前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
418件中 1 - 10件表示
  • 鹿島槍ヶ岳

    鹿島槍ヶ岳から見た高山植物高山植物

    山頂は南峰(標高2,889 m)と北峰(標高2,842 m)からなる双耳峰であり、吊尾根と呼ばれるなだらかな稜線で繋がっている。山頂部は森林限界を越える高山帯で、1922年(大正11年)10月12日に多くの高山植物が自生している白馬岳や五竜岳を含む周辺の西面は「白馬連山高山植物帯」の特別天然記念物に指定された。日本百名山、花の百名山、新・花の百名山の一つに選定されている。旧北安曇郡にあった旧美麻村(現在は大町市に合併)を代表する山として鹿島槍ヶ岳の眺望が『信州ふるさと120山』のひとつに選定されている。剱岳、立山と並び、日本では数少ない氷河の現存する山である。鹿島槍ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

  • 日本山岳会

    日本山岳会から見た高山植物高山植物

    1905年.(明治38年)に設立された日本最初の山岳クラブ。“”として世界的に知られる。山登りを中心に、沢登りや岩登り、山岳写真、地質や地理、高山植物観察、山岳図書研究など山に関する様々なことを趣味とする個人の集まりである。会員たちはボランティアで、講演や講習、出版などによる啓蒙活動、自然保護などの社会貢献活動にも熱心に取り組む。会員数は約5100名(※2012年現在)、個人加入の山岳団体としては国内最大である。会の運営は会員からの会費によって賄われている。また、日本各地に支部がある(全国33カ所)ことも日本山岳会の特色であり、各支部は本部および支部間での交流を図りつつ、独自の活動を行っている。会員の高齢化と会員数の減少にどのように対処するかが課題となっており、その解消への取り組みの1つとしてYOUTH CLUBが設けられている。日本山岳会 フレッシュアイペディアより)

  • 雌阿寒岳

    雌阿寒岳から見た高山植物高山植物

    山麓は樹林帯で、エゾマツ、アカエゾマツ、ダケカンバなど北海道の原生林によく見られる樹種が多い。標高900m近くまで上がるとハイマツの林となり、眺望も開けてくる。更に標高1,100mを越えると高山植物帯となる。雌阿寒岳 フレッシュアイペディアより)

  • 礼文島

    礼文島から見た高山植物高山植物

    地名の語源はアイヌ語の=(沖の・島)で、礼文水道を挟んで利尻島の北西に位置する。冷涼な気候により海抜0メートル地帯から200種類以上の高山植物が咲き乱れているため、別名花の浮島と呼ばれている。人口は2017年(平成29年)4月1日現在、2,604人。礼文島 フレッシュアイペディアより)

  • 多紀連山

    多紀連山から見た高山植物高山植物

    篠山盆地の北方に連なる標高600?800mの連峰で多紀連山県立自然公園を形成する。古生層の岩質は珪岩である。南方に緩やかに、北方に急峻な地形であり、水系としては日本海へ注ぐ由良川水系と瀬戸内海に注ぐ加古川水系とに分かれる中央分水嶺となっている。多紀連山では、鼓峠が最も標高の低い分水嶺である。植生が豊かであり、西紀町のシンボルでもあるシャクナゲやツツジが多く自生し、オサシダ、イワカガミなど高山植物に分類される植物も多く見られる。麓の一部を除き自然林でありケヤキ、ナラ、カエデなど秋を彩る樹木が多く紅葉も美しい。多紀連山も含め四方を山に囲まれた篠山盆地では秋頃からしばしば「丹波霧」と呼ばれる濃霧が発生し、朝には雲海が観察できる。多紀連山 フレッシュアイペディアより)

  • 河野齢蔵

    河野齢蔵から見た高山植物高山植物

    河野 齢蔵(こうの れいぞう、元治2年2月8日(1865年3月5日) - 昭和14年(1939年)4月3日)は高山植物学の権威、教育家、山岳写真家の草分け。河野常吉は実兄、著述家の河野義行は孫娘の夫にあたる。河野齢蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 烏帽子岳 (赤石山脈)

    烏帽子岳 (赤石山脈)から見た高山植物高山植物

    南アルプス国立公園内の塩見岳と荒川岳との間にあり、三伏峠の東に位置する。赤石山脈の主稜線上では、比較的里に近く、鳥倉林道を利用すると、日帰り登山も可能である。山頂からは塩見岳が間近に望め、富士山、北アルプス、中央アルプスなども望むことができる。三伏峠との間には高山植物の群生地がある。烏帽子岳 (赤石山脈) フレッシュアイペディアより)

  • 旭岳温泉

    旭岳温泉から見た高山植物高山植物

    旭岳温泉(あさひだけおんせん)は大雪山の主峰である旭岳の麓、北海道上川郡東川町にある温泉。大雪山の表玄関となっていて夏季は登山の拠点となる。特に高山植物の開花のシーズンと紅葉のシーズンは混雑する。冬季は、スキーの合宿地として利用される。旭岳温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 西穂高岳

    西穂高岳から見た高山植物高山植物

    標高2,385 mの西穂山荘周辺のは森林限界でその上部はハイマツ帯で高山植物が自生し、ライチョウやイワヒバリが生息している。ハイマツの実を捕食するホシガラスが見られることもある。西穂高岳は花の百名山に選定されていて、その著者の田中澄江は代表する高山植物としてセンジュガンピなどを紹介した。登山道周辺では、以下のような多くの植物が見られる。西穂高岳 フレッシュアイペディアより)

  • 富良野芦別道立自然公園

    富良野芦別道立自然公園から見た高山植物高山植物

    夕張岳一帯は超塩基性岩の蛇紋岩が分布している特殊な地質であり、「ユウバリ(ユウパリ)」の名を冠する固有種の高山植物が数多く生息している。そのほとんどが環境省のレッドリストに指定されている植物であるため、夕張岳は「花の名山」として知られている。「夕張岳の高山植物群落及び蛇紋岩メランジュ帯」として国の「天然記念物」に指定され、「日本の地質百選」に選定されている。また、北海道内では初となる「日本山岳遺産」に認定されている。富良野芦別道立自然公園 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
418件中 1 - 10件表示

「高山植物」のニューストピックワード