前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示
  • 阿蘇くじゅう国立公園

    阿蘇くじゅう国立公園から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    当初から九重山周辺も含まれていたが「阿蘇国立公園」の名称で指定された。1953年にはやまなみハイウェイの整備を前提に、沿線となる由布岳、鶴見岳、高崎山(高崎山自然動物園)*?を拡張指定。1986年には、大分県知事および当時の関係7市町村の陳情を経て、「阿蘇くじゅう国立公園」と改称された。なお、「くじゅう」が平仮名であるのは、九重と久住の両地区(どちらも読みは「くじゅう」)での議論を踏まえてのものである。阿蘇くじゅう国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 大分マリーンパレス水族館

    大分マリーンパレス水族館から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    旧「大分生態水族館マリーンパレス」が、およそ3倍に規模を拡張してリニューアル開業した水族館で、約500種、15,000点を展示している。別府湾に面した国道10号大分 - 別府間(別大国道)沿いの、別府市との市境まで約1.8kmの位置にある。国道10号及び日豊本線を挟んで高崎山自然動物園と隣接しており、横断歩道橋で行き来が可能である。大分マリーンパレス水族館 フレッシュアイペディアより)

  • ゾロ (ニホンザル)

    ゾロ (ニホンザル)から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    ゾロは、大分県大分市高崎山の高崎山自然動物園のニホンザルで、C群の8代目αオス(ボス猿)。αオスとしての在位期間は12年1か月で、高崎山で最長である。ゾロ (ニホンザル) フレッシュアイペディアより)

  • ベンツ (ニホンザル)

    ベンツ (ニホンザル)から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    ベンツは、大分県大分市高崎山の高崎山自然動物園のニホンザルで、B群の第9代αオス(ボス猿)、C群の第9代αオス。ベンツ (ニホンザル) フレッシュアイペディアより)

  • 上田保

    上田保から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    高崎山で作物を荒らしていたニホンザルに餌付けを行い、高崎山自然動物園として観光資源にした。上田保 フレッシュアイペディアより)

  • ジュピター (ニホンザル)

    ジュピター (ニホンザル)から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    ジュピターは、大分県大分市高崎山の高崎山自然動物園のニホンザルで、A群の初代αオス(ボス猿)。ジュピター (ニホンザル) フレッシュアイペディアより)

  • ゴルゴ (ニホンザル)

    ゴルゴ (ニホンザル)から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    ゴルゴは、大分県大分市高崎山の高崎山自然動物園のニホンザルで、B群の元αオス(ボス猿)。αオスとしての在任期間は11年3か月で、当時、高崎山で最長であった。ゴルゴ (ニホンザル) フレッシュアイペディアより)

  • 別大国道

    別大国道から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    毎年2月上旬に開催される別府大分毎日マラソンのコースとしても知られている。別府市との境界近くの大分市高崎山下に田ノ浦アイル、高崎山自然動物園、大分マリーンパレス水族館(うみたまご)といった観光地があり、休日はこれらへ向かう車で大混雑することも多い。別大国道 フレッシュアイペディアより)

  • 万寿寺 (大分市)

    万寿寺 (大分市)から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    ニホンザルの餌付けで知られる大分市西部高崎山の高崎山自然動物園には、当寺の別院がある。1936年(昭和11年)、高崎山山麓の土地を所有していた北九州の実業家が別院を建設し、当寺に寄進したのが始まりである。万寿寺 (大分市) フレッシュアイペディアより)

  • 大分交通別大線

    大分交通別大線から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    終戦から日が経ち電車以外の交通機関の輸送状況が好転するにつれて、併走する国鉄日豊本線や自動車との競争が激しくなり、別大線の乗客は減少傾向となった。対策として1951年(昭和26年)6月、単線区間の交換場所変更と車両歯車比変更による速度向上を実施し、全線の運転時間を54分から50分へと短縮した。また観光地として沿線の高崎山が脚光を浴びたため最寄の別院前停留場を改修し、長距離客に同停留場での途中下車を認可するなどの観光客誘致策を実施している。大分交通別大線 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示

「高崎山自然動物園」のニューストピックワード