361件中 61 - 70件表示
  • 上河内岳

    上河内岳から見た高山植物高山植物

    大井川の支流の上河内沢の源流部の山である。山頂の南西方向に周氷河地形の名残である窪地状の亀甲状土の地形が見られる。周辺は「御花畑」と称する高山植物の群生地となっている。北側の南岳との間にも高山植物の群生地がある。山頂部は森林限界を越えた岩場で、360度の展望が得られる。この周辺のハイマツ帯には雷鳥が生息している。上河内岳 フレッシュアイペディアより)

  • 兎岳 (長野県)

    兎岳 (長野県)から見た高山植物高山植物

    山頂付近は森林限界のハイマツ帯で、ライチョウの生息地で高山植物の群生地となっている。南斜面は崩落地となっていて、聖岳の南西斜面には赤色チャート(ラジオラリア盤岩)の露出地がある。兎岳 (長野県) フレッシュアイペディアより)

  • 加無山県立自然公園

    加無山県立自然公園から見た高山植物高山植物

    人家から離れた開発されていない原生林が多く、クマタカが多く生息しており、イヌワシの営巣地とも推定されている。この公園内には「女甑山の大カツラ、滝の沢の一本杉(林野庁森の巨人たち百選)」を始め、いくつもの日本一の巨木が存在している他、高山植物の花畑や、公園外の秋田県側だが、孤立した貴重な生態系が息づく名勝沼が存在する。加無山県立自然公園 フレッシュアイペディアより)

  • ヒダカソウ

    ヒダカソウから見た高山植物高山植物

    ヒダカソウ(日高草、学名: )はキンポウゲ科キタダケソウ属の多年草。高山植物ヒダカソウ フレッシュアイペディアより)

  • ウラシマツツジ

    ウラシマツツジから見た高山植物高山植物

    ウラシマツツジ(裏縞躑躅、学名:Arctous alpina var. japonica)はツツジ科ウラシマツツジ属の落葉小低木。高山植物ウラシマツツジ フレッシュアイペディアより)

  • 朝日山地

    朝日山地から見た高山植物高山植物

    南北60km、東西30kmの山塊である。有数の豪雪地帯で夏の残雪、稜線上の高山植物、山麓から山腹にかけてのブナの原生林、深い渓谷が特徴である。山形県側は山形自動車道が横断しているが、月山ICで途切れ月山道路になり湯殿山ICから再び山形自動車道となっている。寒河江川の源流で、寒河江ダムがある。新潟県側は三面川の源流で、三面ダムの上流に近年奥三面ダムが完成した。朝日山地 フレッシュアイペディアより)

  • 車山

    車山から見た高山植物高山植物

    車山高原スキー場にあるリフトが夏季も運行しているので、山頂付近までリフトで登ることができ、簡単に登頂が可能。また、八島ヶ原湿原から蝶々深山(ちょうちょうみやま)を経て車山に至るハイキングコースがあるので、高原ハイクを楽しむことができる。なだらかで草原が多いことから、展望がよく、季節によって様々な高山植物が咲き誇る。特に7月のニッコウキスゲは有名。車山 フレッシュアイペディアより)

  • イワウメ

    イワウメから見た高山植物高山植物

    イワウメ(岩梅、学名:Diapensia lapponica L. var. obovata)は、イワウメ科イワウメ属の常緑の小低木。高山植物。別名はフキヅメソウ、スケロクイチヤク。イワウメ フレッシュアイペディアより)

  • イワインチン

    イワインチンから見た高山植物高山植物

    イワインチン(岩茵蔯、学名:Chrysanthemum rupestre )はキク科キク属の多年草。別名はインチンヨモギ。高山植物イワインチン フレッシュアイペディアより)

  • イワヒゲ

    イワヒゲから見た高山植物高山植物

    イワヒゲ(岩髭)はツツジ科イワヒゲ属の常緑小低木の高山植物。北海道〜中部地方以北の高山帯の日当たりの良い岩場に張り付くように生えている。イワヒゲ フレッシュアイペディアより)

361件中 61 - 70件表示

「高山植物」のニューストピックワード