高木善朗 ニュース&Wiki etc.

高木 善朗(たかぎ よしあき、1992年12月9日 - )は神奈川県横浜市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・アルビレックス新潟所属。ポジションはMF、FW。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「高木善朗」のつながり調べ

  • 黄金世代

    黄金世代から見た高木善朗

    1992年生まれを中心とした世代が呼ばれ、宇佐美貴史、宮吉拓実、宮市亮、高木善朗、小野裕二、柴崎岳、杉本健勇、小川慶治朗、昌子源などが該当する。2005年に韓国で開催された第1回世界幼少年サッカー大会でU-13日本代表として出場して優勝するといった活躍を見せたためこのように呼称された。ただし、その後輝かしい結果を残していないこともあり、プラチナ世代という呼称は広まらなかった。(黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 宮市亮

    宮市亮から見た高木善朗

    2008年4月、地元の強豪中京大学附属中京高等学校に進学。この頃に道家監督指導の下、現在の左ウイングをポジションとするプレースタイルに変わり、1年生時からレギュラーを獲得し、AFC U-16選手権に出場するU-16日本代表にも選出された。2年生時にはU-17日本代表に選出され、同学年の宇佐美貴史や高木善朗らと共にFIFA U-17ワールドカップに出場し、第88回全国高等学校サッカー選手権大会では大会優秀選手に選ばれた。3年生時、主将として出場した第89回全国高等学校サッカー選手権大会では、チームは初戦敗退に終わるも、1得点1アシストを挙げる活躍を見せ、2大会連続で大会優秀選手に選ばれた。(宮市亮 フレッシュアイペディアより)

「高木善朗」のニューストピックワード