高山植物 ニュース&Wiki etc.

高山植物(こうざんしょくぶつ)とは、一般には森林限界より高い高山帯に生えている植物のことを指す。広義には高山帯だけではなく、亜高山帯に生育する植物も含める。 (出典:Wikipedia)

「高山植物」Q&A

  • Q&A

    4月25日から2泊3日で礼文島と利尻島のツアーを考えています。6月や7月に比べ多くの…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2017年1月11日 22:26

  • Q&A

    高山帯もツンドラ気候なんですか? 垂直分布で考えると、針葉樹林の上は高山帯で、そこは…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年1月6日 15:00

  • Q&A

    山を歩いていて見つけた花です。 高山植物辞典で調べてみて ミヤマキンポウゲ、ミヤ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月25日 22:31

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「高山植物」のつながり調べ

  • 車山

    車山から見た高山植物

    車山高原スキー場にあるリフトが夏季も運行しているので、山頂付近までリフトで登ることができ、簡単に登頂が可能。また、八島ヶ原湿原から蝶々深山(ちょうちょうみやま)を経て車山に至るハイキングコースがあるので、高原ハイクを楽しむことができる。なだらかで草原が多いことから、展望がよく、季節によって様々な高山植物が咲き誇る。特に7月のニッコウキスゲは有名。(車山 フレッシュアイペディアより)

  • 大笠山

    大笠山から見た高山植物

    初夏に登山道では、コブシ、ホンシャクナゲの広葉樹の花が見られる。上部に行くにつれて、ブナ林からダケカンバやオオシラビソへと植生が変わる。また上部では、クマザサが多く見られる。またイワウチワ、イワカガミ、タテヤマリンドウ、ニッコウキスゲ、ハクサンコザクラなどの高山植物も見られる。(大笠山 フレッシュアイペディアより)

「高山植物」のニューストピックワード