361件中 91 - 100件表示
  • 烏帽子岳 (飛騨山脈)

    烏帽子岳 (飛騨山脈)から見た高山植物高山植物

    通称裏銀座といわれるコースの起点となる山である。山頂の南側には烏帽子池があり、北側には四十八池と呼ばれる池塘が点在し、ウサギギク、タカネバラなどの高山植物の群生地となっている。烏帽子岳 (飛騨山脈) フレッシュアイペディアより)

  • 五の池小屋

    五の池小屋から見た高山植物高山植物

    御嶽山の小坂口(飛騨側の濁河温泉からの登山道)9合目の摩利支天山と継子岳との鞍部位置する。小屋の前の南側に五ノ池がある。御嶽山の山頂(剣ヶ峰)から北に約1.8km、標高約2,800mの位置にある。小屋周辺は森林限界のハイマツ帯で、高山植物のお花畑となっている。五の池小屋 フレッシュアイペディアより)

  • 燕山荘

    燕山荘から見た高山植物高山植物

    2010年(平成22年)7月現在、三代目のオーナーの赤沼健至が経営しており、井村克彦が支配人を務めている。オーナーは、アルプホルンを演奏して、宿泊者を楽しませたり、表銀座などの登山教室を行っている。小屋の前からは、すぐ北側に白い花崗岩の奇石と緑色のハイマツが合い舞った燕岳を望むことができる。また小屋の南側に回り込むと、松本方面の風景と槍ヶ岳を中心とした北アルプスを一望することができる。山荘の周辺の花崗岩の砂利の斜面には、高山植物の女王のコマクサが群生している。また、山荘周辺のハイマツ帯には、ライチョウが生息している。燕山荘 フレッシュアイペディアより)

  • ヨツバシオガマ

    ヨツバシオガマから見た高山植物高山植物

    ヨツバシオガマ(四葉塩釜、学名:Pedicularis chamissonis var. japonica)は、ゴマノハグサ科シオガマギク属に属する多年草の高山植物である。エゾヨツバシオガマ P. chamissonis の変種で、日本には、他に2変種が分布する。ヨツバシオガマ フレッシュアイペディアより)

  • 野菊

    野菊から見た高山植物高山植物

    地下茎は横に這い、立ち上がって先端に黄色い花をつける。あまり野菊らしい姿ではないが、ウサギギク A. unalaschcensis var. tschonoskyi は高山植物の菊としては有名。野菊 フレッシュアイペディアより)

  • 尾瀬原ダム計画

    尾瀬原ダム計画から見た高山植物高山植物

    尾瀬沼・尾瀬ヶ原は日本でも有数の湿地帯であり、本来寒帯・亜寒帯にしか自生しない高山植物や独自の生態系を有し、生物学的に貴重であった。だが、建設計画が持ち上がった時には開発が最優先で考えられ、「尾瀬の自然を残すよりも、尾瀬を開発したほうが将来の日本のためである」と言う意見が内務省や逓信省でまかり通っていたのは事実であった。尾瀬原ダム計画 フレッシュアイペディアより)

  • 三迫川

    三迫川から見た高山植物高山植物

    中腹は「世界谷地原生花園」と呼ばれる湿原が広がり ミズバショウ・ニッコウキスゲ等の高山植物や草紅葉が初夏から初秋まで見ることが出来る。  三迫川 フレッシュアイペディアより)

  • オヤマノエンドウ

    オヤマノエンドウから見た高山植物高山植物

    オヤマノエンドウ(御山の豌豆、学名:Oxytropis japonica var. japonica)はマメ科オヤマノエンドウ属の多年草で茎が木化して半低木になる。高山植物オヤマノエンドウ フレッシュアイペディアより)

  • 山岳写真

    山岳写真から見た高山植物高山植物

    河野齢蔵 (1865 - 1939年) - 高山植物学者でもある。山岳写真 フレッシュアイペディアより)

  • ツルツゲ

    ツルツゲから見た高山植物高山植物

    ツルツゲ(蔓黄楊、学名:Ilex rugosa)は、モチノキ科モチノキ属の常緑低木。高山植物ツルツゲ フレッシュアイペディアより)

361件中 91 - 100件表示

「高山植物」のニューストピックワード