なプレーにいらだったトルシエ監督によってわずか7分後に奥大介との交代を命じられた。翌2001年は12得点を挙げ鹿島のJリーグ優勝に貢献しJリーグベストイレブンを受賞した。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 静脈血栓塞栓症

    静脈血栓塞栓症から見た高原直泰高原直泰

    2002年に日本人サッカー選手の高原直泰が旅客機での移動に際してエコノミークラスより格段に広いビジネスクラスを利用して発病したこともあり、エコノミークラス以外なら安全ということではない。このため旅行者血栓症とも言われるが、日本旅行医学会はバスなどでの発生はまれだとしてロングフライト血栓症に改称することを提唱している。静脈血栓塞栓症 フレッシュアイペディアより)

  • サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)から見た高原直泰高原直泰

    高原直泰 - ハンブルガーSV (2002-2006), フランクフルト (2006-2008)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ) フレッシュアイペディアより)

  • Foot!

    Foot!から見た高原直泰高原直泰

    2007年6月2日(#40)および9日(#41)では、倉敷自ら高原直泰にインタビューを行っている。Foot! フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た高原直泰高原直泰

    東京Vから高木俊幸、湘南から村松大輔、韓国Kリーグの水原から元日本代表の高原直泰、ギリシャ・スーパーリーグのイラクリスから元日本代表の小林大悟、全国高等学校サッカー選手権大会で優勝した滝川第二高校から得点王を獲得した樋口寛規、AリーグのシドニーFCからオーストラリア代表のアレックス・ブロスケを獲得した。開幕戦の柏戦で0-3で大敗したが、小野、高原などの活躍もあり、その後は6勝4分け1敗と好調を維持し上位を伺う位置につけたものの、第6節C大阪、第19節広島、第20節新潟と続く夏場のアウェー3連戦全てを0-4で大敗し3連敗。8月にオランダ北京五輪代表のDFカルフィン・ヨン・ア・ピンと元スウェーデン代表のフレドリック・ユングベリを獲得したが、上位に食い込むまでには至らず、終盤J2降格の決まっていた福岡に2点リードの状態から追いつかれて引き分けると、その後の残り3戦を3連敗と、守備に課題を残したまま、10位でシーズンを終了した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜

    やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜から見た高原直泰高原直泰

    名フリーキッカーたちのフリーキックを、ハイスピードカメラをはじめとする多数のカメラで撮影、検証するコーナー。これまで、ドラガン・ストイコビッチや遠藤保仁などのFKを検証してきた。過去には、ストライカー研究所(高原直泰)、ゴールキーパー研究所(オリバー・カーン)なども行われていた。やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜 フレッシュアイペディアより)

  • 麒麟麦酒

    麒麟麦酒から見た高原直泰高原直泰

    高原直泰(麒麟淡麗〈生〉)麒麟麦酒 フレッシュアイペディアより)

  • 岡谷良

    岡谷良から見た高原直泰高原直泰

    2003年、アルゼンチン国内1部リーグ所属のとプロ選手契約を交わし、日本人としては、高原直泰以来2人目のアルゼンチン国内1部リーグプレーヤーとなった。2005年には同国2部リーグのにも在籍したが、トップ出場は果たせなかった。アルゼンチン、ウルグアイに約2年間滞在し、帰国。岡谷良 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌邦

    山本昌邦から見た高原直泰高原直泰

    オーバーエイジ枠には、小野伸二、高原直泰、曽ヶ端準を招聘。この世代では常時Jリーグで出場しているGKメンバーが少なく、今後の代表を背負うことも期待して曽ヶ端を選出した。小野は、本来であれば中心選手として出場したであろう前回大会のシドニーオリンピックに、怪我で出られなかった悔しさを、今回大会へのエネルギーに変えてくれるものと期待したことと、同期の高原との息のあったコンビネーションを重視して招集した。高原は2002年のJリーグ得点王であり、前回大会の実績と国外クラブでの経験など申し分なかった。しかしながら、高原が本戦登録の直前に日本サッカー協会の医学委員会より出場を拒否されたことで、結果としてその効果が薄くなること、さらに時間的な制約から高原の代役を招集することがかなわなかったことで、山本の構想は本戦前に大きく崩れざるを得なかった。チームは、パラグアイ・イタリア・ガーナと対戦。1勝2敗の成績で勝ち点3を獲得したが予選で敗退した。山本昌邦 フレッシュアイペディアより)

83件中 61 - 70件表示

「高原直泰」のニューストピックワード