361件中 81 - 90件表示
  • 北見神威岬

    北見神威岬から見た高山植物高山植物

    断崖の中腹に縞模様の灯台があり、岬より少し南下した枝幸町側には北見神威岬公園があって岬の全容が見渡せる。冬期には流氷が接岸する。周辺は高山植物が豊富であり数十種が群生している。北見神威岬 フレッシュアイペディアより)

  • タカネグンナイフウロ

    タカネグンナイフウロから見た高山植物高山植物

    タカネグンナイフウロ(高嶺郡内風露)はフウロソウ科フウロソウ属の多年草。高山植物の一。タカネグンナイフウロ フレッシュアイペディアより)

  • 黒味岳

    黒味岳から見た高山植物高山植物

    宮之浦岳を始めとして屋久島の山岳地域の大部分は霧島屋久国立公園に指定され、宮之浦岳、永田岳および黒味岳など中央の山岳地帯は世界自然遺産の森林生態系保護地域保存地区に指定されている。山頂付近までスギ、ヤクシマシャクナゲ、ヤクシマホツツジおよびミヤマビャクシンなどの低木が茂り、ヤクザサが生い茂っている他の奥岳とは対照的である。高山植物の宝庫でもあり、ヤクシマノギラン、イッスンキンカなど屋久島の固有種も多数見られる。黒味岳 フレッシュアイペディアより)

  • 奥大日岳

    奥大日岳から見た高山植物高山植物

    多くの高山植物を見ることが出来る山である。奥大日岳 フレッシュアイペディアより)

  • ミヤマコゴメグサ

    ミヤマコゴメグサから見た高山植物高山植物

    ミヤマコゴメグサ(深山小米草 学名:E. insignis Wettst.)は、ゴマノハグサ科コゴメグサ属の一年草。高山植物ミヤマコゴメグサ フレッシュアイペディアより)

  • ミヤマアズマギク

    ミヤマアズマギクから見た高山植物高山植物

    ミヤマアズマギクは、東アジアと日本の北海道〜中部地方以北の高山帯の乾いた礫地や草地に生える高山植物でアズマギクの亜種。花期は、7〜8月。茎の先端に直径3cmほどの頭花を1つ咲かせる。花の中心は黄色、周りの花弁は薄紫をしている。エイサ・グレイ(Asa Gray)が学名を命名した。ミヤマアズマギク フレッシュアイペディアより)

  • トウヤクリンドウ

    トウヤクリンドウから見た高山植物高山植物

    トウヤクリンドウ(当薬竜胆、学名:Gentiana algida)はリンドウ科リンドウ属の多年草の高山植物トウヤクリンドウ フレッシュアイペディアより)

  • アオノツガザクラ

    アオノツガザクラから見た高山植物高山植物

    アオノツガザクラ(青の栂桜、Phyllodoce aleutica)はツツジ科ツガザクラ属の常緑小低木。高山植物アオノツガザクラ フレッシュアイペディアより)

  • スバリ岳

    スバリ岳から見た高山植物高山植物

    後立山連峰の主稜線に沿った登山道が整備されていて、山頂部を通っている。縦走時に通過されることが多く、扇沢駅の登山口から針ノ木雪渓を通るルートが最短の登山ルートである。扇沢の柏原新道から入山する経路もある。西面の岩稜はロッククライミングの対象となる。山頂は三角点がない標高点で森林限界を越える高山帯のハイマツが自生する岩場であり、立山や黒部湖などの360度の展望がある。夏期には、登山道脇に高山植物が見られる。スバリ岳 フレッシュアイペディアより)

  • 鳴沢岳

    鳴沢岳から見た高山植物高山植物

    後立山連峰の主稜線に沿った登山道が整備されていて、山頂部を通っている。縦走時に通過されることが多く、扇沢駅の東にある登山口から種池山荘の経営者の柏原正康が1966年(昭和41年)7月に開設した柏原新道を通るルートが最短の登山ルートである。扇沢の針ノ木雪渓から入山する経路もある。山頂は三角点がない標高点で森林限界を越える高山帯のハイマツが自生する岩場であり、立山や黒部湖などの360度の展望がある。夏期には、登山道脇に高山植物が見られる。鳴沢岳 フレッシュアイペディアより)

361件中 81 - 90件表示

「高山植物」のニューストピックワード