184件中 101 - 110件表示
  • 東京ラブ・シネマ

    東京ラブ・シネマから見た高島彩高島彩

    高島彩(フジテレビアナウンサー)東京ラブ・シネマ フレッシュアイペディアより)

  • 芸能界特技王決定戦 TEPPEN

    芸能界特技王決定戦 TEPPENから見た高島彩高島彩

    高島彩(第1 - 3、5・6回)芸能界特技王決定戦 TEPPEN フレッシュアイペディアより)

  • 全力教室

    全力教室から見た高島彩高島彩

    前番組『ドラマチック・サンデー』が2013年の春改編により終了し、その後番組として放送されることとなった。同枠がバラエティ枠になるのは、タモリ・高島彩などが出演していた『エチカの鏡〜ココロにキクTV〜』以来、2年半ぶりの復活となる。本番組の司会に起用された高島は2年半ぶりの同枠復帰でもある。全力教室 フレッシュアイペディアより)

  • 坪内一樹

    坪内一樹から見た高島彩高島彩

    以後、軽部の夏休み中には代理として蝶ネクタイ着用で2000年夏 - 2002年夏、2006年夏に出演してきた(但し2003年夏、本来はこの年も出演予定だったが多忙のため出演はせず。翌年(2004年)夏(8月16日?20日)は新婚旅行で夏休みを取った。軽部のピンチヒッターを務めた)。2005年度(8月8日 - 12日)は軽部と大塚範一(当時メインキャスター)が同時に夏休みとなり、テレビ宮崎・高橋巨典(2007年3月で降板)とのピンチヒッターの共演となった。『めざましテレビ』の中継リポーターである坪内、高橋と仙台放送の柳沢剛(2006年3月で降板)の3人は、「めざまし地方アナBIG3」と呼ばれていた。2006年度まで、KTSで放送されている『めざましテレビ』の番宣では「軽部さん」と大塚・高島彩(当時フジテレビアナウンサー)から呼ばれ、坪内が突っ込むものであった。坪内一樹 フレッシュアイペディアより)

  • 読者モデル

    読者モデルから見た高島彩高島彩

    1995年に創刊した東京ストリートニュース!は高校生の間にブームを呼び、妻夫木聡、降谷建志、青木裕子、高島彩などが登場した。読者モデル フレッシュアイペディアより)

  • 中村光宏

    中村光宏から見た高島彩高島彩

    12年先輩の高木広子、6年先輩の高島彩に憧れている。高島のことは面接二次試験の時にも名を挙げている(本人談)。中村光宏 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ノンフィクション

    ザ・ノンフィクションから見た高島彩高島彩

    高島彩(フジテレビ在籍時から担当)ザ・ノンフィクション フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のテレビ (日本)

    2017年のテレビ (日本)から見た高島彩高島彩

    【報道】土・日曜日20:54 - 21:54にいずれも1時間枠の新報道番組『サタデーステーション』・『サンデーステーション』(以下、『サタステ』・『サンステ』と略記。)をそれぞれ放送開始。『サタステ』は高島彩(フリーアナウンサー、元フジテレビアナウンサー)が、『サンデー〜』は長野智子(同)がそれぞれMCに就任。これに合わせ、上述の通り『報道ステーション SUNDAY』は終了しており、日曜夕方枠は同月9日から『ANNスーパーJチャンネル』(日曜版)が復活した。また、俳優・歌手のディーン・フジオカが『サタステ』のインフルエンサーとして不定期出演し『サタステ』『サンステ』共通のエンディングテーマ曲も担当。なお、『サタステ』初回・『サンステ』初回24分後拡大版の視聴率は、それぞれ8.7%・8.0%だった(いずれも関東地区・世帯・リアルタイム)。2017年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のテレビ (日本)

    2010年のテレビ (日本)から見た高島彩高島彩

    フジテレビ系『めざましテレビ』の司会を2003年4月から務めていた同局アナウンサーの高島彩(現・フリーアナウンサー)が卒業。2010年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 成蹊中学校・高等学校

    成蹊中学校・高等学校から見た高島彩高島彩

    高島彩 フリーアナウンサー、元フジテレビアナウンサー成蹊中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

184件中 101 - 110件表示

「高島彩」のニューストピックワード