418件中 51 - 60件表示
  • ハクサンボウフウ

    ハクサンボウフウから見た高山植物高山植物

    ハクサンボウフウ(白山防風、学名:Peucedanum multivittatum)はセリ科カワラボウフウ属の多年草。高山植物ハクサンボウフウ フレッシュアイペディアより)

  • イワオトギリ

    イワオトギリから見た高山植物高山植物

    イワオトギリ(岩弟切、学名: var. )は、オトギリソウ科オトギリソウ属の多年草の高山植物。東北地方および中部地方以北の主に日本海側の亜高山帯から高山帯に分布している。オトギリソウの高山型。イワオトギリ フレッシュアイペディアより)

  • チョウカイフスマ

    チョウカイフスマから見た高山植物高山植物

    チョウカイフスマ(鳥海衾、学名:Arenaria merckioides var. chokaiensis )はナデシコ科ノミノツヅリ属の多年草。メアカンフスマを基本種とする変種。高山植物チョウカイフスマ フレッシュアイペディアより)

  • 川俣ダム

    川俣ダムから見た高山植物高山植物

    ダムによってできた人造湖は「川俣湖」と呼ばれ、湖畔にある川俣湖温泉はダム建設に伴って新たに掘り当てられたという珍しいものである。川俣湖よりさらに上流に進むと、高山植物が咲き乱れる美しい鬼怒沼がある。2006年(平成18年)5月、川俣ダムの非常用洪水吐きのゲート点検を行うために、完成以来使われることのなかった6門のゲートのうち中央部2門を開放して放流を行った。1日限りしか見られない落差117.0mの「幻」の滝とあって、この日は大勢の観光客で賑わい、新聞やテレビ等でも報道された。川俣ダム フレッシュアイペディアより)

  • クモマグサ

    クモマグサから見た高山植物高山植物

    日本の本州中部の北アルプスの白馬岳と御嶽山のみに分布する。高山地帯の岩礫地や圏谷の底に自生する珍しい高山植物である。基準標本は御嶽山のもの。園芸店などで扱われているものは、セイヨウクモマグサで本種とは別種である。クモマグサ フレッシュアイペディアより)

  • ハクサンイチゲ

    ハクサンイチゲから見た高山植物高山植物

    高山植物の代表種で、中部地方以北から東北地方の亜高山帯から高山帯の湿った草原に生育する。花期は6 - 8月で、しばしば、雪渓が解けた跡に群生が見られる。白色の花弁に見えるのは萼片で5 - 7枚ある。萼片が緑色に変わった個体はミドリハクサンイチゲ f. と呼ばれる。ハクサンイチゲ フレッシュアイペディアより)

  • イワウメ

    イワウメから見た高山植物高山植物

    イワウメ(岩梅、学名:Diapensia lapponica L. var. obovata)は、イワウメ科イワウメ属の常緑の小低木。高山植物。別名はフキヅメソウ、スケロクイチヤク。イワウメ フレッシュアイペディアより)

  • サクライソウ科

    サクライソウ科から見た高山植物高山植物

    高山植物であり、苞葉のある総状花序・小花柄のある花・宿存性の花被片・3枚に分離した心皮・蜜腺・同時的な小胞子形成・袋果などの特徴をもつ。サクライソウ属は葉緑素のない腐生植物で、日本と中国に分布するサクライソウと、中国・東南アジアに分布する2種がある。オゼソウは日本の尾瀬など一部の高山のみに固有で、葉緑素を持つ。サクライソウ科 フレッシュアイペディアより)

  • ノミノツヅリ

    ノミノツヅリから見た高山植物高山植物

    ノミノツヅリ属はタカネツメクサ属に近縁で、ただしタカネツメクサ属の果実が三つに割れるのに対して、ノミノツヅリのそれは六つに分かれる。同属のものとしては日本では他にメンアカフスマ A. merckioides やカトウハコベ A. katoana があるが、いずれも高山植物であり、またもう少し大きい植物である。ノミノツヅリ フレッシュアイペディアより)

  • ミネズオウ

    ミネズオウから見た高山植物高山植物

    ミネズオウ(峰蘇芳、学名:Loiseleuria procumbens)はツツジ科の常緑小低木。高山植物。ミネズオウ属は、本種1種のみからなる。ミネズオウ フレッシュアイペディアより)

418件中 51 - 60件表示

「高山植物」のニューストピックワード