125件中 31 - 40件表示
  • 高嶋 ちさ子

    高嶋ちさ子から見た焼肉

    大の肉好きで野菜嫌い。焼肉が大好物の一つで、実家には「肉は赤いうちに食え」という家訓がある。妊娠中は食の好みが変わるとよく言われるが、高嶋の食習慣はまったく変わらず、逆に肉がますます食べたくなる傾向で、多量の肉を半生状態で食べていたこともあって周囲の人間が母体と胎児への影響を心配して検査を勧めるほどであった。妊娠中以外の一時期にも焼肉を週に8回食べていたことがあり「1日2食が焼肉ということもあった」が、それが災いして人間ドックで中性脂肪等のラボデータが高値の結果となった。このため、食生活改善・植物食材摂取(特に野菜類摂取)の一手段として、納豆を食べて植物食材を摂取するきっかけ作りをした。高嶋ちさ子 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋 ちさ子

    高嶋ちさ子から見たドラえもん

    大のドラえもんファンで、コミックの一コマ目のセリフを聞いただけで道具の名前を当てる特技を持つ。高嶋ちさ子 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋 ちさ子

    高嶋ちさ子から見た出産

    本来は本人希望により、無痛分娩での出産予定であったが薬が十分に効かなかったため、最終的には自ら帝王切開を申し出た。高嶋ちさ子 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋 ちさ子

    高嶋ちさ子から見た育児

    最初のころは育児をすべて自分でやっていたが、それが原因で腱鞘炎になってしまった。その反省から、コンサートなどの仕事に影響が出ないようにするため、ベテランのベビーシッター2人と母親に頼み、手に負担が掛かる部分の育児をやってもらうようになった。子供は父親(ちさ子の夫)似で、あまり泣かない。高嶋の生活リズムに子供が合わせられている部分があるが、うまく適応していてそれほど手間が掛からない。子供にはチェロなど、ヴァイオリン以外の楽器をやらせたいと考えている。高嶋ちさ子 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋 ちさ子

    高嶋ちさ子から見たマイアミ

    1994年、マイケル・ティルソン・トーマス率いるマイアミのオーケストラ、ニュー・ワールド・シンフォニーに入団。高嶋ちさ子 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋 ちさ子

    高嶋ちさ子から見た留学

    桐朋学園時代のあだ名は「悪魔」。イェール大学留学中は日本の知り合いがいないにもかかわらず、「デビル」とあだ名がついたことに、当人も驚いた。高嶋ちさ子 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋 ちさ子

    高嶋ちさ子から見たクラシック音楽

    クラシックからポップス、ミュージカルナンバー、映画音楽までジャンルにとらわれない活動が特徴である。コロムビアミュージックエンタテインメントのJ-クラシックの一員として、岡野博行のプロデュースを受ける。ピアニストの加羽沢美濃をはじめ多彩な音楽家との共演もこなすほか、ヴァイオリンのみによるアンサンブル『高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト』では、リーダー役を務めている。高嶋ちさ子 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋 ちさ子

    高嶋ちさ子から見たナスカの地上絵

    雨女を自称している。テレビ番組でナスカに行った際60年ぶりの大雨に見舞われ、「これ以上降ったら地上絵が消えてしまう」と言われた。高嶋ちさ子 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋 ちさ子

    高嶋ちさ子から見た連続テレビ小説

    世良公則がかつて出演していたNHK朝の連続テレビ小説『チョッちゃん』において、世良がドラマ本番で実際にヴァイオリンを弾いていたことを、テレビで観ていた高嶋が見抜き覚えていた。それが縁で、後々に二人がセッションを組むきっかけとなった。世良曰く、「俺も悪ガキだったけど、高嶋さんほどではなかった」と、苦笑いで語る。高嶋ちさ子 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋 ちさ子

    高嶋ちさ子から見たピアニスト

    クラシックからポップス、ミュージカルナンバー、映画音楽までジャンルにとらわれない活動が特徴である。コロムビアミュージックエンタテインメントのJ-クラシックの一員として、岡野博行のプロデュースを受ける。ピアニストの加羽沢美濃をはじめ多彩な音楽家との共演もこなすほか、ヴァイオリンのみによるアンサンブル『高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト』では、リーダー役を務めている。高嶋ちさ子 フレッシュアイペディアより)

125件中 31 - 40件表示

「高嶋ちさ子」のニューストピックワード