361件中 31 - 40件表示
  • チシマツガザクラ

    チシマツガザクラから見た高山植物高山植物

    東北地方?北海道の高山帯に分布する高山植物。礫地や岩場に生える。高さ5cmほどで、枝は地を這いマット状に広がる。チシマツガザクラ フレッシュアイペディアより)

  • ユキワリソウ

    ユキワリソウから見た高山植物高山植物

    ユキワリソウ(雪割草 学名:Primula modesta)は、サクラソウ科サクラソウ属の多年草。高山植物で日本全土の亜高山帯から高山帯に自生する。ユキワリソウ フレッシュアイペディアより)

  • チシマフウロ

    チシマフウロから見た高山植物高山植物

    北海道?東北地方の亜高山帯?高山帯に分布する。日当たりの良い草地や砂礫地に生える高山植物チシマフウロ フレッシュアイペディアより)

  • ミヤマハンショウヅル

    ミヤマハンショウヅルから見た高山植物高山植物

    北海道?関東・中部地方の亜高山帯?高山帯に生える高山植物。蔓の長さは30-100cm。花期は6-8月。枝先に3cmほどの鐘形で紅紫色の花を咲かせる。萼片は4枚で内側に白い花弁がある。ミヤマハンショウヅル フレッシュアイペディアより)

  • 五色ヶ原 (立山連峰)

    五色ヶ原 (立山連峰)から見た高山植物高山植物

    五色ヶ原の標高はおよそ2,500 mである。太古の昔、立山火山(弥陀ヶ原火山)の噴火により流れ出した溶岩によって形成されたといわれる。北西側は立山カルデラとなって落ち込んでいる。カルデラ壁に鷲岳、鳶山といった山がある。一帯には、高山植物が咲き誇る。五色ヶ原 (立山連峰) フレッシュアイペディアより)

  • 渓流植物

    渓流植物から見た高山植物高山植物

    渓流環境は多くの植物にとって不利な環境であるが、他種との競争力が弱い種にとっては、渓流環境に適応することにより、他種との競争を回避することができる。このような種にとっては渓流環境は有利な環境と言える。また、渓流植物の多くは狭葉現象により、葉面積が狭くなる傾向にあるが、これは光合成を行う能力が劣っていることを示し、渓流環境への適応と光合成能はトレードオフの関係にある。このように特殊な環境に適応し競争を回避する例は、マングローブ植物や高山植物等が挙げられる。渓流植物 フレッシュアイペディアより)

  • タテヤマリンドウ

    タテヤマリンドウから見た高山植物高山植物

    タテヤマリンドウ(立山竜胆、学名:Gentiana thunbergii var. minor )は、リンドウ科リンドウ属の越年草。ハルリンドウの高山型変種。高山植物タテヤマリンドウ フレッシュアイペディアより)

  • ハクサンチドリ

    ハクサンチドリから見た高山植物高山植物

    ハクサンチドリ(白山千鳥)はラン科ハクサンチドリ属の多年草の高山植物。北海道?中部地方以北の高山帯の湿り気のある場所に生える。ハクサンチドリ フレッシュアイペディアより)

  • タカネニガナ

    タカネニガナから見た高山植物高山植物

    タカネニガナ(高嶺苦菜、学名:Ixeris dentata var. alpicola)は、キク科ニガナ属の多年草。ニガナの高山型の変種で高山植物タカネニガナ フレッシュアイペディアより)

  • シロウマタンポポ

    シロウマタンポポから見た高山植物高山植物

    シロウマタンポポ(白馬蒲公英、学名 )はキク科タンポポ属の高山植物シロウマタンポポ フレッシュアイペディアより)

361件中 31 - 40件表示

「高山植物」のニューストピックワード