418件中 71 - 80件表示
  • 大喰岳

    大喰岳から見た高山植物高山植物

    1909年(明治42年)8月に、鵜殿正雄らのパーティーが上條嘉門次と同行し奥穂高岳から槍ヶ岳へ縦走する際に登頂した。山頂付近は森林限界の砂礫地でライチョウの生息地でイワウメ、イワギキョウ、チョウノスケソウ、トウヤクリンドウ、ミヤマキンバイ、ミヤマシオガマ、ミヤマオダマキなどの高山植物が周辺で見られる 。大喰岳 フレッシュアイペディアより)

  • 抜戸岳

    抜戸岳から見た高山植物高山植物

    新穂高温泉から笠ヶ岳登頂時に登られることがある(新穂高温泉 - 左俣林道 - 笠新道取付 - 杓子平 - 稜線合流点 - 抜戸岳)。山頂部は森林限界の高山帯のハイマツが点在する岩場で見晴らしが良く、北北西に黒部五郎岳、東側に槍ヶ岳から穂高岳へと連なる山並み、南西に笠ヶ岳などを望むことができる。杓子平からのルートは以前はカール状の谷部をトラバースするルートであったが、近年抜戸岳寄りの尾根のルートに変更された。主稜線の西側を登山道が巻き、分岐点から山頂の三等三角点(点名が「奥笠ケ岳」)へ至る枝道がある。笠ヶ岳から双六岳方面への縦走時にも登られることがある。またわさび平小屋を過ぎ、小池新道を鏡平山荘を経て登り詰めた弓折乗越から弓折岳に登り、稜線を笠ヶ岳に進み登頂することもできる。山頂の北側の「秩父平」と南西の「杓子平」はカール状の高山植物の群生地がある。抜戸岳 フレッシュアイペディアより)

  • 白地山

    白地山から見た高山植物高山植物

    山頂付近には「白地湿地帯」が広がり、キンコウカ・ワタスゲ・ヒメシャクナゲなど約20数種類の高山植物が自生している。白地山 フレッシュアイペディアより)

  • ミヤマキンバイ

    ミヤマキンバイから見た高山植物高山植物

    分布域は本州中部以北・北海道・千島列島・サハリン・済州島。亜高山帯?高山帯の砂礫地、草地に生育する高山植物ミヤマキンバイ フレッシュアイペディアより)

  • ミヤマハナシノブ

    ミヤマハナシノブから見た高山植物高山植物

    ミヤマハナシノブ(深山花忍、学名:Polemonium caeruleum ssp. yezoense var. nipponicum)は、ハナシノブ科ハナシノブ属の多年草の高山植物ミヤマハナシノブ フレッシュアイペディアより)

  • イワギキョウ

    イワギキョウから見た高山植物高山植物

    イワギキョウ(岩桔梗、学名:Campanula lasiocarpa)はキキョウ科ホタルブクロ属の多年草。高山植物イワギキョウ フレッシュアイペディアより)

  • チシマフウロ

    チシマフウロから見た高山植物高山植物

    北海道?東北地方の亜高山帯?高山帯に分布する。日当たりの良い草地や砂礫地に生える高山植物チシマフウロ フレッシュアイペディアより)

  • チョウカイアザミ

    チョウカイアザミから見た高山植物高山植物

    鳥海山特産で高山帯の草原に生える高山植物チョウカイアザミ フレッシュアイペディアより)

  • トウヤクリンドウ

    トウヤクリンドウから見た高山植物高山植物

    トウヤクリンドウ(当薬竜胆、学名:Gentiana algida)はリンドウ科リンドウ属の多年草の高山植物トウヤクリンドウ フレッシュアイペディアより)

  • ヒダカソウ

    ヒダカソウから見た高山植物高山植物

    ヒダカソウ(日高草、学名: )はキンポウゲ科キタダケソウ属の多年草。高山植物ヒダカソウ フレッシュアイペディアより)

418件中 71 - 80件表示

「高山植物」のニューストピックワード