92件中 51 - 60件表示
  • 高尾山

    高尾山から見た笹尾根

    高尾山から陣馬山、奥多摩の三頭山になどへ向けて、奥高尾縦走路 - 笹尾根や、東海自然歩道、関東ふれあいの道など、尾根筋の登山道が通っている。高尾山 フレッシュアイペディアより)

  • 高尾山

    高尾山から見た天領

    高尾山は、東京近郊の行楽地として有名であるが、元来は修験道の霊場であり、現在は真言宗智山派大本山高尾山薬王院有喜寺の寺域となっている。そのため、天然の森林が守られてきた。中世には、八王子城主北条氏照による「本山の竹木の伐採を禁じる」という制札が薬王院に残されており、江戸時代にも幕府直轄領となり八王子代官・大久保長安が山林保護政策をとり、その書状が同じく薬王院に残されている。その後も帝室御料林、国有林と常に保護されてきた。明治以降、牧野富太郎をはじめ、多くの研究者により高尾山が最初の発見地として新しい植物が発表された。高尾山 フレッシュアイペディアより)

  • 高尾山

    高尾山から見た花の百名山

    周辺には、非常に多くの種類の植物が自生していて、田中澄江により花の百名山に選定されている。代表する花として福寿草を紹介している。高尾山 フレッシュアイペディアより)

  • 高尾山

    高尾山から見たツガ

    暖温帯系の照葉樹林帯(カシなどの常緑広葉樹)と冷温帯系の落葉広葉樹林(ブナ・イヌブナ・ナラ・ホオノキなど)・中間温帯林(モミ・ツガなどの針葉樹林)の境界に位置するため植生が豊かであり、しかも都市部に近い割には比較的よく保たれている。高尾山 フレッシュアイペディアより)

  • 高尾山

    高尾山から見たムササビ

    東京都内では珍しいムササビの生息域である。遊歩道の近くに巣穴を持つ個体もいる。高尾山 フレッシュアイペディアより)

  • 高尾山

    高尾山から見たブナ

    暖温帯系の照葉樹林帯(カシなどの常緑広葉樹)と冷温帯系の落葉広葉樹林(ブナ・イヌブナ・ナラ・ホオノキなど)・中間温帯林(モミ・ツガなどの針葉樹林)の境界に位置するため植生が豊かであり、しかも都市部に近い割には比較的よく保たれている。高尾山 フレッシュアイペディアより)

  • 高尾山

    高尾山から見た中央本線

    中央線高尾駅下車、京王電鉄高尾線乗換え高尾山 フレッシュアイペディアより)

  • 高尾山

    高尾山から見たダイヤモンド富士

    山頂から東側は八王子市や相模原市などを中心とした関東平野の街並や、筑波山、房総半島、江の島まで眺めることができる。また西側は丹沢山地や富士山を見渡せる。冬至の前後数日間には、富士山の真上に太陽が沈むダイヤモンド富士を見ることができる。また八王子八十八景にも選ばれている。また、高尾山には古くから天狗が存在しているとの伝説もある。高尾山 フレッシュアイペディアより)

  • 高尾山

    高尾山から見たスギ

    薬王院境内を中心にスギの巨木が成育している。東京都指定天然記念物に指定されているスギ並木や飯盛スギなどといった樹齢700年とも1,000年とも語られる巨木が何本も存在し、高尾山のシンボルとして、古くから維持管理がなされてきた。こうした先人の努力は、薬王院への祈願が成就した参拝者が、杉苗料として金銭を奉納する慣習と残されていることからも伺い知れる。高尾山 フレッシュアイペディアより)

  • 高尾山

    高尾山から見た奥高尾縦走路

    高尾山から陣馬山、奥多摩の三頭山になどへ向けて、奥高尾縦走路 - 笹尾根や、東海自然歩道、関東ふれあいの道など、尾根筋の登山道が通っている。高尾山 フレッシュアイペディアより)

92件中 51 - 60件表示

「高尾山」のニューストピックワード