64件中 41 - 50件表示
  • 高山植物

    高山植物から見たミヤマアズマギク

    ファイル:Miyama-azumagiku.jpg|ミヤマアズマギク高山植物 フレッシュアイペディアより)

  • 高山植物

    高山植物から見た土壌

    高山植物の生育環境は、冬季の積雪と平均気温の低さ、一日の最高気温と最低気温の温度差が大きいこと、風が強いこと、貧弱な養分の土壌、陽射しが強く特に紫外線が多いこと、など多くの点で植物の生育には厳しいことが多い。よってその環境に応じた様々な特徴をそなえている。たとえば、地下茎や根が発達している割に茎や葉が小さく、樹木であっても、ほとんど草並の背丈で、地表に密着してクッション状に成長する。成長が可能な期間が短いため、一年草は少なく、多年生の草本が多い。また、全体に毛が多いものもよくある。これは、植物体表面を寒気から遮断することや、強い日差しから本体を守る役割があると見られる。高山植物 フレッシュアイペディアより)

  • 高山植物

    高山植物から見たイワカガミ

    ファイル:Ko-iwakagami.jpg|コイワカガミ高山植物 フレッシュアイペディアより)

  • 高山植物

    高山植物から見たタカネシオガマ

    ファイル:Pedicularis verticillata 01.jpg|タカネシオガマ高山植物 フレッシュアイペディアより)

  • 高山植物

    高山植物から見たタカネツメクサ

    ファイル:Takanetumekusa.JPG|タカネツメクサ高山植物 フレッシュアイペディアより)

  • 高山植物

    高山植物から見たウルップソウ

    したがって、かつては高山植物の分布は山から山へとつながっていたのであろうが、現在ではそれぞれの山の山頂付近に限定され、分布は島のように孤立している。そういった経過を経て、現在では島の生物と同じように、それぞれの山で固有種に分化していることが多い。北岳のキタダケソウや白馬岳周辺と硫黄岳のウルップソウなどがその一例である。保護するために立ち入り禁止区域に高山植物 フレッシュアイペディアより)

  • 高山植物

    高山植物から見た礼文島

    高山に生育するから高山植物と呼ぶわけではない。例えば、北海道の礼文島や利尻島では森林限界が低いため、北アルプスで標高2,500メートル付近に生育している高山植物を平地や海岸近くでも見ることができる。高山植物 フレッシュアイペディアより)

  • 高山植物

    高山植物から見た利尻島

    高山に生育するから高山植物と呼ぶわけではない。例えば、北海道の礼文島や利尻島では森林限界が低いため、北アルプスで標高2,500メートル付近に生育している高山植物を平地や海岸近くでも見ることができる。高山植物 フレッシュアイペディアより)

  • 高山植物

    高山植物から見た赤石山脈

    一部の種は環境省や各県のレッドリストに指定されている。南アルプスの高山帯では、地球温暖化に伴う気温上昇などにより、ニホンジカやニホンカモシカなどが高所まで上がり高山植物を食い尽す食害を受けている地域がある。高山植物 フレッシュアイペディアより)

  • 高山植物

    高山植物から見たミヤマアキノキリンソウ

    ファイル:Miyamaakinokirinsou.JPG|ミヤマアキノキリンソウ高山植物 フレッシュアイペディアより)

64件中 41 - 50件表示

「高山植物」のニューストピックワード