前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示
  • 宇佐美貴史

    宇佐美貴史から見た高木善朗高木善朗

    2005年、長岡京SSからガンバ大阪ジュニアユースに入団。同年6月、韓国で開催されU-13日本ユース選抜として出場したMBC国際ユース大会決勝戦では、5人抜きドリブルを披露するなど高木善朗の2得点を演出する圧巻の活躍を見せた。2006年の高円宮杯第18回全日本ユース選手権では、大会得点王となる10得点を挙げる活躍で、G大阪JYの高円宮杯ユース選手権初優勝に貢献。2007年、中学3年次でガンバ大阪ユース(高校生年代)に飛び級で昇格すると、唯一の中学3年生ながらレギュラーに定着し、同年の第31回日本クラブユースサッカー選手権優勝に貢献。2008年の高校1年次には背番号「10」を背負い、同年12月の第16回Jユースカップ決勝セレッソ大阪U-18戦では、2点ビハインドの状況からPKを獲得し、逆転後には4点目のダメ押しミドルシュートを決めるなど2得点に絡む活躍でG大阪ユースの6年ぶり4度目のJユースカップ優勝に貢献するなど、数多くの活躍を見せたことからG大阪下部組織の「史上最高傑作」と称された。また、この頃からシュート、パスといったアタッキング能力全般に定評があり、各年代の日本代表チームにおいても、常にその世代の中心選手として、2007年の豊田国際ユースサッカー大会や2009年のコパ・チーバスなど数多くの大会で得点王や最優秀選手を獲得した。この世代には宇佐美を始め、高木善朗、宮市亮、柴崎岳といった逸材が揃っていることから、「プラチナ世代」と称されている。宇佐美貴史 フレッシュアイペディアより)

  • エールディヴィジ

    エールディヴィジから見た高木善朗高木善朗

    2012-13シーズン現在、カレン・ロバートと大津祐樹がVVVフェンロー、安田理大とハーフナー・マイクがフィテッセ、高木善朗がFCユトレヒトに所属している。エールディヴィジ フレッシュアイペディアより)

  • 小川慶治朗

    小川慶治朗から見た高木善朗高木善朗

    プラチナ世代の選手の一人であり、2009 FIFA U-17ワールドカップでは高木善朗・堀米勇輝の控えとして2試合に途中出場した。2010年1月の新体制発表会でヴィッセル神戸に所属する選手として初めて2種登録選手としてトップチームに登録された。小川慶治朗 フレッシュアイペディアより)

  • 高木豊

    高木豊から見た高木善朗高木善朗

    長男の高木俊幸は清水エスパルス、二男の高木善朗はFCユトレヒトに所属している。三男の高木大輔はヴェルディユースでプレーしており、「高木三兄弟」として注目されている。そのこともあって、『すぽると!』出演時には、「サッカー通の野球解説者」として、野球解説だけでなくサッカー解説を担当することもある。高木豊 フレッシュアイペディアより)

  • 高校生Jリーガー

    高校生Jリーガーから見た高木善朗高木善朗

    高木善朗 (東京ヴェルディ)高校生Jリーガー フレッシュアイペディアより)

  • 高木俊幸

    高木俊幸から見た高木善朗高木善朗

    高木 俊幸(たかぎ としゆき、1991年5月25日 - )は神奈川県横浜市出身のサッカー選手。ポジションはMF、FW。父は元プロ野球選手の高木豊。高木三兄弟の長男である。次男はFCユトレヒト所属の高木善朗。三男は東京V下部組織所属の高木大輔。高木俊幸 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金世代

    黄金世代から見た高木善朗高木善朗

    おもな選手には、宇佐美貴史(TSG1899ホッフェンハイム)、宮市亮(ウィガン・アスレティックFC)、高木善朗(FCユトレヒト)、小野裕二(スタンダール・リエージュ)、柴崎岳(鹿島アントラーズ)、宮吉拓実(京都サンガF.C.)、杉本健勇(セレッソ大阪)などがいる。その他、安藤隆人は自著『プラチナ世代のW杯』において、GK13人、フィールドプレーヤー109人をプラチナ世代の選手として名前を挙げている。黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見た高木善朗高木善朗

    川勝良一が3度目の監督に就任。服部、高木義成らと契約を更新せず、資金難により2009年の大卒新人3人を全員放出。レアンドロ、大黒と攻撃陣の核となっていた選手も放出され、16人がクラブを去った。新たに加わった選手は川勝の法政大学時代の教え子である吉田正樹や菊岡拓朗、下部組織出身の佐伯直哉、清水康也など12人である。選手人件費はレンタル移籍している選手を除いて1億3000万円程度となった。ユースからは前年Jリーグデビューを果たした高木俊幸が昇格し、2010年シーズンから高木善朗、小林祐希、南秀仁がユース所属のままJリーグデビューした。J2へ昇格した北九州に初勝利かつ唯一のシーズン勝利を献上するなど一時は18位に低迷。その後巻き返して4位にまで浮上したが、11月20日に福岡に敗れてJ1昇格を逃し、5位でシーズンを終えた。天皇杯は初戦でFC町田ゼルビアに敗れ、6年連続の初戦敗退となった。東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

  • 高木大輔

    高木大輔から見た高木善朗高木善朗

    高木 大輔(たかぎ だいすけ、1995年10月14日 - )は、神奈川県出身のサッカー選手。東京ヴェルディ1969ユース所属。U-17日本代表。父は元プロ野球選手の高木豊。高木三兄弟の三男である。長男は清水エスパルス所属の高木俊幸、次男はFCユトレヒト所属の高木善朗高木大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 12月9日

    12月9日から見た高木善朗高木善朗

    1992年 - 高木善朗、サッカー選手12月9日 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示

「高木善朗」のニューストピックワード