45件中 21 - 30件表示
  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た大分交通

    大分交通バスの以下の路線で、高崎山自然動物園前停留所下車。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た阿蘇くじゅう国立公園

    1952年(昭和27年)11月26日に上田が高崎山山麓の万寿寺別院の和尚とともに餌付けを開始。餌付けが軌道に乗った翌1953年(昭和28年)3月15日に正式に開園した。その際、上田の発案で、料金の表示を「小人十円、大人は小人並」としたことも話題を集めた。同年のうちに、高崎山が阿蘇国立公園(現阿蘇くじゅう国立公園)に指定されるとともに、「高崎山のサル生息地」が国の天然記念物に指定された。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た天然記念物

    1952年(昭和27年)11月26日に上田が高崎山山麓の万寿寺別院の和尚とともに餌付けを開始。餌付けが軌道に乗った翌1953年(昭和28年)3月15日に正式に開園した。その際、上田の発案で、料金の表示を「小人十円、大人は小人並」としたことも話題を集めた。同年のうちに、高崎山が阿蘇国立公園(現阿蘇くじゅう国立公園)に指定されるとともに、「高崎山のサル生息地」が国の天然記念物に指定された。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た朝日新聞

    1955年(昭和30年)には、上田をモデルに当園でのサルの餌付け等を描いた火野葦平の小説『ただいま零匹』が朝日新聞夕刊に連載されるとともに、後には映画化もされて知名度が高まった。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見たクロマグロ

    2010年 クロマグロ - ワシントン条約締約国会議で大西洋・地中海産クロマグロの取引禁止が提案されたことに因む。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た別府港

    別府駅、鉄輪温泉、別府交通センター、別府北浜から - 大分駅行き。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た万寿寺 (大分市)

    高崎山には野生のニホンザルが生息し、餌付けが行われており、山麓の万寿寺別院境内に設けられたサル寄せ場では、観光客等が檻を隔てずにニホンザルの姿を見ることができる。高崎山のニホンザルはB群、C群の2つの群に分かれ、それぞれがα(アルファ)オス、いわゆるボス猿に率いられている。かつては1,000頭余を数えたA群も姿を現していたが、C群との争いに敗れて20頭ほどに激減し、2002年(平成14年)6月頃から姿を見せなくなった。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見たニュース

    宮崎県の幸島と並んで「日本のサル学発祥の地」とも言われ、「ボス猿」という呼称を日本で最初に使ったとされる。「群れの中で最も序列が高い個体を指す呼称を『ボス猿』から『αオス』に改める」と発表した際には、テレビニュースや新聞で報道された。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た別府インターチェンジ

    大分自動車道大分IC、別府ICよりそれぞれ20分。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎山自然動物園

    高崎山自然動物園から見た瀬戸内海国立公園

    1956年5月 - 阿蘇国立公園から分離し、瀬戸内海国立公園に編入。高崎山自然動物園 フレッシュアイペディアより)

45件中 21 - 30件表示

「高崎山自然動物園」のニューストピックワード