418件中 91 - 100件表示
  • タカネシオガマ

    タカネシオガマから見た高山植物高山植物

    タカネシオガマ(高嶺塩釜)は、シオガマギク属の高山植物。高山植物としては珍しい一年草である。タカネシオガマ フレッシュアイペディアより)

  • エゾシオガマ

    エゾシオガマから見た高山植物高山植物

    エゾシオガマ(蝦夷塩釜、Pedicularis yezoensis )は、シオガマギク属の多年草。高山植物エゾシオガマ フレッシュアイペディアより)

  • ヨツバシオガマ

    ヨツバシオガマから見た高山植物高山植物

    ヨツバシオガマ(四葉塩釜、学名:Pedicularis japonica)はシオガマギク属に属する多年草の高山植物である。エゾヨツバシオガマ P. chamissonis の変種とされていたが、詳細な比較から別種であることが分かり分離された。ヨツバシオガマ フレッシュアイペディアより)

  • アサヒヒョウモン

    アサヒヒョウモンから見た高山植物高山植物

    大雪山では成虫は年1回だけ、7月-8月に発生する。岩場や草原上を飛び、短い夏に咲く各種の高山植物の花を訪れる。幼虫はツツジ科のキバナシャクナゲ、ガンコウラン科のガンコウランなどを食草とする。アサヒヒョウモン フレッシュアイペディアより)

  • タカネナナカマド

    タカネナナカマドから見た高山植物高山植物

    タカネナナカマド(高嶺七竃、学名:Sorbus sambucifolia)はバラ科ナナカマド属の落葉低木。高山植物タカネナナカマド フレッシュアイペディアより)

  • 固有種

    固有種から見た高山植物高山植物

    同じような理由から、陸続きであっても、生息可能な環境が隔離されている場合や生物その物の移動能力の弱い場合には、地域個体群が孤立しやすくなるので、種分化が起きやすく、結果的に地域固有種を生じやすい。日本の例でいえば、前者は高山植物がこれに当たる。後者の例としては、動物ではサンショウウオやカタツムリ、植物ではカンアオイ属などにそのような例が見られる。固有種 フレッシュアイペディアより)

  • アオノツガザクラ

    アオノツガザクラから見た高山植物高山植物

    アオノツガザクラ(青の栂桜、Phyllodoce aleutica)はツツジ科ツガザクラ属の常緑小低木。高山植物アオノツガザクラ フレッシュアイペディアより)

  • アルタイの黄金山地

    アルタイの黄金山地から見た高山植物高山植物

    登録にあたっては、この地方では、ステップ地域から高山植物まで実に多彩な植生の変遷をたどることができ、シベリア中央部の自然環境が良好に保存されていることなどが評価された。アルタイの黄金山地 フレッシュアイペディアより)

  • 井田川

    井田川から見た高山植物高山植物

    白木峰 - 大長谷川上流の白木水無県立公園域内にある標高1,586mの山。夏には高山植物が群生する。井田川 フレッシュアイペディアより)

  • 越百山

    越百山から見た高山植物高山植物

    周辺の木曽山脈の山域は1951年(昭和26年)11月22日に長野県の中央アルプス県立自然公園に指定された。山頂の南にある南越百山(標高2,569 m)から北側が高山帯で、その南側が亜高山帯となる。稜線一帯は領家変成帯に属し灰白色の伊奈川粗粒花崗閃緑岩で構成されている。山頂には、大きな花崗岩の岩と三等三角点(点名「越百」)がある。山頂付近は風化した砂礫地の森林限界で、アオノツガザクラ、イワツメクサ、トウヤクリンドウ、ヒメウスユキソウなどの高山植物が見られる。その下部では針葉樹林にダケカンバなどが混じり、林底にはクマザサや亜高山植物が分布している。ハイマツに覆われた山の上部はならだかな女性的な山容である。山頂は見晴らしが良く、東に赤石山脈(南アルプス)とその稜線越しに富士山、周辺の中央アルプスの山々、西に白山、御嶽山、乗鞍岳、穂高岳などを望むことができる。日本三百名山および信州百名山のひとつに選定されている。越百山 フレッシュアイペディアより)

418件中 91 - 100件表示

「高山植物」のニューストピックワード