219件中 21 - 30件表示
  • 高嶋政宏

    高嶋政宏から見た讀賣テレビ放送

    好きやねん(1995年、読売テレビ) - 宇賀神亨 役高嶋政宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋政宏

    高嶋政宏から見た読売テレビ

    青春探偵ハルヤ〜大人の悪を許さない!〜 最終話(2015年12月24日、読売テレビ) - 新田彬 役高嶋政宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋政宏

    高嶋政宏から見た関西テレビ放送

    幽かな彼女(2013年4月 - 6月、関西テレビ・フジテレビ) - 岩名清二 役高嶋政宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋政宏

    高嶋政宏から見たフジテレビジョン

    男と女のミステリー 街シリーズ(1989年 - 1991年、フジテレビ) - 大上拓也 役高嶋政宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋政宏

    高嶋政宏から見たテレビ東京

    12時間超ワイドドラマ→新世紀ワイド時代劇 → 新春ワイド時代劇(テレビ東京高嶋政宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋政宏

    高嶋政宏から見たテレビ朝日

    刑事7人 第1シリーズ(2015年7月15日 - 9月9日、テレビ朝日) - 沙村康介 役高嶋政宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋政宏

    高嶋政宏から見た報知映画賞

    成城学園中学校高等学校を経て、成城大学法学部在学中の1987年、映画『トットチャンネル』で俳優デビュー。同作及び映画『BU・SU』での演技により第61回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞や第42回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、第30回ブルーリボン賞新人賞、第11回日本アカデミー賞新人俳優賞、第12回報知映画賞新人賞などを受賞。テレビドラマでは『純ちゃんの応援歌』で人気を得るが、1993年の『同窓会』が世間に強烈なインパクトを残し、自身も役の幅を広げる。高嶋政宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋政宏

    高嶋政宏から見た毎日映画コンクール

    成城学園中学校高等学校を経て、成城大学法学部在学中の1987年、映画『トットチャンネル』で俳優デビュー。同作及び映画『BU・SU』での演技により第61回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞や第42回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、第30回ブルーリボン賞新人賞、第11回日本アカデミー賞新人俳優賞、第12回報知映画賞新人賞などを受賞。テレビドラマでは『純ちゃんの応援歌』で人気を得るが、1993年の『同窓会』が世間に強烈なインパクトを残し、自身も役の幅を広げる。高嶋政宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋政宏

    高嶋政宏から見た信長協奏曲

    信長協奏曲(2014年10月 - 12月、フジテレビ) - 柴田勝家 役高嶋政宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋政宏

    高嶋政宏から見た鮎貝健

    ROCK FUJIYAMAに出演した際には、プログレッシブ・ロック(前述のキング・クリムゾンに代表される音楽ジャンル)に対する愛を語り、その意外性が話題となった。その番組ではロックの話をする際に、内容があまりにもマニアックなものもあったため、鮎貝健やSHELLYを始めとする共演者でさえも誰も話題についていけないほどで、キング・クリムゾンの楽曲名とかけた「スターレス?嶋」と呼ばれ、非ミュージシャンながらも『ROCK FUJIYAMA』に3度の出演を果たし、番組最多出演ゲストとなった。その関係で、番組初登場後のあまりの反響ぶりから、キング・クリムゾンのベストアルバム『濃縮キング・クリムゾン』(:en:The Condensed 21st Century Guide to King Crimson)の国内盤ライナーノーツを担当した。また、うつ病を患って入院し、回復しつつあった病床の父・忠夫の前で「スターレス」を歌ったことも告白したことがある。また、その「スターレス」を創った期のメンバーだったジョン・ウェットンが亡くなった時には、追悼の念を述べた。高嶋政宏 フレッシュアイペディアより)

219件中 21 - 30件表示

「高嶋政宏」のニューストピックワード