24件中 11 - 20件表示
  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見た高平慎士高平慎士

    特別功労賞 : 第29回オリンピック競技大会レスリング女子チーム(伊調千春、吉田沙保里、伊調馨、浜口京子)、太田雄貴(フェンシング)、第29回オリンピック競技大会陸上競技男子4×100mリレーチーム(塚原直貴、末續慎吾、?平慎士、朝原宣治)2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 齋藤仁志

    齋藤仁志から見た高平慎士高平慎士

    2011年の日本選手権200m決勝では、2008年と2009年に続き高平慎士に次ぐ2位に入った。7月のアジア選手権の日本代表に選出されると、200mは大会記録で優勝したカタールのフェミ・オグノデに次ぐ2位、4×100mリレーはアンカーを務め優勝した。この結果を受けて、8-9月開催の世界選手権の日本代表に選出された。齋藤仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年アジア競技大会日本選手団

    2014年アジア競技大会日本選手団から見た高平慎士高平慎士

    男子:山県亮太、飯塚翔太、原翔太、金丸祐三、加藤修也、高瀬慧、藤光謙司、高平慎士、川元奨、佐藤悠基、村山紘太、大迫傑、篠藤淳、増野元太、岸本鷹幸、戸辺直人、衛藤昂、山本聖途、沢野大地、山本凌雅、新井涼平、村上幸史、右代啓祐、中村明彦、鈴木雄介、高橋英輝、谷井孝行、山崎勇喜、松村康平、川内優輝2014年アジア競技大会日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川大学高等学校

    旭川大学高等学校から見た高平慎士高平慎士

    高平慎士 - 北京オリンピック陸上競技銅メダリスト旭川大学高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年IAAFダイヤモンドリーグ

    2011年IAAFダイヤモンドリーグから見た高平慎士高平慎士

    男子110mHは劉翔がデビッド・オリバーを抑えて優勝を飾った。日本から高平慎士(男子100m8位)、金丸祐三(男子400m4位)、田野中輔(男子110mH9位)、久保倉里美(女子400mH6位)が出場した。5月15日の上海体育場は30,000人の観客を集めた。2011年IAAFダイヤモンドリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 8月22日

    8月22日から見た高平慎士高平慎士

    2008年 - 北京オリンピック陸上競技男子4×100メートルリレーで日本チーム(朝原宣治、末續慎吾、高平慎士、塚原直貴)が男子トラック競技として初(男女通じても1928年アムステルダム五輪の女子800m銀メダルの人見絹枝以来80年振り)のメダル(銅メダル)を獲得。8月22日 フレッシュアイペディアより)

  • 藤光謙司

    藤光謙司から見た高平慎士高平慎士

    2010年の日本選手権200mでは20秒38の自己ベストをマークして初優勝し、高平慎士の3連覇を阻止した。9月の全日本実業団対抗選手権200mでも高平慎士の4連覇を阻止して初優勝した。11月の広州アジア大会日本代表に選出され、200mと400mリレーと1600mリレーに出場した。200mは優勝したカタールのフェミ・オグノデに次ぐ銀メダルを獲得した。400mリレーはアンカーを務めたが、バトンミスがあり予選2組5着で敗退し、1978年バンコク大会から続いていたメダル獲得記録が途絶えた。1600mリレーは2走を務め、優勝したサウジアラビアと0秒13差の銀メダルに終わった。藤光謙司 フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚翔太

    飯塚翔太から見た高平慎士高平慎士

    男子4×100mリレーでは日本チーム(山縣亮太 - 江里口匡史 - 高平慎士 - 飯塚)の第4走を務め、予選を38秒07の全体4番目の記録で通過。決勝では38秒35で4位入賞を果たした(USA失格、5位→4位に順位繰上げ)。飯塚翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 第96回日本陸上競技選手権大会

    第96回日本陸上競技選手権大会から見た高平慎士高平慎士

    女子ハンマー投は綾真澄が7度目の優勝を飾った。女子やり投は海老原有希が日本選手権5度目の優勝を飾った。海老原は3投目に自身が持つ日本記録を80cm更新する62m36を記録、また60m越えの投擲を3回マークした。日本選手権における種目創設以来、連勝を6としていた女子3000mSCの早狩実紀は7位に敗れた。女子400mHは久保倉里美が6連覇を達成、男子800mは横田真人が4年連続6回目となる優勝を飾った。男子200mは高瀬慧が20秒41の記録で初優勝、飯塚翔太・高平慎士・齋藤仁志までの記録がオリンピック参加標準記録Aを突破するレースとなった。3位高平と4位齋藤のタイム差は0秒01だった。大会最終種目の女子200mは福島千里が2年連続3回目の優勝を飾り、2年連続100m・200m二冠を達成した。大会最優秀選手に男子やり投のディーン元気と女子やり投の海老原有希が選出され、大会は閉幕した。第96回日本陸上競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 高瀬慧

    高瀬慧から見た高平慎士高平慎士

    同月、全日本実業団選手権200mで20秒62(+2.7)を記録し、高平慎士らを破り優勝した。高瀬慧 フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示

「高平慎士」のニューストピックワード