前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
361件中 1 - 10件表示
  • 雌阿寒岳

    雌阿寒岳から見た高山植物高山植物

    山麓は樹林帯で、エゾマツ、アカエゾマツ、ダケカンバなど北海道の原生林によく見られる樹種が多い。標高900m近くまで上がるとハイマツの林となり、眺望も開けてくる。更に標高1,100mを越えると高山植物帯となる。雌阿寒岳 フレッシュアイペディアより)

  • 礼文島

    礼文島から見た高山植物高山植物

    礼文島(れぶんとう)は、北海道の北部、稚内の西方60キロメートルの日本海上に位置する礼文郡礼文町に属する島。地名語源はアイヌ語のレプン・シリ(沖の島)。礼文水道を挟んで利尻島の北西に位置する。0メートル地帯から200種類以上の高山植物が咲き乱れていることから別名花の浮島と呼ばれている。人口は2013年(平成25年)1月1日現在、2,876人。礼文島 フレッシュアイペディアより)

  • 礼文町

    礼文町から見た高山植物高山植物

    漁業では一年中、海の幸に恵まれ夏はエゾバフンウニ、利尻昆布の産地として有名であり、礼文島はウニ丼の発祥地としても知られている。最北の島、として観光が盛ん。海抜ゼロメートルから咲く高山植物の島、花の浮島としても知られている。高山地帯ではないが高緯度のため、礼文島の中で多くの高山植物が生育している。西海岸の気候がその原因であり、東海岸が晴天の時でも、西海岸に近づくにつれて次第に霧が濃くなり、立つことすらできないほどの強風が吹くこともある。まるで、本州中部の高山の頂上付近が荒れた時の気候を思わせるほどである。 このような島特有の厳しい気候条件が気温を低下させるため、そこに適応した種類だけが育ち、春の訪れとともに次々と花を咲かせる。夏季(6月頃?)にはレブンソウ、レブンアツモリソウ、レブンウスユキソウなど多くの礼文島固有の稀少な高山植物が咲き乱れ、咲く花の種類は、2?3週間ごとに変化する。礼文町 フレッシュアイペディアより)

  • 日本山岳会

    日本山岳会から見た高山植物高山植物

    1905(明治38)年に設立された日本最初の山岳クラブ。“The Japanese Alpine Club”として世界的に知られる。山登りを中心に、沢登りや岩登り、山岳写真、地質や地理、高山植物観察、山岳図書研究など山に関する様々なことを趣味とする個人の集まりである。会員たちはボランティアで、講演や講習、出版などによる啓蒙活動、自然保護などの社会貢献活動にも熱心に取り組む。会員数は約5100名(※2012年現在)、個人加入の山岳団体としては国内最大である。会の運営は会員からの会費によって賄われている。また日本各地に支部がある(全国31カ所)ことも日本山岳会の特色であり、各支部は本部および支部間での交流を図りつつ、独自の活動を行っている。会員の高齢化と会員数の減少にどのように対処するかが課題となっており、その解消への取り組みの1つとしてYOUTH CLUBが設けられている。日本山岳会 フレッシュアイペディアより)

  • マツヨイグサ

    マツヨイグサから見た高山植物高山植物

    草丈は種により異なり、チャボツキミソウのような高山植物では高さ10cm程度、低地産の では3mにまで成長する。マツヨイグサ フレッシュアイペディアより)

  • 河野齢蔵

    河野齢蔵から見た高山植物高山植物

    河野 齢蔵(こうの れいぞう、元治2年2月8日(1865年3月5日) - 昭和14年(1939年)4月3日)は高山植物学の権威、教育家、山岳写真家の草分け。著述家の河野義行は孫娘の夫にあたる。河野齢蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 塩見岳

    塩見岳から見た高山植物高山植物

    山頂は100 m足らずの距離を隔てて西峰と東峰に分かれ、標高は西峰が3,047 m、東峰が3,052 mである。しかし三角点は西峰に設置されているため、低い方の西峰の標高が塩見岳の標高とされている。仙丈ヶ岳から続く長大な仙塩尾根の南端に位置する。山頂南側の三伏峠と本谷山南斜面、北側の北荒川岳周辺と熊の平周辺は高山植物の群生地となっている。鉄の兜(かぶと)にも似たドーム形の独特な山容で、遠方から眺めると独立峰のようなその山容が目立つ。日本百名山、新日本百名山、信州百名山の一つに選定されている。塩見岳 フレッシュアイペディアより)

  • 西穂高岳

    西穂高岳から見た高山植物高山植物

    標高2,385 mの西穂山荘周辺のは森林限界でその上部はハイマツ帯で高山植物が自生し、ライチョウやイワヒバリが生息している。ハイマツの実を捕食するホシガラスが見られることもある。西穂高岳は花の百名山に選定されていて、その著者の田中澄江は代表する高山植物としてセンジュガンピなどを紹介した。登山道周辺では、以下のような多くの植物が見られる。西穂高岳 フレッシュアイペディアより)

  • 山岳警備隊

    山岳警備隊から見た高山植物高山植物

    山岳警備隊は、多くの場合、各都道府県警察本部生活安全部内に置かれている。普段は、関係警察署に指定された警察署や機動隊で勤務しており、登山者の入山に際し入山届の提出を受け付けているとともに、常に救助トレーニングを行い、実際に登山道をパトロールして危険がないかをチェックし、登山情報を提供している。また、環境省や農林水産省外局の林野庁と協力して、高山植物の無断採集の取締りを行うなど、環境保全のための活動も行う。多くの登山者が入山する岐阜・長野・富山県警察では、治安維持のため山岳警備隊員が交代で、山中の山荘に作られた派出所に詰める。そして、いったん刑事事件もしくは山岳救助の要請があれば、徒歩または都道府県警察航空隊のヘリコプター(場合によっては消防防災ヘリコプターの支援)によって現場に臨場して活動に当たる。山岳警備隊員は、ヘリコプターからの降下技術も習得している。山岳警備隊 フレッシュアイペディアより)

  • 烏帽子岳 (赤石山脈)

    烏帽子岳 (赤石山脈)から見た高山植物高山植物

    南アルプス国立公園内の塩見岳と荒川岳との間にあり、三伏峠の東に位置する。赤石山脈の主稜線上では、比較的里に近く、鳥倉林道を利用すると、日帰り登山も可能である。山頂からは塩見岳が間近に望め、富士山、北アルプス、中央アルプスなども望むことができる。三伏峠との間には高山植物の群生地がある。烏帽子岳 (赤石山脈) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
361件中 1 - 10件表示

「高山植物」のニューストピックワード