前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • 大分マリーンパレス水族館

    大分マリーンパレス水族館から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    2004年4月1日に旧「大分生態水族館マリーンパレス」が、2.5倍の規模にリニューアル開業したもので、展示500種、計15,000点の水族館である。別府湾に面した国道10号大分 - 別府間(別大国道)沿いの、別府市との市境から約1.8kmの位置にある。道路を挟んで高崎山自然動物園と隣接しており、歩道橋で行き来が可能である。交通アクセスは同動物園の項目を参照。大分駅、別府駅などから路線バスでアクセス可能。大分マリーンパレス水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 阿蘇くじゅう国立公園

    阿蘇くじゅう国立公園から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    当初から九重山周辺も含まれていたが「阿蘇国立公園」の名称で指定された。1953年にはやまなみハイウェイの整備を前提に、沿線となる由布岳、鶴見岳、高崎山(高崎山自然動物園)*?を拡張指定。1986年には、大分県知事および当時の関係7市町村の陳情を経て、「阿蘇くじゅう国立公園」と改称された。なお、「くじゅう」が平仮名であるのは、九重と久住の両地区(どちらも読みは「くじゅう」)での議論を踏まえてのものである。阿蘇くじゅう国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • ジュピター (ニホンザル)

    ジュピター (ニホンザル)から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    ジュピターは、大分県大分市高崎山の高崎山自然動物園のニホンザルで、A群の元αオス(ボス猿)。ジュピター (ニホンザル) フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山

    高崎山から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    瀬戸内海国立公園内に位置し、日本山岳会東九州支部が選定した大分百山のひとつである。別府湾側の山麓には、山中に生息する野生のニホンザルを餌付けした高崎山自然動物園がある。高崎山 フレッシュアイペディアより)

  • スロープカー

    スロープカーから見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    大分県大分市 - 高崎山自然動物園「さるっこレール」スロープカー フレッシュアイペディアより)

  • 上田保

    上田保から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    当時作物を荒らしていたサルに餌付けを行い観光資源とした(高崎山自然動物園として現在に至っている)。上田保 フレッシュアイペディアより)

  • フォーナランド

    フォーナランドから見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園や隣接する大分生態水族館マリーンパレスとの回遊効果を狙い、さらに昆虫館を建設して動物を網羅する構想まであったが、初年度である1972年度(昭和47年度)の入館者は250,210人を数えたものの、1980年度(昭和55年度)には53,405人に減少し、開館から満10年の1982年(昭和57年)に閉館に至った。フォーナランド フレッシュアイペディアより)

  • 別大国道

    別大国道から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    毎年2月上旬に開催される別府大分毎日マラソンのコースとしても知られている。別府市との境界近くの大分市高崎山下に田ノ浦アイル、高崎山自然動物園、大分マリーンパレス水族館(うみたまご)といった観光地があり、休日はこれらへ向かう車で大混雑することも多い。別大国道 フレッシュアイペディアより)

  • ゴルゴ (ニホンザル)

    ゴルゴ (ニホンザル)から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    ゴルゴは、大分県大分市高崎山の高崎山自然動物園のニホンザルで、B群の元αオス(ボス猿)。αオスとしての在任期間は11年3か月で、当時、高崎山で最長であった。ゴルゴ (ニホンザル) フレッシュアイペディアより)

  • ベンツ (ニホンザル)

    ベンツ (ニホンザル)から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    ベンツは、大分県大分市高崎山の高崎山自然動物園のニホンザルで、B群の第9代αオス(ボス猿)、C群の第9代αオス。ベンツ (ニホンザル) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示

「高崎山自然動物園」のニューストピックワード