1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示
  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見たニュース

    宮崎県の幸島と並んで「日本のサル学発祥の地」とも言われ、「ボス猿」という呼称を日本で最初に使ったとされる。「群れの中で最も序列が高い個体を指す呼称を『ボス猿』から『αオス』に改める」と発表した際には、テレビニュースや新聞で報道された。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た別府駅 (大分県)

    別府駅、鉄輪温泉、別府交通センター、別府北浜から大分駅行き乗車。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た大分駅

    大分駅から関の江・鉄輪温泉・国東行き乗車。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た瀬戸内海国立公園

    1956年5月 - 阿蘇国立公園から分離、瀬戸内海国立公園に編入高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見たテレビ

    宮崎県の幸島と並んで「日本のサル学発祥の地」とも言われ、「ボス猿」という呼称を日本で最初に使ったとされる。「群れの中で最も序列が高い個体を指す呼称を『ボス猿』から『αオス』に改める」と発表した際には、テレビニュースや新聞で報道された。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見たモンモンモン

    モンモンモン - パロディ地名として原崎山が登場。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た朝日新聞

    1955年(昭和30年)には、上田をモデルに当園での猿の餌付け等を描いた火野葦平の小説『ただいま零匹』が朝日新聞夕刊に連載されるとともに、後には映画化もされて知名度が高まった。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た幸島

    宮崎県の幸島と並んで「日本のサル学発祥の地」とも言われ、「ボス猿」という呼称を日本で最初に使ったとされる。「群れの中で最も序列が高い個体を指す呼称を『ボス猿』から『αオス』に改める」と発表した際には、テレビニュースや新聞で報道された。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た大分県

    高崎山自然動物園(たかさきやましぜんどうぶつえん)は、大分県大分市の高崎山にある大分市立の自然公園である。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た宮崎県

    宮崎県の幸島と並んで「日本のサル学発祥の地」とも言われ、「ボス猿」という呼称を日本で最初に使ったとされる。「群れの中で最も序列が高い個体を指す呼称を『ボス猿』から『αオス』に改める」と発表した際には、テレビニュースや新聞で報道された。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示

「高崎山自然動物園」のニューストピックワード