1 2 次へ
18件中 11 - 18件表示
  • ゾロ (ニホンザル)

    ゾロ (ニホンザル)から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    ゾロは、大分県大分市高崎山の高崎山自然動物園のニホンザルで、C群の8代目αオス(ボス猿)。αオスとしての在位期間は12年1か月で、高崎山で最長である。ゾロ (ニホンザル) フレッシュアイペディアより)

  • 大分市

    大分市から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    大分川及び大野川が形成した三角州及び沖積平野からなる大分平野と、その周りの丘陵とを抱え、瀬戸内海の別府湾に面する。市の東部には南から大野川が、西部には西から大分川が流れ、瀬戸内海に注いでいる。中心市街は、大分川の河口部西側にある。別府市との境界付近に位置しニホンザルが生息する高崎山地区、及び豊予海峡に浮かぶ高島地区は、瀬戸内海国立公園に指定されている。大分市 フレッシュアイペディアより)

  • ニホンザル

    ニホンザルから見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    1952年に京都大学によって幸島で生態研究を目的とした餌付けが行われた。なお、日本のサル学の発祥の地は「高崎山自然動物園」のある高崎山(大分県)ともいわれる。ニホンザル フレッシュアイペディアより)

  • 東別府駅

    東別府駅から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    大分マリーンパレス水族館うみたまご・高崎山自然動物園 - バス5分、徒歩15分。東別府駅 フレッシュアイペディアより)

  • 別府市

    別府市から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    大分マリーンパレス水族館「うみたまご」、高崎山自然動物園、田の浦ビーチは大分市域に属する。別府市 フレッシュアイペディアより)

  • 別府インターチェンジ

    別府インターチェンジから見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    別府インターチェンジ(べっぷインターチェンジ)は、大分県別府市大字鶴見にある大分自動車道(東九州自動車道との重複区間)のインターチェンジである。別府温泉や高崎山自然動物園方面へ向かう場合に便利である。別府インターチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • 万寿寺 (大分市)

    万寿寺 (大分市)から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    ニホンザルの餌付けで知られる大分市西部高崎山の高崎山自然動物園には、当寺の別院がある。1936年(昭和11年)、高崎山山麓の土地を所有していた北九州の実業家が別院を建設し、当寺に寄進したのが始まりである。万寿寺 (大分市) フレッシュアイペディアより)

  • 大分県警察

    大分県警察から見た高崎山自然動物園高崎山自然動物園

    シンボルマスコットは1992年に公募で選ばれたピンキー。高崎山の猿をモチーフにしており、ポリスの「P」と「モンキー」とから名付けられた。大分県警察 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
18件中 11 - 18件表示

「高崎山自然動物園」のニューストピックワード