361件中 71 - 80件表示
  • カラマツソウ

    カラマツソウから見た高山植物高山植物

    カラマツソウ(落葉松草、唐松草) はキンポウゲ科カラマツソウ属の宿根草。北海道から本州の山地?高山帯の草地に自生する高山植物。日本固有種である。花がカラマツの葉の付き方に似ているのでこの名前が付いた。カラマツソウ フレッシュアイペディアより)

  • ハヤチネウスユキソウ

    ハヤチネウスユキソウから見た高山植物高山植物

    ハヤチネウスユキソウ(早池峰薄雪草、学名:)は、キク科の多年草。高山植物。変種にオオヒラウスユキソウがある。ハヤチネウスユキソウ フレッシュアイペディアより)

  • 後立山連峰

    後立山連峰から見た高山植物高山植物

    後立山連峰の山稜に沿って、富山県と新潟県の県境、および富山県と長野県の県境が設けられている。その最高峰は、標高2,932 mの白馬岳である。山の上部は森林限界の高山帯でハイマツなど高山植物の群生地があり、ライチョウの生息地となっている。後立山連峰 フレッシュアイペディアより)

  • ミヤマオダマキ

    ミヤマオダマキから見た高山植物高山植物

    ミヤマオダマキ(深山苧環、学名:Aquilegia flabellata var. pumila)は、キンポウゲ科オダマキ属の多年草。北海道?中部地方以北、南千島から朝鮮北部、樺太に分布する高山植物である。園芸品種として改良されたものが山野草として栽培されるが、高山性のものとしては栽培しやすい方である。ミヤマオダマキ フレッシュアイペディアより)

  • イイデリンドウ

    イイデリンドウから見た高山植物高山植物

    イイデリンドウ(飯豊竜胆、学名:Gentiana nipponica var. robusta)は、リンドウ科リンドウ属の多年草。ミヤマリンドウを基本種とする変種で、飯豊山地に特産する高山植物イイデリンドウ フレッシュアイペディアより)

  • 七倉山

    七倉山から見た高山植物高山植物

    山頂周辺はハイマツ帯で、ハクサンコザクラ、ハクサンイチゲ、イワギキョウ、チングルマなどの高山植物が自生している。西側の谷部の斜面には、夏でも多くの残雪があることが多い。白山の登山道の楽々新道及び岩間道が樅ヶ丘で合流後、この山頂付近を通過している。また釈迦新道、加賀新道、加賀禅定道(檜新宮参道)、楽々新道、岩間道が、山頂直下南西の七倉の辻で合流する。山頂と大汝峰の鞍部には、加賀禅定道の御手洗鉢(おちょうずばち)と呼ばれる場所がある。手取川の支流である尾添川や牛首川はこの山塊から源を発し、尾添川の支流である丸石谷は、北西斜面の清浄ヶ原から続く溶岩台地の末端で、百四丈滝となって落ちている。七倉山 フレッシュアイペディアより)

  • 山野草

    山野草から見た高山植物高山植物

    1970年代頃からのエコロジーブームなど、自然へ向けられる目が増えたことによってか、高山植物や野生植物を観賞の対象として栽培することが話題に上るようになった。山野草 フレッシュアイペディアより)

  • ミヤマリンドウ

    ミヤマリンドウから見た高山植物高山植物

    ミヤマリンドウ(深山竜胆、学名:Gentiana nipponica)は、リンドウ科リンドウ属の多年草の高山植物ミヤマリンドウ フレッシュアイペディアより)

  • 永田岳

    永田岳から見た高山植物高山植物

    海岸部の永田集落付近は杉の人工林、クワズイモおよびヘゴなど亜熱帯性植物も見られるが、やや内陸部に入ると暖帯性の天然林となり、標高1,480mの姥ヶ岩付近には屋久杉、ヤクシマシャクナゲなどが見られる。永田岳山頂は屏風を立てたような尾根を張り、斜面にはむき出しの花崗岩が散りばめられ、山頂西側直下にはローソク岩と呼ばれる巨岩が聳える。山頂付近は一面のヤクザサに覆われ、イッスンキンカ、シャクナンガンピ、ヤクシマホツツジなど高山植物が見られる。永田岳 フレッシュアイペディアより)

  • 三ノ沢岳

    三ノ沢岳から見た高山植物高山植物

    JR東海中央本線上松駅の東9.3 kmに位置する。木曽駒ヶ岳や宝剣岳などから、端正な三角錐のその美しい山容を眺めることができる。花崗岩の岩山で、木曽川の支流の滑川及び伊奈川に挟まれた稜線上の山で、それぞれの川の支流の三ノ沢の源流となっている。中央アルプスの主流線から外れているため、訪れる人は比較的少ない。山頂には、三等三角点があり、大きな岩が乱立する展望台となっている。山頂付近は森林限界を越える高山帯で、アオノツガザクラ、ウサギギク、コバイケイソウ、コマウスユキソウ、チングルマ、ハイマツ、ハクサンチドリなどの多くの高山植物が見られる。北東面の伊奈川源流部は、三ノ沢カールの圏谷地形となっている。山体は花崗岩で形成されている。山頂部には巨石が重なり合い、見晴らしの良い展望地となっている。三ノ沢岳 フレッシュアイペディアより)

361件中 71 - 80件表示

「高山植物」のニューストピックワード