1 2 3 4 5 次へ
46件中 41 - 46件表示
  • チキチキマシン猛レース

    チキチキマシン猛レースから見た高城剛高城剛

    以上の2作は、共に高城剛率いるフューチャー・パイレーツによる作品で、高城自身も参画した最初期の作品である。内容はドライブアクション系統のレースゲームで、3DOのポテンシャルを引き出した全面3DCG描画、テレビアニメ版日本語吹き替え声優によるフルボイス、日本版のテーマソングを起用した点が特徴的である。ただし、純粋にスピードを競うようには作られておらず、ソフト側のパターン決めでゲームの展開が決まる運の要素が含まれている。日本市場向けのタイトルであり、第1作は3DO REALのローンチタイトルとして発売された。チキチキマシン猛レース フレッシュアイペディアより)

  • 3DO

    3DOから見た高城剛高城剛

    高城剛 - 1994年当時の日本のテレビ等で3DOを賞賛。フューチャー・パイレーツ社の代表として『チキチキマシン猛レース』などを製作。3DO一社提供のTV番組「高城剛X」(テレビ東京)を制作・出演。3DO フレッシュアイペディアより)

  • 1964年

    1964年から見た高城剛高城剛

    8月18日 - 高城剛、映像作家1964年 フレッシュアイペディアより)

  • ゆるキャラ

    ゆるキャラから見た高城剛高城剛

    高城剛は、地域にお金を落とす知識層はゆるキャラを全面展開する自治体を「センスのないダメな地域」と考えている。ゆるキャラ フレッシュアイペディアより)

  • 情報ライブ ミヤネ屋

    情報ライブ ミヤネ屋から見た高城剛高城剛

    12月29日は、「ミヤネ屋大反省会スペシャル」と題し、番組の取材で迷惑をかけた尾木直樹と高城剛の元へ謝罪に行く様子や、高校生以上に聞いた「反省してほしい人ランキング」の発表、また『家賃ハンター』コーナー担当の狩野英孝のロケ交渉が下手すぎるとして、コーナーの存続をかけて生放送で一般宅のお風呂に入れさせてもらうロケ交渉を行う企画などを放送。情報ライブ ミヤネ屋 フレッシュアイペディアより)

  • こむぞう

    こむぞうから見た高城剛高城剛

    こむぞう内で演じる主なキャラクターに、小宮山雄飛・雄飛、こみこ、マンデー雄飛、ジャズ山雄飛、小宮山芭蕉、小山田雄飛、小宮山田優、大山優飛、ファンタジスタ雄飛、エスコート雄飛、テンフィンガーユウヒ、ユング、(ロッテのユニフォームを着た)小宮山、こみ谷さん、アルフレッド・コミラー、アイドラー小宮山、ハイパーなんとかかんとか、ムダギバ雄飛、昼呑山雄飛、カレ太郎(カレーのピコ太郎)、ザコ太郎、アンカーマン、ベストラー作家、回答王、問題王、ピュアクイズ王、エロクイズ王、プロ野球予想王、北海道新聞の小早川さん、ギターの先生、ペロペロ師、小宮山雑談員などがある。つっこみ担当でSキャラである。こむぞう フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
46件中 41 - 46件表示

「高城剛」のニューストピックワード