143件中 31 - 40件表示
  • 笹尾根

    笹尾根から見た高尾山高尾山

    広義では三頭山から高尾山まで笹尾根 フレッシュアイペディアより)

  • 豊永利行・内山昂輝の週刊サウンドウィング 〜音羽編集部〜

    豊永利行・内山昂輝の週刊サウンドウィング 〜音羽編集部〜から見た高尾山高尾山

    梶裕貴がゲストに来た際高尾山に登りたいと発言した為、第30、31回放送で登山が実現。なお当の梶は不参加。豊永利行・内山昂輝の週刊サウンドウィング 〜音羽編集部〜 フレッシュアイペディアより)

  • 芝田美沙

    芝田美沙から見た高尾山高尾山

    一人で思いつくままに見知らぬ土地に出かけることを好み、突発的、かつ衝動的に弾丸プチ旅行が敢行されることがある。これまでの主な行先は高尾山、鎌倉、韓国など。初めての韓国一人旅は、当時の所属事務所のマネージャーにも内緒で決行したため、相方の中吉涼子がマネージャーに対して美沙の不在理由を必死に取り繕った(実はお見通しされていたことが後日判明)。芝田美沙 フレッシュアイペディアより)

  • 大黒山

    大黒山から見た高尾山高尾山

    特に西口コースは、東京都の高尾山、大阪府の生駒山、神戸市の六甲山に相当する、大連市民が一度は行く、ポピュラーな行楽コースである。大黒山の頂上には軍隊の通信施設があり、そこには入れない。大黒山 フレッシュアイペディアより)

  • 武田敏男

    武田敏男から見た高尾山高尾山

    33歳の時に初めて神々の降臨を受け、36歳よりそれら神々の命によって七面山、出羽三山、鞍馬山、高尾山、加波山など日本各地の山岳で7年7ヵ月15日に渡って修行をする。その後東北地方などを渡り歩き、最終的に神奈川県足柄下郡箱根町須雲川に神仏金剛宗の箱根大天狗山神社を創建する。武田敏男 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の名峰

    日本の名峰から見た高尾山高尾山

    放送された山は高尾山を除き、日本百名山の山である。日本の名峰 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木勝丸

    鈴木勝丸から見た高尾山高尾山

    その地で東京の紙芝居会社の支社をしていたが、後に自身の紙芝居会社「阪神画劇社」を設立。だが経営にいきづまり、1950年10月に東京・高尾山で自殺未遂。その勝丸を援助しようと、加太こうじが神戸に来訪。また、1950年から1951年にかけて、神戸で貸アパート経営をしていた後の漫画家水木しげるを発掘し、加太の指導も加えて紙芝居作者に育てあげ「阪神画劇社」の主作者とする。現在、勝丸がもっともよく知られているのは、この水木しげるの紙芝居の説明者としてであり、水木の自伝的作品にも実名で登場している。水木の紙芝居での代表作で後に漫画化される『墓場鬼太郎』についても、勝丸が戦前の伊藤正美の紙芝居作品『ハカバキタロー』の粗筋を水木に示唆したことによる。加太こうじは著書『紙芝居昭和史』において「水木の今日あるのは鈴木の異常ともいえる紙芝居作りに対する熱情が大きな原因となっている。」と述べている。鈴木勝丸 フレッシュアイペディアより)

  • 烏天狗

    烏天狗から見た高尾山高尾山

    飯縄権現 - 飯縄山(長野県長野市、及び、上水内郡信濃町・飯綱町)や高尾山(東京都八王子市)など。烏天狗 フレッシュアイペディアより)

  • セミタケ

    セミタケから見た高尾山高尾山

    ヒグラシタケ()はニイニイゼミではなくヒグラシの幼虫を宿主とするもので、宿主を異にすること・宿主が全面的に厚い菌糸膜におおわれて露出しないこと、および二次胞子が太くて短いことなどを根拠に、初めはセミタケの一変種として記載されたが、のちに独立種として昇格された。さらに分子系統学的再検討が行われた結果、現在ではやはり独立した別種であるとされている。セミタケに比べて、後者の発生は非常にまれであるといわれ、東京都八王子市(高尾山)で得られたタイプ標本以外には現存する標本がなく、再採集の記録も知られていない。セミタケ フレッシュアイペディアより)

  • 毛利梅園

    毛利梅園から見た高尾山高尾山

    弘化元年(1844年)写生活動を再開し、初めツバキの諸品種を模写している。江戸近郊へも積極的に採集に出かけるようになり、嘉永元年(1848年)9月高尾山、嘉永2年(1849年)3月箱根に採集を行い、また小仏峠、大山、江ノ島、鎌倉、金沢等も巡った。しかし、嘉永2年(1849年)で活動が途絶え、嘉永4年(1851年)8月7日死去し、三田正覚院に葬られた。毛利梅園 フレッシュアイペディアより)

143件中 31 - 40件表示

「高尾山」のニューストピックワード