高木善朗 ニュース&Wiki etc.

高木 善朗(たかぎ よしあき、1992年12月9日 - )は神奈川県横浜市出身のプロサッカー選手。エールディヴィジ・FCユトレヒト所属。ポジションはMF、FW。父は元プロ野球選手の高木豊。高木三兄弟の次男である。長男は清水エスパルス所属の高木俊幸。三男は東京Vユース所属の高木大輔。 (出典:Wikipedia)

「高木善朗」Q&A

  • Q&A

    東京ヴェルディ1969の高木大輔選手(FW )と高木善朗選手(MF / FW) はヴ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年1月8日 18:16

  • Q&A

    高木三兄弟で質問します。 長男の高木俊幸選手(浦和)、次男の高木善朗選手(東京V)、…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2015年9月25日 07:48

  • Q&A

    ハリル監督は海外から戻ってきた選手も偏見持たず招集してますが。この海外出戻りJAPA…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2015年8月5日 01:00

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「高木善朗」のつながり調べ

  • 12月9日

    12月9日から見た高木善朗

    1992年 - 高木善朗、サッカー選手(12月9日 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見た高木善朗

    川勝良一が3度目の監督に就任。服部、高木義成らと契約を更新せず、資金難により2009年の大卒新人3人を全員放出。レアンドロ、大黒と攻撃陣の核となっていた選手も放出され、16人がクラブを去った。新たに加わった選手は川勝の法政大学時代の教え子である吉田正樹や菊岡拓朗、下部組織出身の佐伯直哉、清水康也など12人である。選手人件費はレンタル移籍している選手を除いて1億3000万円程度となった。ユースからは前年Jリーグデビューを果たした高木俊幸が昇格し、2010年シーズンから高木善朗、小林祐希、南秀仁がユース所属のままJリーグデビューした。J2へ昇格した北九州に初勝利かつ唯一のシーズン勝利を献上するなど一時は18位に低迷。その後巻き返して4位にまで浮上したが、11月20日に福岡に敗れてJ1昇格を逃し、5位でシーズンを終えた。天皇杯は初戦でFC町田ゼルビアに敗れ、6年連続の初戦敗退となった。(東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

「高木善朗」のニューストピックワード

  • 第7回子ども虐待をなくそう!県民のつどい

  • エネルギー効率化ソリューション・プロバイダーLJUNGSTROM

  • ミスターソフィア