418件中 61 - 70件表示
  • ホソバイワベンケイ

    ホソバイワベンケイから見た高山植物高山植物

    北海道から東北地方の高山帯の礫地に分布する高山植物。雌雄異株で日本固有種。高さは10-25cm。近縁種のイワベンケイよりも葉が細長く縁がぎざぎざしている。花期は7-8月。やや緑がかった黄色の花を茎の先に多数、咲かせる。ホソバイワベンケイ フレッシュアイペディアより)

  • ウサギギク

    ウサギギクから見た高山植物高山植物

    ウサギギク(兎菊、学名:Arnica unalascensis var. tschonoskyi)は、キク科ウサギギク属の多年草。高山植物ウサギギク フレッシュアイペディアより)

  • タカネヤハズハハコ

    タカネヤハズハハコから見た高山植物高山植物

    タカネヤハズハハコ(高嶺矢筈母子、学名:Anaphalis alpicola Makino)とはキク科ヤマハハコ属の多年草。高山植物タカネヤハズハハコ フレッシュアイペディアより)

  • タカネサギソウ

    タカネサギソウから見た高山植物高山植物

    タカネサギソウ(高嶺鷺草、学名: Platanthera maximowicziana )は、ラン科ツレサギソウ属の多年草。高山植物タカネサギソウ フレッシュアイペディアより)

  • ミヤマキンポウゲ

    ミヤマキンポウゲから見た高山植物高山植物

    ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花、学名:Ranunculus acris var. nipponicus)は、キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草の高山植物ミヤマキンポウゲ フレッシュアイペディアより)

  • ホソバツメクサ

    ホソバツメクサから見た高山植物高山植物

    ホソバツメクサ(細葉爪草、学名:Minuartia verna var. japonica )はナデシコ科タカネツメクサ属の多年草。別名、コバノツメクサ。高山植物ホソバツメクサ フレッシュアイペディアより)

  • モミジカラマツ

    モミジカラマツから見た高山植物高山植物

    モミジカラマツ(紅葉落葉松草、紅葉唐松 var. )はキンポウゲ科モミジカラマツ属の宿根性多年草。高山植物。北海道から中部地方以北の高山帯の湿り気のある場所に生える。モミジカラマツ フレッシュアイペディアより)

  • ホソバヒナウスユキソウ

    ホソバヒナウスユキソウから見た高山植物高山植物

    ホソバヒナウスユキソウ(細葉雛薄雪草、学名:Leontopodium fauriei var. angustifolium)は、キク科ウスユキソウ属に属する高山植物である。基本種はミヤマウスユキソウ。ホソバヒナウスユキソウ フレッシュアイペディアより)

  • ホタルイ属 (広義)

    ホタルイ属 (広義)から見た高山植物高山植物

    ミネハリイ類(ミネハリイ属 Trichophorum):高山植物。花茎の基部には鞘になった葉があり、ハリイのような姿。針状附属物は鱗片を越えて伸びる。ワタスゲに似る。ホタルイ属 (広義) フレッシュアイペディアより)

  • 十和田八幡平国立公園

    十和田八幡平国立公園から見た高山植物高山植物

    いずれの地域も落葉広葉樹の宝庫で、ブナ、カツラ、カエデ、トチノキ、ダケカンバなどの植生が見られる。また、標高の高い場所にはハイマツを中心とした高山植物群落が確認される。田代平などの湿原地帯には湿性植物が見られ、火山ガスの蓄積した一帯にはイソツツジなど、火山地帯ならではの硫気孔原植生が見られる。十和田八幡平国立公園 フレッシュアイペディアより)

418件中 61 - 70件表示

「高山植物」のニューストピックワード