93件中 81 - 90件表示
  • SC相模原

    SC相模原から見た高原直泰高原直泰

    木村体制3年目。森田耕一郎および小澤雄希が讃岐へ、橋本真人および斎藤広野が盛岡へ、吉村修平および御給匠がFC大阪へ移籍、渡辺彰宏が引退(アカデミーコーチに就任)、森谷佳祐が退団した一方、藤吉皆二朗(横河武蔵野)、フェアー・モービー(ポートランド・ティンバーズ)、寺田洋介(琉球)、大森啓生(秋田)、三幸秀稔(甲府)、乾達朗(ウォリアーズFC)の6名が完全移籍により入団。さらに、森本良(横浜FC)、阿波加俊太、神田夢実(いずれも札幌)の3名がレンタル移籍により入団した。また、服部康平(国士舘大学)が入団した。3月21日、元日本代表FW高原直泰(東京V)がレンタル移籍で加入した。8月に元ブラジル代表MFトロが加入した。SC相模原 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎慎司

    岡崎慎司から見た高原直泰高原直泰

    同年2月17日、FIFAの裁定により、暫定登録という形で、UEFAヨーロッパリーグの出場が可能となりベンフィカ戦に左MFでフル出場デビュー。2月20日、ブンデスリーガ第23節バイエル・レバークーゼン戦で先発出場し、ブンデスリーガデビューを飾った。それ以降スタメンに定着するも、残留争いの渦中にあったチーム事情により、守備に奔走することが多かったため、なかなか得点を決められなかったが、豊富な運動量と献心的な守備を発揮することで、岡崎加入前まで降格圏をさまよっていたチームは調子を上げていき最終節を待たずに残留を決めた5月6日のハノーファー96戦では決勝点となるブンデスリーガ初ゴールを決めた。最終節のバイエルン・ミュンヘン戦でも得点を挙げチームの1部残留に貢献した(日本人がバイエルン戦で得点を挙げるのは高原直泰以来)。岡崎慎司 フレッシュアイペディアより)

  • U-17サッカー日本代表

    U-17サッカー日本代表から見た高原直泰高原直泰

    松田保監督の下、小野伸二・稲本潤一・高原直泰ら後の「ゴールデン・エイジ」が出場。グループリーグで勝ち点4を上げるも、開催国エクアドルに得失点差で1及ばず決勝トーナメント進出を逃す。U-17サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤嘉紀

    武藤嘉紀から見た高原直泰高原直泰

    FC東京からの移籍容認に十分な活躍を続けたことで、2015年3月にはイングランド・プレミアリーグのチェルシーFCから、翌4月にはドイツ・ブンデスリーガの1.FSVマインツ05からそれぞれ移籍のプランを提示された。熟慮の末、来日したクリスティアン・ハイデルGMから直接高評価を伝えるなど、本人曰く「誠意を見せてくれて必要としてくれた」マインツを選択し、5月30日にFC東京から同クラブへの移籍が発表された。契約期間は2019年6月末までの4年間。移籍金は非公表ながら推定300万ユーロ(4億円)とされ、立石GMによれば、マインツの提示額は武藤にオファーを出した4クラブの中で最安値でありFC東京の想定を下回っていたが、活躍度合や別クラブへの売却時には額を上乗せできる付帯条項を設けることで合意に至った。8月10日のDFBポカール1回戦エネルギー・コットブス戦でマインツ移籍後の公式戦に初出場し、同月15日にブンデスリーガ開幕節のインゴルシュタット戦に途中出場してリーグ戦デビューを果たした。自身も志望していたサイドでのプレーが中心になると目されていたが、スピードを買われて1トップで移籍後初の先発出場となった第2節ボルシアMG戦では懸命な奔走で攻守に貢献し、第3節ハノーファー戦では移籍後初ゴールを含む2得点1アシストを記録。当初マルティン・シュミット監督は対戦相手に応じて1トップを使い分けるとしていたが、武藤の献身的な前線からの守備とドイツの巨漢DFとの競り合いを厭わない姿勢を賛辞し、他のFW陣の不振も重なって武藤を1トップで起用し続けた。第11節アウクスブルク戦では自身プロ初のハットトリックを決めてマン・オブ・ザ・マッチに選出され、高原直泰以来ブンデスリーガでハットトリックを決めた2人目の日本人選手となった。2016年2月6日、ブンデスリーガ第20節ハノーファー戦で右膝外側側副靱帯を部分断裂。3月下旬に練習に復帰するも、練習中に別箇所の右膝同靭帯を損傷。治療に専念するために帰国し、2015-16シーズンを終えた。武藤嘉紀 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金世代

    黄金世代から見た高原直泰高原直泰

    日本のサッカーにおける黄金世代は「79年組」とも呼ばれ、元々は1994年に開催されたU-16アジアユース選手権カタール大会の優勝した事からこう呼ばれるようになった。この大会の主な参加選手は小野伸二、稲本潤一、高原直泰、酒井友之、播戸竜二、辻本茂輝、手島和希、本山雅志らであるが、U-16アジアユースには出場しなかったものの、その後に準優勝したU-20ワールドユースに参加した中田浩二、遠藤保仁、加地亮、小笠原満男らも含んで呼ばれる。中でも小野、稲本、高原の三人はこの世代を代表する選手であり、海外でも成功を収めた数少ないプレーヤーでもある。黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 1979年

    1979年から見た高原直泰高原直泰

    6月4日 - 高原直泰、サッカー選手1979年 フレッシュアイペディアより)

  • うるとらスーパーさぶっ!!

    うるとらスーパーさぶっ!!から見た高原直泰高原直泰

    高原直泰は、愛称が「スシボンバー」であることから、頭に寿司ネタ(マグロ、タコ、イクラなど)を乗せている。うるとらスーパーさぶっ!! フレッシュアイペディアより)

  • 梅崎司

    梅崎司から見た高原直泰高原直泰

    2009年、前年まで背番号7を付け、不調に陥っていたFW高原直泰がなじみある背番号19への変更を希望したため、翌年からその背番号7をつけることになった。梅崎司 フレッシュアイペディアより)

  • 中山雅史

    中山雅史から見た高原直泰高原直泰

    クラブでは同年のリーグ得点王となった高原直泰とのコンビで再開後のリーグ戦でゴールを量産し、自身は16ゴールを上げ、この年のリーグ戦では日本人のみなら得点王の高原に次ぐ得点をとった。そして、磐田の両ステージ制覇によるリーグ完全優勝に貢献しベストイレブンに選出された。中山雅史 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た高原直泰高原直泰

    U-23日本代表としては、同年2月8日の国際親善試合・イラン戦で初先発し初得点を挙げると、3月のアジア最終予選にもレギュラーとして出場。しかしこの後、U-19日本代表としての活動も重なったことによってオーバートレーニング症候群の一歩手前に陥り、Jリーグクラブへの特別指定選手登録も回避されることになった。U-19代表のトゥーロン国際大会後に症状は回復したがU-23代表では予選で控えだった高松大樹にレギュラーを奪われた。オーバーエイジで参加予定だった高原直泰の離脱もあり、8月にはサッカー競技としては史上最年少の19歳2ヶ月でアテネオリンピックに出場したものの、山本昌邦監督が平山を起用したのはグループステージ初戦・パラグアイ戦の終盤16分間のみで、チームも1勝2敗で決勝トーナメント進出はならなかった。平山相太 フレッシュアイペディアより)

93件中 81 - 90件表示

「高原直泰」のニューストピックワード