361件中 21 - 30件表示
  • 笠ヶ岳

    笠ヶ岳から見た高山植物高山植物

    1995年(平成7年)6月10日 - 田中澄江が『新・花の百名山』を出版し、笠ヶ岳とそれを代表する高山植物(ミヤマダイコンソウ、シナノキンバイ、ヒメレンゲなど)を紹介した。笠ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

  • 三俣蓮華岳

    三俣蓮華岳から見た高山植物高山植物

    三俣蓮華岳はほぼ北アルプスの中央部に位置する。比較的なだらかな山容で東側に圏谷地形(カール)があり、高山植物が咲き乱れるお花畑の豊富な山として知られる。とりわけ双六岳との間の巻き道は花が豊富である。中生代の花崗閃緑岩から成る山である三俣蓮華岳 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶ヶ岳

    蝶ヶ岳から見た高山植物高山植物

    山体はなだらかで、蝶ヶ池、妖精ノ池などの湖沼が点在する。稜線は、二重稜線となっている。この二重稜線が積雪に大きく関与するため、高山植物の分布に影響を与えている。山頂付近は、森林限界のハイマツ帯で、ライチョウの生息地となっている。蝶ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

  • 北ノ俣岳

    北ノ俣岳から見た高山植物高山植物

    山頂部は広くハイマツ帯となっており、雪解け後の斜面にはハクサンイチゲなどの高山植物の大群落がある。北ノ俣岳 フレッシュアイペディアより)

  • イソツツジ

    イソツツジから見た高山植物高山植物

    イソツツジ(磯躑躅、学名:Ledum palustre subsp. diversipilosum var. nipponicum)はツツジ科イソツツジ属の常緑小低木。高山植物イソツツジ フレッシュアイペディアより)

  • 西赤石山

    西赤石山から見た高山植物高山植物

    新居浜市街地の南方に、東西に緩やかな稜線を引いた三角形の頂上を持つ山が西赤石山である。西赤石山の南西側の鞍部は銅山越 (1294m) と呼ばれ、かつて銅の製錬による煤煙や伐採により禿山となっていたが、温暖地域にあって標高が比較的低いにもかかわらず、現在ではツガザクラやアカモノなど高山植物の宝庫となっている。これらの高山植物はこの地域が日本における南限となる。江戸時代は現在の鹿森ダム付近の遠登志(おとし)から銅山越までの中持道を、男子は12貫(45キログラム)、女子は8貫(30キログラム)の荒銅を担ぎ降ろし、生活物資を担いで登ったという。西赤石山 フレッシュアイペディアより)

  • ヒナザクラ

    ヒナザクラから見た高山植物高山植物

    ヒナザクラ(雛桜、学名:Primula nipponica)は、サクラソウ科サクラソウ属の多年草。高山植物ヒナザクラ フレッシュアイペディアより)

  • エゾシオガマ

    エゾシオガマから見た高山植物高山植物

    エゾシオガマ(蝦夷塩釜、Pedicularis yezoensis )は、ゴマノハグサ科シオガマギク属の多年草。高山植物エゾシオガマ フレッシュアイペディアより)

  • オオバミゾホオズキ

    オオバミゾホオズキから見た高山植物高山植物

    オオバミゾホオズキ(大葉溝酸漿、学名:Mimulus sessilifolius)はゴマノハグサ科ミゾホオズキ属の多年草。高山植物オオバミゾホオズキ フレッシュアイペディアより)

  • 空木平カール

    空木平カールから見た高山植物高山植物

    空木岳登山道の池山尾根上部の分岐(写真) から登山道が2本に分かれ、左は空木平カール、右は圏谷北側稜線への登山道となる。空木平のコースの多くは樹林帯で展望はあまりないが、高山植物が豊富である。稜線のコースは森林限界を越え、駒石などの巨岩が点在する展望の良い尾根道となるが、高山植物は少ない。空木平カール フレッシュアイペディアより)

361件中 21 - 30件表示

「高山植物」のニューストピックワード