418件中 11 - 20件表示
  • 三俣蓮華岳

    三俣蓮華岳から見た高山植物高山植物

    三俣蓮華岳はほぼ北アルプスの中央部に位置する。比較的なだらかな山容で東側に圏谷地形(カール)があり、高山植物が咲き乱れるお花畑の豊富な山として知られる。とりわけ双六岳との間の巻き道は花が豊富である。中生代の花崗閃緑岩から成る山である三俣蓮華岳 フレッシュアイペディアより)

  • 北ノ俣岳

    北ノ俣岳から見た高山植物高山植物

    山頂部は広くハイマツ帯となっており、雪解け後の斜面にはハクサンイチゲなどの高山植物の大群落がある。北ノ俣岳 フレッシュアイペディアより)

  • 山岳警備隊

    山岳警備隊から見た高山植物高山植物

    山岳警備隊は、多くの場合、各都道府県警察本部生活安全部内に置かれている。普段は、関係警察署に指定された警察署や機動隊で勤務しており、登山者の入山に際し入山届の提出を受け付けているとともに、常に救助トレーニングを行い、実際に登山道をパトロールして危険がないかをチェックし、登山情報を提供している。また、環境省や農林水産省外局の林野庁と協力して、高山植物の無断採集の取締りを行うなど、環境保全のための活動も行う。多くの登山者が入山する岐阜・長野・富山県警察では、治安維持のため山岳警備隊員が交代で、山中の山荘に作られた派出所に詰める。そして、いったん刑事事件もしくは山岳救助の要請があれば、徒歩または都道府県警察航空隊のヘリコプター(場合によっては消防防災ヘリコプターの支援)によって現場に臨場して活動に当たる。山岳警備隊員は、ヘリコプターからの降下技術も習得している。山岳警備隊 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日岳 (飛騨山脈)

    朝日岳 (飛騨山脈)から見た高山植物高山植物

    中部山岳国立公園内の北アルプスの最北部に位置し、富山県側の旧下新川からは東側に見える。日本国内では朝日岳より北にこれより高い山はない。積雪量が多く、山頂付近には夏でも雪渓が残る。山頂は平坦で豊富な高山植物が見られる。朝日岳 (飛騨山脈) フレッシュアイペディアより)

  • 笠ヶ岳

    笠ヶ岳から見た高山植物高山植物

    1995年(平成7年)6月10日 - 田中澄江が『新・花の百名山』を出版し、笠ヶ岳とそれを代表する高山植物(ミヤマダイコンソウ、シナノキンバイ、ヒメレンゲなど)を紹介した。笠ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

  • 浄土平

    浄土平から見た高山植物高山植物

    吾妻連峰の東部に位置し、周辺は一切経山の火山噴火により生成された火山荒原と、オオシラビソを主とする針葉樹林の原生林となっている。高山植物群落や亜高山帯針葉樹林、湿原なども点在し、ビジターセンター、休憩所、自然探勝路が整備され、山岳観光道路の磐梯吾妻スカイラインが開通する4月?11月中旬、亜高山の自然を手軽に楽しむことができる。浄土平 フレッシュアイペディアより)

  • 塩見岳

    塩見岳から見た高山植物高山植物

    山頂は100 m足らずの距離を隔てて西峰と東峰に分かれ、標高は西峰が3,047 m、東峰が3,052 mである。しかし三角点は西峰に設置されているため、低い方の西峰の標高が塩見岳の標高とされている。仙丈ヶ岳から続く長大な仙塩尾根の南端に位置する。山頂南側の三伏峠と本谷山南斜面、北側の北荒川岳周辺と熊の平周辺は高山植物の群生地となっている。鉄の兜(かぶと)にも似たドーム形の独特な山容で、遠方から眺めると独立峰のようなその山容が目立つ。日本百名山、新日本百名山、信州百名山の一つに選定されている。塩見岳 フレッシュアイペディアより)

  • 真砂岳 (立山連峰)

    真砂岳 (立山連峰)から見た高山植物高山植物

    上部では、イワウメ、イワヒゲ、キバナシャクナゲ、コメバツガザクラ、チングルマ、ツガザクラ、ハイマツ、ハクサンイチゲ、ヨツバシオガマなどの高山植物が自生している。国の特別天然記念物であるライチョウが留鳥として生息し、イヌワシ、イワツバメ、イワヒバリなどの鳥類も見られる。真砂岳 (立山連峰) フレッシュアイペディアより)

  • 蝶ヶ岳

    蝶ヶ岳から見た高山植物高山植物

    山体はなだらかで、蝶ヶ池、妖精ノ池などの湖沼が点在する。稜線は、二重稜線となっている。この二重稜線が積雪に大きく関与するため、高山植物の分布に影響を与えている。山頂付近は、森林限界のハイマツ帯で、ライチョウの生息地となっている。蝶ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

  • 日高山脈襟裳国定公園

    日高山脈襟裳国定公園から見た高山植物高山植物

    日高山脈、広尾町から襟裳岬にかけての海岸線、アポイ岳周辺の地域からなる。日高山脈は日本国内で最も原始的な自然を残しており、固有種や隔離分布する植物を数多く見ることができるのが特徴になっている。登山に関しては難度の高い山域として知られており、一般的な登山コースを整備していないため、ほかの山域とは異なる知識や準備を必要としている。襟裳岬は岬から1.5kmに渡り岩礁が連続し、風が強い地域として知られている。また、日本の白砂青松100選や「百人浜・襟裳岬」として日本の渚百選に選定されている。アポイ岳は世界的にも珍しいかんらん岩からなる山塊や渓谷、特殊な土壌条件などによって低標高ながら高山植物を見ることができる自然環境にあり、登山道も整備している。「アポイ岳と高山植物群落」として国の特別天然記念物に指定されているほか、日本の地質百選に選定されている。また、ジオパークとして2008年(平成20年)に「日本ジオパーク」に、2015年(平成27年)には「世界ジオパーク」に認定された。襟裳岬、十勝幌尻岳、幌尻岳は国の名勝「ピリカノカ」に指定されている。日高山脈襟裳国定公園 フレッシュアイペディアより)

418件中 11 - 20件表示

「高山植物」のニューストピックワード