143件中 41 - 50件表示
  • 箱根大天狗山神社

    箱根大天狗山神社から見た高尾山高尾山

    開祖は武田敏男(称号は龍斉大天狗)。神々の降臨を受けたため、七面山、出羽三山、鞍馬山、高尾山、加波山など日本各地の山岳にて修行を行い、神仏金剛宗の箱根大天狗山神社を創建した。箱根大天狗山神社 フレッシュアイペディアより)

  • ハコイリムスメ!

    ハコイリムスメ!から見た高尾山高尾山

    高尾山の中腹にある「十一丁目茶屋」で2人の姉妹は育った。姉は、デザイナーを夢見て山を降りていった。4年周期に失恋をしては山に戻り、1週間するとまた東京に戻るの繰り返し。妹は、医学生の彼がいる短大生。彼には自分が山に住んでいるとなかなか言い出せない。やがて、34歳になって山にまた突然戻って来た姉は、今度は山に残って「茶屋」を継ぐと言う。妹は、ある日就職活動に訪れた会社で姉の友人に会い、姉が会社を辞めた理由を聞かされ、ショックを受ける・・・。ハコイリムスメ! フレッシュアイペディアより)

  • エクストリーム出社

    エクストリーム出社から見た高尾山高尾山

    発案者の二人により、早朝から鎌倉観光と海水浴をしてから出社、箱根湯本温泉での朝風呂に入ってからの出社、高尾山に登り日の出を見てからの出社といったエクストリーム出社が決行され、その様子がまとめられたトゥギャッターからネットで話題になり、ラジオ、新聞、雑誌、テレビなど多くのメディアで広く紹介された。エクストリーム出社 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都レンジャー

    東京都レンジャーから見た高尾山高尾山

    多摩地域4地区(高尾、奥多摩、御岳、檜原)、小笠原地域2地区(父島、母島)にそれぞれ3名ずつ。計18名が配置されている。東京都レンジャー フレッシュアイペディアより)

  • 臼杵山 (東京都)

    臼杵山 (東京都)から見た高尾山高尾山

    高尾山から北上すると、高尾山、城山、小仏峠、景信山、堂所山、明王峠、陣馬山(陣場山)、和田峠、醍醐丸、市道山、臼杵山と続く(奥高尾縦走路)。臼杵山 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 花菱美希

    花菱美希から見た高尾山高尾山

    基本的に楽なことを好む。運動や勉強は嫌いで、テストの後は雪路の補習を受けていたほか、高尾山ハイキングでもへばってナギと共に悪態をついていた。実際に要領の悪い一面があり、泉と理沙が、生徒会は絶対に競技に出場しないといけないので、楽な種目を選んだのに、自分だけサボろうとしたのが裏目に出て、一番難しい種目に出場する羽目になった。花菱美希 フレッシュアイペディアより)

  • 剣が君

    剣が君から見た高尾山高尾山

    高尾山で天狗に育てられた武士で、医術の心得もある。心根が優しくとても純粋だが一度決めると梃子でも動かない頑固な一面がある。剣が君 フレッシュアイペディアより)

  • 京王御陵線

    京王御陵線から見た高尾山高尾山

    廃線跡はNHK総合テレビ『ブラタモリ』(2016年9月17日放送・「高尾山」回)で紹介された。京王御陵線 フレッシュアイペディアより)

  • ぬらりひょんの孫

    ぬらりひょんの孫から見た高尾山高尾山

    本拠地は東京都の高尾山。党首は鴉天狗、党首補佐は濡鴉。ぬらりひょんの孫 フレッシュアイペディアより)

  • 甲州道中図屏風

    甲州道中図屏風から見た高尾山高尾山

    すなわち江戸から高尾山参詣を経て甲府城下へ至る。高尾山の情景は複数の絵に描かれており、本屏風の旅における目的のひとつは高尾山参詣であると見られている。甲府では武田氏館跡(躑躅ヶ崎館)、湯村・昇仙峡に立ち寄り、再び甲府へ戻る。さらに懸腰寺に立ち寄り鰍沢の口留番所に至り、身延山参詣を行う。さらに万沢口留番所を経て駿河へ至り、東海道を進み岩淵河岸を経て、芦ノ湖までの旅程が想定される。なお、屏風絵における旅程は芦ノ湖で終わっているが、最終的には江戸へ帰ったとみられる。甲州道中図屏風 フレッシュアイペディアより)

143件中 41 - 50件表示

「高尾山」のニューストピックワード