78件中 21 - 30件表示
  • 高原直泰

    高原直泰から見た高橋功一郎

    2002年 - 高原直泰物語?夢のゴールに向かって (小学館、佐藤俊・高橋功一郎) ISBN 9784091497512高原直泰 フレッシュアイペディアより)

  • 高原直泰

    高原直泰から見たフリードヘルム・フンケル

    2007年、5月5日のホームのアーヘン戦で得点を決め、自己記録更新中の同リーグシーズン通算得点を11とした。また、欧州主要リーグでの年間二桁得点の達成は、1998-99シーズンに中田英寿(ペルージャ)が達成して以来の快挙であった。この活躍もあってフランクフルトは1部に残留を決める。この年のフランクフルトサポーターが選ぶMVPにも選出された。3月24日、キリンチャレンジカップ、ペルー戦で代表に復帰し、オシムジャパン体制で初得点を挙げる(試合は2-0で勝利)。アジアカップでは4得点を挙げ、アジアカップにおいて日本人初の得点王に輝くが、2007-08シーズンはひざのケガでスタートが出遅れ、またフリードヘルム・フンケル監督との起用法における対立もあり、出場機会が激減した。その後、岡田ジャパン体制になってからは代表に呼ばれなくなった。高原直泰 フレッシュアイペディアより)

  • 高原直泰

    高原直泰から見たY.S.C.C.横浜

    2015年1月19日に完全移籍し 、2015年度のキャプテンに就任。同年5月24日に行われたY\.S\.C\.C\.横浜戦では、プロ生活初となる無回転FK弾を決めた。11月30日、契約満了による退団が発表された。高原直泰 フレッシュアイペディアより)

  • 高原直泰

    高原直泰から見た静脈血栓塞栓症

    2002年、日韓W杯直前にエコノミークラス症候群 を発症し落選。その後復帰し、JリーグアウォーズでMVP、得点王(26得点、史上最年少)の二冠を獲得。高原直泰 フレッシュアイペディアより)

  • 高原直泰

    高原直泰から見たハンブルガーSV

    ドイツ・ブンデスリーガのハンブルガーSVのオファーを受けて完全移籍。一年目で連続無失点記録を継続中だったオリバー・カーン擁するバイエルン・ミュンヘン相手に得点を決めるなどし、リーグ戦を16試合(先発は12試合)3得点で終える。翌2003-04シーズンは、リーグ戦29試合(先発22試合)に出場するも2得点という結果に終わる。2004-05シーズン、トーマス・ドルが監督に就任するとシーズン序盤は先発から外れるも、第6節のヘルタ・ベルリン戦で2得点を記録し、レギュラーを獲得。リーグ戦31試合(先発は26試合)に出場し、FW中最多の7得点を挙げた。翌2005-06シーズンはリーグ戦21試合(先発は6試合)出場1得点で終えた。高原直泰 フレッシュアイペディアより)

  • 高原直泰

    高原直泰から見たヘルタ・ベルリン

    ドイツ・ブンデスリーガのハンブルガーSVのオファーを受けて完全移籍。一年目で連続無失点記録を継続中だったオリバー・カーン擁するバイエルン・ミュンヘン相手に得点を決めるなどし、リーグ戦を16試合(先発は12試合)3得点で終える。翌2003-04シーズンは、リーグ戦29試合(先発22試合)に出場するも2得点という結果に終わる。2004-05シーズン、トーマス・ドルが監督に就任するとシーズン序盤は先発から外れるも、第6節のヘルタ・ベルリン戦で2得点を記録し、レギュラーを獲得。リーグ戦31試合(先発は26試合)に出場し、FW中最多の7得点を挙げた。翌2005-06シーズンはリーグ戦21試合(先発は6試合)出場1得点で終えた。高原直泰 フレッシュアイペディアより)

  • 高原直泰

    高原直泰から見た大宮アルディージャ

    2011年、フロント主導でチーム改革を進める清水エスパルスから「得点王を狙える大砲」としてオファーを受け、1年契約+1年オプションの年俸2500万(2400万と報じたメディアもある)で完全移籍した。5月22日J1第12節大宮戦で2得点、4ヵ国(日本、ドイツ、韓国、アルゼンチン)リーグ通算100得点を達成。高原直泰 フレッシュアイペディアより)

  • 高原直泰

    高原直泰から見た東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディからJ1昇格請負人としてオファーを受け、2013年1月に完全移籍した。リーグ戦ではチーム最多の11ゴールを記録したが、チームは低迷しJ1昇格を逃した。高原直泰 フレッシュアイペディアより)

  • 高原直泰

    高原直泰から見た鹿島アントラーズ

    2009年は前シーズン限りで現役を引退した内舘秀樹に志願して、背番号7から馴染み深い背番号19に変更した。この年はキャンプ、練習試合で好調を維持し、J1開幕戦(対鹿島アントラーズ戦)でスタメン出場を果たしたが、その試合で結果を出すことができず、次戦(対FC東京戦)からはエジミウソンにスタメンを譲ることとなった。その後しばらくは途中出場が続いたが、ナビスコカップ予選リーグ第5節磐田戦でシーズン公式戦初得点を記録したのを皮切りに好調を維持し、貴重な得点を決めて勝利に貢献する時期もあったが、徐々にチーム状態が悪化し、更に自身も不慣れな左右のMFで起用される中で勢いを失い、スタメンを外れることも多くなっていった。最終的には合計6得点(リーグ4点、ナビスコ2点)という前シーズンを下回る成績でシーズンを終えた。高原直泰 フレッシュアイペディアより)

  • 高原直泰

    高原直泰から見たJリーグカップ

    1998年 - ナビスコカップ (ニューヒーロー賞)高原直泰 フレッシュアイペディアより)

78件中 21 - 30件表示

「高原直泰」のニューストピックワード