93件中 61 - 70件表示
  • 鳥取市営サッカー場

    鳥取市営サッカー場から見た高原直泰高原直泰

    2002年(平成14年)12月22日、当時ジュビロ磐田の選手だった高原直泰がバードスタジアムで行われた天皇杯4回戦の試合終了後、同スタジアム内の一室にてハンブルガーSVの契約書にサインし、移籍が正式に決まった。鳥取市営サッカー場 フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・マイアー

    アレクサンダー・マイアーから見た高原直泰高原直泰

    2006-07シーズンは新加入の高原直泰と息の合ったプレーを見せ、高原がハットトリックを決めた試合ではそのうちの2点をアシストした。アレクサンダー・マイアー フレッシュアイペディアより)

  • なすび (タレント)

    なすび (タレント)から見た高原直泰高原直泰

    サッカーの元日本代表の高原直泰とは親友で、一緒にテレビゲームなどをする仲だった。本人達曰く、「無理せず気も使わずずっと一緒に居れる」との事。なすび (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • 小野伸二

    小野伸二から見た高原直泰高原直泰

    同学年の高原直泰、稲本潤一らと仲がよい。この3人を追ったフジテレビ系の正月恒例の特別番組「ワールドカップをめぐる冒険」が2002年から2007年まで放送された。また、高原とは清水、稲本とは札幌でチームメイトになっている。小野伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 稲本潤一

    稲本潤一から見た高原直泰高原直泰

    2007年5月、同期の高原直泰が当時所属していたドイツのブンデスリーガ、フランクフルトへ2年契約で移籍。移籍会見翌日にキリンカップのための日本代表合宿に合流し、オシムジャパン初招集となる。2009年6月、フランス1部リーグのスタッド・レンヌに移籍。2009年9月9日の親善試合・ガーナ戦では岡崎慎司の同点ゴールをアシストし、自身6年半ぶりの代表での得点となる決勝点を挙げる活躍を見せた。レンヌでは当初は出番があったが、若手の台頭もあり、出場機会に恵まれずベンチを暖める日が続いた。翌年の南アフリカW杯を視野に国内復帰を模索していたところ、2010年1月12日、レンヌより川崎フロンターレへの完全移籍が発表された。稲本潤一 フレッシュアイペディアより)

  • 水原三星ブルーウィングス

    水原三星ブルーウィングスから見た高原直泰高原直泰

    高原直泰 (元日本代表 2006年ワールドカップ代表)水原三星ブルーウィングス フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアノ・タデュー・アランダ

    ジュリアノ・タデュー・アランダから見た高原直泰高原直泰

    その後、ブラジル、スペインのチームを転々とした後、2002年にADサンカエターノからガンバ大阪に完全移籍。当時はJリーグに少なかった192cmの長身を生かしたヘディング、ポストプレーは相手選手から恐れられ、この年リーグ戦で22ゴールと抜群の得点力を発揮した(得点王は26ゴールの高原直泰)。翌年の2003年は、得点自体は15ゴールと減ったが、ポストプレーでチームの起点となるプレーで2年連続でガンバ大阪のエースとして活躍した。しかし2004年は、怪我の影響で5得点に留まり、この年限りでガンバ大阪を退団した。ジュリアノ・タデュー・アランダ フレッシュアイペディアより)

  • やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜

    やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜から見た高原直泰高原直泰

    名フリーキッカーたちのフリーキックを、ハイスピードカメラをはじめとする多数のカメラで撮影、検証するコーナー。これまで、ドラガン・ストイコビッチや遠藤保仁などのFKを検証してきた。過去には、ストライカー研究所(高原直泰)、ゴールキーパー研究所(オリバー・カーン)なども行われていた。やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た高原直泰高原直泰

    2013年は7月に入るまでスタメン出場がないなど調子が上がらなかったが、その後ある程度持ち直しこの年からヴェルディに加入した高原直泰と、元日本代表2トップを組むなどして奮闘した。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ワルテル・ガイタン

    ワルテル・ガイタンから見た高原直泰高原直泰

    CAロサリオ・セントラルでデビューし、1998年にスペインのビジャレアルCFに移籍する。2年間ビジャレアルでプレーした後、2001年にボカ・ジュニアーズに移籍した。ボカ在籍時には高原直泰とチームメイトだった。2001年にはコパ・リベルタドーレスを制し、ヨーロッパ代表のFCバイエルン・ミュンヘンとの対戦となったインターコンチネンタルカップのために来日したが、怪我のために出場できなかった。2002年にメキシコのUANLティグレスに移籍すると、2003-04シーズンは18得点、2004-05シーズンは19得点を挙げ、2005前期リーグの得点王に輝く。2006後期リーグでは最優秀選手になった。クラブの象徴であるが引退してからは、彼の背番号である7番を受け継いだ。彼はCFモンテレイと争われるクラシコ・レヒオモンタノでのティグレスの最多得点者であり、コパ・リベルタドーレスにおけるティグレスの最多得点者でもある。2007年途中から3ヶ月間、個人的理由によりティグレスの試合に欠場した。ワルテル・ガイタン フレッシュアイペディアより)

93件中 61 - 70件表示

「高原直泰」のニューストピックワード