前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示
  • 山縣亮太

    山縣亮太から見た高平慎士高平慎士

    なお、男子4×100mリレーでは日本チーム(山縣亮太?江里口匡史?高平慎士?飯塚翔太)の第1走を務め、予選を38秒07の全体4番目の記録で通過。決勝では38秒35で4位入賞(USA失格、5位→4位に順位繰上げ)を果たした。山縣亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 江里口匡史

    江里口匡史から見た高平慎士高平慎士

    鹿本高校時代の2006年10月第61回国民体育大会少年男子100mで優勝。2007年に早稲田大学入学、1年目から日本インカレ100mで優勝を果たすなど活躍を見せた。その後故障に見舞われた時期があり、オリンピックへ出場はしていない。2008年9月27日の早慶対抗競技会では、4×200mリレーの1走を務めて1分22秒67の日本新記録を樹立した。大学3年に進級した後、2009年6月28日の第93回日本選手権男子100m決勝で、10秒14のタイムで初優勝を飾った。この結果、世界選手権の代表に選出された。また、同日行われた同レースの準決勝で、日本歴代4位となる10秒07をマークした。8月の世界選手権では100mで2次予選に進出し8着、4×100mリレーには塚原直貴、高平慎士、藤光謙司と出場し4位に入った。江里口匡史 フレッシュアイペディアより)

  • 内山佳子のアタックヤング

    内山佳子のアタックヤングから見た高平慎士高平慎士

    北海道の高校生アスリートを紹介・応援していくコーナー。春と秋には、3時間のスペシャル番組が放送された。番組終了後はスーパーヒットチャートなまらん、藤井孝太郎のログイン!よる☆PAに引き継がれ2012年度までコーナーが続行された。2002年には、後に北京オリンピックで銅メダリストとなる旭川大学高校時代の高平慎士を紹介した事があった。内山佳子のアタックヤング フレッシュアイペディアより)

  • 2007年世界陸上競技選手権大会日本選手団

    2007年世界陸上競技選手権大会日本選手団から見た高平慎士高平慎士

    日本陸連は、この大会で8位以内かつ日本人選手トップとなれば、北京オリンピック日本代表に内定する基準を設けていた。マラソンはメダルを獲得した日本人選手トップが条件だった。女子マラソンで銅メダルを獲得した土佐礼子と男子ハンマー投で6位に入賞した室伏広治がオリンピック日本代表に内定した。男子4×100mリレー(塚原直貴・末續慎吾・高平慎士・朝原宣治)が5位、女子マラソンの嶋原清子が6位に入賞した。男子マラソンは尾方剛が5位、大崎悟史が6位、諏訪利成が7位に入賞した。2007年世界陸上競技選手権大会日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年世界陸上競技選手権大会日本選手団

    2005年世界陸上競技選手権大会日本選手団から見た高平慎士高平慎士

    日本は2005年8月6日から8月14日にフィンランド・ヘルシンキで行なわれた第10回世界陸上競技選手権大会に、澤木啓祐監督以下55名(男子33名・女子22名)の選手団を組織して参加した。この大会で男子400mハードルの為末大と男子マラソンの尾方剛が銅メダルを獲得した。男子マラソンの高岡寿成は4位、女子マラソンの原裕美子と弘山晴美は6位と8位に、男子棒高跳の澤野大地、男子50km競歩の山崎勇喜、男子4×100mリレー(末續慎吾・高平慎士・吉野達郎・朝原宣治)はそれぞれ8位に入賞した。早狩実紀は第1日の女子3000mSC予選で9分41秒21のアジア新記録を樹立した。なお、男子ハンマー投の室伏広治は左わき腹の炎症と疲労蓄積のため結団後に出場を見合わせた。また、最終日に行われた車いす陸上競技男子200mに永尾嘉章が出場した。2005年世界陸上競技選手権大会日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 相川誠也

    相川誠也から見た高平慎士高平慎士

     そして2002年、日本ジュニア選手権でまず優勝。世界ジュニア選手権の出場資格も得たが、インターハイに専念するために参加はしなかった。そのインターハイでは100mで自己ベストでもある10秒30の好タイムで優勝。同大会400mRでは2位。200mでも無風で21秒01ながら2位であった。そのときの優勝者は高平慎士であり、5位には塚原直貴が入っている。相川誠也 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年世界陸上競技選手権大会日本選手団

    2009年世界陸上競技選手権大会日本選手団から見た高平慎士高平慎士

    男子4×100mリレー 4位  江里口匡史→塚原直貴→高平慎士→藤光謙司2009年世界陸上競技選手権大会日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 第97回日本陸上競技選手権大会

    第97回日本陸上競技選手権大会から見た高平慎士高平慎士

    男子110mHはこの日に準決勝・決勝が行われ、前年の決勝でフライングによる失格を受けた矢澤航が2年ぶりに優勝を飾った。女子5000mは尾西美咲が15分21秒73の記録で初優勝を飾り、世界選手権参加標準記録Bを突破した。女子200mは福島千里が23秒25の記録で3年連続4回目の優勝を達成、福島に次ぐ2位には前日の100mと同じく渡辺真弓が入った。福島は世界選手権参加標準記録Bを突破した。この大会最後の種目は男子200mであった。2013年の男子200mは飯塚翔太が静岡国際で20秒21を記録し派遣設定記録をクリア、他に2名の選手が世界選手権参加標準記録Aを突破、大会に入って2日目の予選1組で藤光謙司が20秒52をマークし世界選手権参加標準記録Aを突破していた。最終日に行われた男子200m決勝はホームストレートで差を広げた飯塚が20秒31の記録で大会初優勝を飾った。2位に小林、3位に高瀬・藤光が同着で入り、20秒52を記録した5位の高平までが世界選手権参加標準記録Aを突破するレースになった。大会最優秀選手に男子100mの山縣亮太と女子10000mの新谷仁美が選出され、大会は閉幕した。第97回日本陸上競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 塚原直貴

    塚原直貴から見た高平慎士高平慎士

    2003年のインターハイでは100mと200mでの2冠を達成した。2006年の関東インカレでは高平慎士と争い、100m・200m共に同タイム着差ありの2位となる。また、その年の日本選手権100mでは優勝し、2008年まで3連覇を達成した。2009年の日本選手権は準決勝での怪我のために決勝は棄権し、4連覇は逃した。塚原直貴 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年アテネオリンピックの日本選手団

    2004年アテネオリンピックの日本選手団から見た高平慎士高平慎士

    (末續慎吾、朝原宣治、土江寛裕、高平慎士)4位(予選38秒53、決勝38秒49)2004年アテネオリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示

「高平慎士」のニューストピックワード