前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た昭和天皇

    1958年4月 - 昭和天皇および皇后が来園高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た伊谷純一郎

    ジュチ(8年) - 高崎山の猿の調査を行った伊谷純一郎の息子の名にちなむ。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た上田保

    高崎山には古くから野生の猿が住んでおり、明治時代末期には約600頭ほどにもなった。その後、大正時代の山火事で一時頭数が激減するが、1940年(昭和15年)には100頭以上を数えるようになり、終戦直後には200頭程度にまで増えて農作物への被害が深刻となった。そこで狩猟などによる猿の駆除が試みられたが失敗。これを耳にした当時の大分市長上田保が、駆除に代えて餌付けし観光資源として利用しようとしたのが始まりである。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た香淳皇后

    1958年4月 - 昭和天皇および皇后が来園高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た火野葦平

    1955年(昭和30年)には、上田をモデルに当園での猿の餌付け等を描いた火野葦平の小説『ただいま零匹』が朝日新聞夕刊に連載されるとともに、後には映画化もされて知名度が高まった。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見たワールド・ベースボール・クラシック

    高崎山では、1984年(昭和59年)から、その年最初に生まれた猿に、その年の出来事に因んだ名前を付けている。2009年には日本がワールド・ベースボール・クラシックで連覇したことに因んで「レンパ」、2010年はワシントン条約締約国会議で大西洋・地中海産クロマグロの取引禁止が提案されたことに因んで「クロマグロ」と名付けられた。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た大分マリーンパレス水族館

    高崎山おさる館(大分マリーンパレス水族館「うみたまご」の隣に位置する。)高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見たニホンザル

    高崎山の麓にある万寿寺別院の境内に、高崎山の山中に生息する野生のニホンザルに餌付けを行う猿寄せ場が設けられており、観光客は檻を隔てずにニホンザルの姿を見ることができる。高崎山のニホンザルはそれぞれがα(アルファ)オス、いわゆるボス猿に率いられたB群、C群の2つの群に分かれ、時間をずらして猿寄せ場に姿を現す。かつては1,000頭余を数えたA群も姿を現していたが、C群との争いに敗れて20頭ほどに激減し、2002年(平成14年)6月頃から姿を見せなくなった。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た大分市

    高崎山自然動物園(たかさきやましぜんどうぶつえん)は、大分県大分市の高崎山にある大分市立の自然公園である。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た新聞

    宮崎県の幸島と並んで「日本のサル学発祥の地」とも言われ、「ボス猿」という呼称を日本で最初に使ったとされる。「群れの中で最も序列が高い個体を指す呼称を『ボス猿』から『αオス』に改める」と発表した際には、テレビニュースや新聞で報道された。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示

「高崎山自然動物園」のニューストピックワード